Home > 試合関係 Archive

試合関係 Archive

一橋戦がありました。

こんにちは、増量中の1年、中村です。寒くなってきましたね。風邪を引いてしまいました。ようやく体重が72キロを越してきたので、減らないように風邪に負けず頑張って食べます。
さて、10月15日に一橋戦がありました。初戦は11人制の七大ルールで、1人残しで東大が敗れました。二戦目は、点取り戦の三商大ルールで、4-0で東大が勝利しました。やはり、七大ルールで勝ちたかったですね。
僕個人については、初戦は先鋒として、二戦目は次鋒として出場しましたが、両試合とも攻めど、とりきれず、引き分けとなり、悔いの残る試合となりました。特に初戦は、1人残しという僅差で負けたため、先鋒としてでた、僕が勝てそうな試合をとりきれなかったのは勿体無いことをしたと思います。亀取りの精度がまだ甘かったです。
今回発見できた、弱点を克服して、11月3日の文京区区民大会に望みたいと思います。

それでは、恒例のクイズのコーナーに移りたいと思います。
ジャジャン!
柔道や剣道が好きな人が好きな果物ってなーんだ?

答え、ブドウ
武道(ぶどう)が好きだから。

 

 

注 自分でなぞなぞが考えられなかったので、Google 先生にお聞きしてhttp://www.nazo2.net/kodomo/015.htmlからお借りしました。

京都遠征がありました

こんにちワンdog一年生の福島ですcat

9月13日から15日まで京都遠征に行ってきました。初日は京大戦、二日目、三日目は九大生も参加しての合同練習でした。試合結果は、本戦は二人残しで京大の勝ち、親善試合は2対2で引き分けでした。悔しい結果でしたがangrypoutweep反省点wobbly、改善点、得るものも大漁でしたpiscesfishpenguin!僕個人は、正対上のパターンを増やし、亀取りをもっと確実にしたいです。何の技を練習するかはban秘密secretです。

合同練習は多くの選手と乱取りすることができ、とても良い練習になりました。やはり、普段の練習だけではマンネリ化してしまいますからね。自分の技と戦術を見つめ直すことが出来ました。京大、九大の皆さん、ありがとうございました。

柔道の練習になるだけでなく、非常に楽しいhappy01遠征でした。一日目は京大とレセプションをし、二日目は京大の食堂にて三大学の一年生で一緒に食事noodleをし、三日目の夜は三大学で食事restaurantをしました。京大の食堂のケバブがとてもウマhorseかったです。食事を通し、三大学の多くの人と交流することができました。このように人間関係が広まっていくのも柔道の素晴らしいところですね。特に京大の曽我部クンとはとても仲良くheart01なりました。曽我部くんは僕のファーストキッスnewの相手です。七代戦の後にチューをして以来、忘れられずにいましたが、再開することができとても嬉しかったですlovely。今回は前回以上に何度もbanキスsecretすることができました。温かくて、柔らかい唇でしたsecretheart01heart03heart02heart04banbanlovelysecret。ですが、曽我部くんはキス魔なので、僕だけでなく、他のみんなにもkissmarkキスkissmarkしていました。悲しいcryingです。いけない!独占したらダメダメ!曽我部くんの気持ちも大切にしないと!

最後にクイズです!

第1問!ジャジャン!

悟りを開いた阪田さんってだ〜れだ?

 

答え、釈迦田さん(計算過程、釈迦+阪田=しゃかたなので。)

 

第2問!ジャジャン!

レモンが好きな虫ってな〜んだ?

 

答え、蜘蛛(蜘蛛は英語で酸っぱいダー)

以上、福島でした。

 

京都大学定期戦・一橋大学定期戦

一年の小島です。初めての投稿ですがよろしくお願いします。

9月13日及び9月26日にそれぞれ、京都大学定期戦及び一橋大学定期戦が行われました。

京都大学定期戦は13人制、七大ルールで行われ、三人残しで京都大学が勝ち、一橋大学定期戦は12人制、三商ルールで行われ一人残しで一橋大学が勝ちました。

詳しい試合結果は後ほどホームページに掲載いたします。

応援に来てくださったOBの皆様、ありがとうございました。

東京学生柔道体重別選手権大会結果

こんにちは、舘林です。

昨日日本武道館にて東京学生体重別が開かれ、1年の田上が100kg超級に出場し、見事全日本体重別代表に勝ち上がりました。ほかの部員が一部校の強豪相手に初戦敗退する中で一回戦、二回戦と勝ち進み、三回戦で敗れましたが、代表決定戦で勝利しました。

詳しい試合結果は後程ホームページに掲載します。応援してくださったOB・OGの皆様、本当にありがとうございました。

防大定期戦

3年の堀内です。

2011年の稽古が1月7日より開始となり、その2日後の9日、今年で55回目となる防衛大学校との定期戦が七徳堂で早くも行われました。
後々ホームページに詳細な記録が掲載されると思いますが、速報として簡単な結果を以下に挙げます。

七人戦:0対4で防衛大の勝ち
親善試合:6対5で東大の勝ち

試合内容の面でも、先生方からお叱りを受け、新年早々厳しい結果となりました。
また、試合やその後の乱取りで、昨年と比べて防衛大の寝技が強くなっていることを感じました。
自分や他の部員の試合を、ビデオなどでよく反省し、次につなげ、本年も励みたいと思います。

全国国立大会と幹部交代

四年生の境です。

 

7月4日に、全国国立大学柔道優勝大会が開催されました。

東大柔道部は、弘前大学、神戸大学と予選リーグを戦うこととなり、結果は弘前大学に1-4、神戸大学に4-2と一勝一敗で決勝トーナメント出場はなりませんでした(トーナメント進出は二勝の弘前大学)。

試合後の反省で、師範より「執念が足りない」という講評を頂きました。自分も試合終了まであとわずかのところで一本負けを喫しただけに強く心に響き、これから東大柔道部が強くなるために、この「執念」というものがテーマになると感じました。

 

そして、この全国国立大会をもって幹部学年が交代しました。

主将をはじめ頼りない幹部学年でありましたが、先生、先輩方や後輩たちに助けられながらなんとか一年間やりとげることができました。

打ち上げでは先生方や監督から有難いねぎらいのお言葉を頂き、また四年生全員で二次会に連れて行って頂きとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

我々の学年では結果を残すことはできませんでしたが、寺田新主将率いる新チームの活躍を期待し、できる限りのサポートをしていきたいと思います。

一年間応援してくださった皆様、ありがとうございました。

女子結果報告

4年の熊王です。

今年度の七大戦で、女子は名古屋大学と決勝戦を行い、2校同時優勝となりました。

自分の試合に関して言えば、反省すべき点はかなりあるのですが、最後の七大戦で優勝という結果を残せたのは素晴らしいことだと思います。

一緒に試合に出てくださった黒川先輩と米山さん、試合会場にまで応援に来てくださった塩苅先輩や井上先輩、またOBの方々、本当にありがとうございました。

七大戦は終わりましたが、引退までに国際ルールの試合がいくつか残っているので、気持ちを切り替えて頑張っていこうと思います。dsc00547r

七大戦

こんにちは。四年生 主将の境です。

 

僕がぐずぐずしている間に寺田が結果報告をしてくれました。

 

寺田の投稿の通り、男子は三位という結果でした。

対戦相手は、奇しくも昨年大会とまったく同じく大阪大学、名古屋大学でした。

詳細な記録については、東大柔道部HPをご参照ください。

 

一年間、七大戦での優勝を目指して皆で稽古に励んできましたが、結果を残すことはできませんでした。

 

東大は幹部学年の交代までにあと3週間ほどあるので、その間にしっかりと引き継ぎを済ませなければなりません。

 

寺田を中心とする新チームに期待したいと思います。

 

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

京都大学との合宿・定期戦

こんにちは。三年生の境です。

 

9月21日から23日まで、京都大学で合宿と定期戦をしてきました。

合宿には京大、東大の先生、先輩方のほか、他大学の先輩方、和歌山県の向陽中・高の先生、生徒のみなさんが参加してくださり、また、京大に指導にいらっしゃった元谷金次郎先生に寝技を教えていただけるという嬉しいサプライズもありました。

 

定期戦は10人制で行われ、一人残しで勝利することができました。

人数の問題や怪我の影響などあり手放しに喜べるわけではありませんが、新チームで臨む初めての団体戦に勝利できたことは嬉しいです。夏の稽古の成果を実感できたものもいたようで、この結果をはずみにしてこれからより一層稽古に励んでいきたいと思います。

定期戦の後には親善試合が行われ、こちらも下級生を中心に頑張りました。

 

合宿の最後には豪華なレセプションを催していただき、こちらの方も大変盛り上がりました。東大の一年生は稽古では元気ですが、飲み会ではおとなしい者が多いようです。

 

多くの方のご支援のおかげで充実した合宿を行うことができました。今回の合宿・定期戦でお世話になりました皆様、ありがとうございました。

 

今回もブログの記事を書くのに2時間もかかってしまいました。

それでは、今回はこれにて失礼します。

全国国立

3年の岡です。
全国国立が終わりました。東京大学は、弘前大学・大阪教育大学と対戦し、残念ながらどちらの試合にも敗れてしまい、予選リーグ敗退となりました。応援してくださった皆さん、また指導してくださった監督・先生方・先輩のみなさん、ありがとうございました。
チームとして思い通りの試合運びが出来ない展開が続いたのですが、今回の試合で一番僕の目指している形の柔道をしていらしたのが、碇先輩だったと思います。弘前大学との試合は、相手と組み合った瞬間に得意技に入り、その後も寝技で攻め続け勝利をあげるという、とても気合のこもったものでした。碇先輩の熱気は練習中からも感じていたのですが、試合の結果となってそれがダイレクトに出てくるところがすごいと思いました。つかっている技も似ているので、先輩を一つのモデルに、これから自分の柔道を磨いていかなくてはいけないと思っています。
個人的な感想になりますが、立ち技が中心となるルールの試合に全く出場できていない自分に対して苛立ちを感じます。チームが負けただけでなく、こうした点でもくやしい試合となりました。

今回の試合を節目に幹部の交代が行われるということで、試合後はOBの監督・先輩方5名ほどと、私たち新幹部で今後の柔道部の方針について話し合いました。話し合いは2時間以上にわたったのですが、
そこで出た話題を、もう一度新幹部で消化し、次の七大戦では優勝できるようがんばっていきたいと思っています。
このブログを見た方で、東大柔道部で優勝を目指してがんばりたいと思われた方は、是非ご連絡ください。

打ち上げは、師範の津沢先生が還暦を迎えられたことのお祝いも兼ねて行いました。いつもご指導いただいていることへの恩を試合に勝つという形でかえしていきたいと思います。先生、これからもご指導よろしくお願いします。

Home > 試合関係 Archive

メタ情報

Return to page top