Home

東大柔道部ブログ

食いしん坊!万才

こんばんは、2年の福島です。

受験の時から月に1回程度、食欲が止まらない日があります。初めは受験勉強に飽きて高校近くの二郎系ラーメンの店に行った時です。二郎系ラーメンというのは画像検索してもらえばわかると思いますがかなり量がありまして、そこで大盛りを食べても満たされず、ローソンでフライドチキンを食べても止まらず、すき家で牛丼を食べてもダメで、さらにJKがタピオカ飲む店でクレープを食べたらやっと止まりました。一食でです。体が壊れちゃう。

今日がその日でした。練習後に定食屋で一食食べても全く満たされず、もう一食注文し食べました。その後もコンビニなどでいろいろ食べても満足はしませんでした。。。

部員の見解ではストレスのせいだろう、とのことですが受験期はともかくこの暇な2年夏学期にそんなことになるでしょうか?他に何か原因があるに違いないのです。

そして実は今日、その答えを心理学の授業で学んだのです。

 

マウスの脳をくり抜き、喉の渇きを感知する部位にライトを装着します。そして遊んでいるマウスの脳に光を当てると何と!マウスは給水器にとんで行って水を飲み始めたではありませんか!そして光刺激を止めるとまた遊び出し、再開するとまた飲み始め、これをいくらでも繰り返すのです。しかもこれは胃にどれだけ水が入っているかに関わらないのです。脳の不思議さ、その恐ろしさ。。。

 

これを人間で試したら、人間の脳をライトの光で操れたら、どんなに恐ろしいことになるでしょうか?その人体実験台1号が私なのです。私の脳の食欲を司る部位にはあのライトが仕掛けられているに違いません。そうして私が細マッチョになるのを妨害しているに違いないのです。その真犯人は謎ですが、何としてもこれを暴き出してその秘密を聞き出したいと思っています。そして部員全員の脳にその秘密の装置を埋め込んで24時間フル稼働でピカピカして増量させようと思いますhappy02  ヨッ!増量監督!

 

その授業たまたま東條も取っていました。健康な人と鬱病の人でしりとりゲーム中の脳の活動は異なるらしく、それを説明するために「あ から始まる言葉言ってみて。」とたまたま最前列に座っていた東條が指名されました。東條の応えは、

 

「あんぱん…あんこ…あさごはん……」   食いしん坊!万才!!

 

以上

 

 

技の講習会

今週の金曜日(21日)は技の講習会です!

今回は全日本実業団六連覇の小川 武志コーチ(http://www.akamonjudo.com/instructor)が背負い投げを教えてくださいます!!

背負い投げ出来るようになりたい君!コーチの背負い投げを見たい君!是非参加してください!駒場第一体育館で5時くらいから練習と呼び込み、7時くらいから講習開始です!!

 

また、25日火曜日には部員による講習会があります!こっちも来てくださいね☺

 

以上 福島でした。

こんばんは、新歓担当の福島です。

明日の茶話会は18時30分から生協食堂横のレストランイタリアントマトで行います!タダです。5限後の人もいると思うので余裕を持って始めますし途中で入ってきてもらって構わないので是非来てくださいね!茶話会という名前ながらガッツリ食べられますよ!豪華賞品が当たるビンゴもあります。お友達を連れて参加してください!!それでは明日宜しくお願いします。

新入生向けブログ!

皆さんこんばんは、最近やぶれていないパンツが一枚も無くなってしまった福島です。

これまで何枚かフトモモ筋肥大&スクワットのコンボでビリっと破いてきたのですが、信頼していた青PUMAまでもがこのコンボで逝ったのは悲しかったです。もう一枚信頼していた車と飛行機がちりばめられた働くブーブーパンツも夏の腹痛時、安田講堂前で腹痛に関連したちょっとしたことがあって逝ってしまいましたので晴れてノーダメージのパンツがノーパンになりました。今までセンスの福島としてブーブー以外はダメージジーンズ的に履きこなしていたのですが、最近、オシャレな中学時代の同級生に「服はシモキタの古着屋で買うと良いよ。」と教えてもらったので今度シモキタの古着屋にパンツを買いに行きたいです。

さて、パンツの話はここまでして新入生向けに今後の新歓予定などを書きます。箇条書きで行きます。

 

4/14(金) 茶話会(新歓コンパのこと)@生協食堂横のイタリアントマト 無料、時間は決まり次第twitter@todaijudobuに書きます。

4/18,21,25 技の講習会、21(金)は小川武志コーチが教えてくださいます!

4/29 柔道全日本選手権観戦無料招待&食事会

 

このほか、柔道部では毎練習日新歓しています!見学も参加も大歓迎です!柔道着貸します。

火18:00~20:00 木16:30~18:00 金17:00~20:00 土14:00~17:00

全て駒場第一体育館1F柔道場です。練習後は何かうまいものでも食べに行きましょう。土曜は肉が食べられる可能性大!

 

男女、初心者経験者みんな大歓迎です。数は力なり。マネージャーも歓迎です(助かります)。みんなで強くなろう!

 

以上!新歓担当福島からの新歓情報でした。ナウい情報はtwitterに流していこうと思っているのでチェケラ!

それではお待ちかねのクイズコーナーに参りましょう。何でも僕の両親はこのクイズコーナーを毎回楽しみにしているそうです!というわけで今回のクイズは僕の両親に贈ります。代わりにお金とお米を送ってください。

 

第1問 柔道家や空手家が好きな食べ物ってな〜んだ?

第2問 福島の最近一番好きな食べ物ってな〜んだ?

 

解答と解説

第1問 葡萄 :柔道家、空手家というヒントから武道家、葡萄と変換していく発想力が求められる問題である。しかし武道家まで気づいてしまえば計算は一本道であり簡単であった。東大入試で出たとすれば比較的平易であり確実に得点したい問題である。流行のナゾナゾに関連した良問であるからしっかり復習しておこう。

第2問 とんかつ :今回最も差がついたと思われる問題である。知っていれば解ける、知っていなければ解けないといった問題であり、良問とは言えないが東大入試ではこういった形式の問題も過去に出題されている。このレベルの知識で差がついてしまうこともあるから復習しておこう。

 

以上

サークルオリエンテーション

明日、明後日は7号館3階741教室にてサークルオリを行っています!
試合動画をご覧いただいたり、あらゆる疑問質問にお答えしますので、ぜひぜひお立ち寄りください!!

七徳杯

こんにちは。先日の勝浦合宿で柏崎先生から「お前は柔道部史上五本の指に入るぶきっちょだ」とのありがたいお言葉を頂いた新2年の東條です。先日行われた七徳杯について報告させていただきます。

七徳杯は毎年全国各地の進学校が集う大会で、僕自身が高校生の頃にも出場しました。個人的にも大学に入ってからも柔道を続けようと決めるきっかけを作った思い入れの強い大会なので少しの感慨深さと共に観戦していました。

↑開会式の様子

どの試合も白熱した展開でやっぱり柔道っていいなあと再確認しました。
優勝は大阪星光学院、なんと僕の母校です。ビックリです。いつの間にこんなに強くなったんでしょうか。何はともあれおめでとうございます。おじさん嬉しい!また試合後母校の後輩たちの話を聞いていると東大に入って柔道を続けたいと言ってくれている子もいるようでそちらも嬉しかったです。

イベント続きだった3月でしたが、これで全ての行事が終わりました。いよいよ本格的に新歓期が始まりますね。柔道部ではもうすでに新入生もちらほら練習に顔を出してくれているようで、幸先のいいスタートとなっています。新入生の皆さんには第一に私たち東大柔道部の雰囲気を味わって欲しいと思っています。柔道が好きかどうかは二の次です。入部後に絶対に柔道を好きにしてみせますから。最初の新歓行事はテント列ですね。柔道部は13号館前に道着を着て陣取っています。多くの方が興味を持って柔道部に来てくれるのを一同心待ちにしています。

寝技錬成大会

報告が一週間遅れになりましたが、3/18,19の二日間、京都の武徳殿で行われた寝技錬成大会に行って来ました。
結果はチームとして、なかなか勝つことができませんでした。個人的にも負けが重なり、自分としてはかなり辛い結果でしたが、「課題がハッキリした」と、前向きに捉え、精進していこうと思います。応援よろしくお願いします。

それから、最近、新入生が一人練習に参加してくれています。初回の練習で「入部確率は100%です!」と言い放ってくれた彼は、非常に力強い柔道をするので、今後がすごく楽しみです。
もちろん、練習後には美味しいごはんを一緒に食べに行っています。新入生は晩飯無料ですので、柔道や美味しいごはんに興味のある方は、ぜひ練習にお越しください!

出前講座に行って来ました

こんばんは。このたび文筆担当に任じられてしまいました德永です。3月15日、東京学芸大学で柔道出前講座がありましたので、報告いたします。講師は、穴井さやか先生、秋本啓之先生、森脇保彦先生が担当してくださいました。穴井先生は大外刈りを、秋本先生は背負い投げについて講義してくださいました。技の基本から懇切丁寧に教えていただき、大変わかりやすく、ためになる講義でした。また、所々ユーモアを交えて説明していただけたので、笑いもある楽しい講習会となりました。先生方、ありがとうございました。
その後は他大との乱取りがありました。国際ルールの乱取りだったので、立ち技もしっかり鍛えなくてはいけないと思いました。

勝浦合宿について (追記にて、苗場の大盛り二杯の件)

こんにちは、一年の中村です。先日は東京に春一番が吹きましたね。早く暖かくなってほしいものです。寒い中稽古するのはとても辛いですから。さて、今日は、先日あった勝浦合宿についてのご報告をしようと思います。

 

まず、勝浦合宿について述べたいと思います。 今年は2月13日から17日の五日間、柏崎師範から直接ご教授願うべく千葉県勝浦に行ってきました。稽古の予定は初日が午後練のみでその後三日間、 ランニング(6:30〜7:30)→午前練(二時間)→午後練(二時間) そして最終日は思い出作りの寒中水泳というメニューでした。とりあえず、それぞれの日で思い出深かったことをつらつら書いていこうと思います。

1日目

お昼に、勝浦名物、勝浦担々麺を食べました。僕は自分が辛いものが苦手であるのに、調子に乗って担々麺を頼んでしまい、悶絶しながら食べるハメになりました。今度行くときは、担々麺でなくラーメンを食べます。午後練では、移動打ち込みをしました。

2日目〜4日目

この期間は起きる→稽古 or ランニング→食事→寝る→起きる・・・の繰り返しだったので稽古の内容について書きます。この合宿で、柔道における基本動作を自分一人で身につけていく方法を師範に教えていただいた、と僕は解釈しています。立ち技においては、移動打ち込みをする中で、技の基本的な理合を守りつつ、相手をより楽に投げれるように少しずつ自分で工夫し技の形を考え、一人打ち込みをすることで考えた技の動きを覚えかつ実戦で使えるスピードを身につけ、投げ込みで動きの中で使える技にするという方法で立ち技を教えていただきました。また、寝技においても同様に、押さえ込み、関節技、の基本的な理合を守りつつ、一本や極めに至る過程を自分でアレンジすれば良いということを学びました。

5日目

この日は寒中水泳の予定でしたが、春一番が吹いたため海がシケてしまい、海水浴することができなかったので、代わりに師範のご指示で階段でトレーニングを行ったのち、温水プールに行くというものになりました。残念。中止と聞くまであれだけ海に入りたくなかったのに、中止と聞いた途端に寒中水泳したくなるので不思議です。また今度機会があれば寒中水泳したいと思います。

 

この合宿を通して、強くなる稽古とはどういうものなのかを学ぶことができたと思います。また、これから練習して磨かねばならない部分も少し見えてきました。

最後に、柏崎先生にはお忙しい中このように長い間、つきっきりで教えていただき、また、合宿に参加できたのはOB・OGの先輩方のサポートのおかげです。ありがとうございました。

 

追記

苗場の大盛り二杯を食べると言っていた件ですが、その日僕自身は苗場に行く気満々だったのですが、同期の誘いを断りきれず、少し高級な菱田屋に行ってしまいました。体重管理責任者のF島くんは、菱田屋のご飯大盛り(多分400gほど)を食べた後、苗場の大盛り二杯食べるように指示しましたが、僕にはそれはとてもきつかったので寮の食事(ご飯の量 800g)を食べることにしました。それで、しれっと苗場大盛り二杯の代わりにこれだけ食べましたと報告するつもりだったのですが、約束はちゃんと守れと、同期がうるさいので、また今度、食べに行きます。春練の終わりと新歓の間ぐらいでいこうと思います。

受験生へ

こんにちは。一年の德永です。センター試験も終わり、いよいよ二次試験が近づいてきました。そこでこのブログを読んでくださっている受験生の皆さんに応援の言葉を贈りたいと思います。
合格は見えていてもう余裕だぜという方もいれば、最後の追い込みで必死に勉強している方もいることでしょう。僕は後者でした。この時期は毎日過去問を解きつつ、本番で何点取れば受かるだろう、といった皮算用を毎日繰り返していました。結論から言えば、やはり皮算用は当てになりませんでした。僕は模試の数学と国語で半分も取れたことがなく、自信が無かったので英語と理科で稼いで滑り込もうと思っていたのですが、英語と理科は思ったより伸びず、逆に数学では好きなタイプの問題が出たこともあり、点を稼ぐことができました。実力がうんぬん言われますが、やはり運の要素はとても大きいと思います。模試でA判定を連発して受かるだろうと思われていても落ちてしまった人が、実際僕の周りにも何人もいました。なかなか予想の通りにはなってくれないのです。
受験期には勉強しかしていないような気がしていましたが、今思うと息抜きしている時もそれなりにありました。僕の息抜きは風呂上がりにチョコクリスピーを食べ、まったりすることでした。やはり集中力を持たせるために適度に息抜きをすることも大切だと思います。
当時は、入学した後のことを考える余裕がとてもありませんでした。当然自分が柔道部に入るとも思っていませんでした。受かった後のビジョンがすでに見えている方は立派だと思いますが、そんな余裕がない人はそれで良いのだと思います。受かった後のことは受かった後でゆっくり考えてもきっと大丈夫です。
最後に、受験は運の要素が大きいと書きましたが、幸運を引き寄せるのもやはり個人の努力なのでしょう。二次試験まであと一週間ほどですが、大丈夫、きっとまだ間に合います。ここでのもうひと頑張りが報われることを願っています。

Home

メタ情報

Return to page top