超豪華柔道教室が開かれました!

一年の山添です。先日の9月24日に、とある超豪華イベントにが行われたので、その報告をさせていただきます。

それは柔道選手を呼んで小学生以下の子どもたちに柔道について教える柔道体験教室だったのですが、なんと来てくれたのは羽賀龍之介選手、大野将平選手、七戸龍選手です!!!それと、選手のトレーナーである守田誠さんにも来ていただきました!

そもそも今回のイベントが行われた経緯は、もともと羽賀選手が「柔道を知らない人たちにもっともっと柔道を広めたい」という強い思いをかねてから抱いており、以前から羽賀選手と交流のあった東大卒で金融関係のお仕事をされている伊藤さんという方が、東大で柔道体験教室を開くことを思いつき、今回のプロジェクトに至ったわけであります。(注:伊藤さんは東大柔道部のOBではありません。)

僕たち柔道部員はそのサポートにまわり、参加者の方々を赤門から七徳堂まで誘導したり、イベント中子どもたちの相手をしたりしました。(僕たち一年は、1時間以上かけてトイレをピッカピカにしました!)

今回参加してくれたのは、伊藤さんの金融関係の知り合い方々の子どもたちです。0歳から小学生まで、色んな子が集まりましたが、みんな元気いっぱいでした。

いよいよ柔道体験教室が始まりました。簡単な開会の言葉の後は、羽賀選手が柔道を知らない子にもわかるようにと作ってくださったムービーが上映されました。そこには、選手たちがオリンピックで豪快に相手を投げたりしている様子が映っており、柔道のことを知らない子にとってもシンプルにその凄さが伝わるものでした。

次はパネルディスカッションと続き、子どもや大人からの質問に選手や守田さんが答えてくれました。柔道を始めたきっかけや、学生時代のこと、オリンピックのことなどを笑いを交えて話してくださり、とても明るい雰囲気のまま進みました。


パネルディスカッションの様子

 

次は選手らによる、得意技の披露でした。キレッキレの技で受け役の部員たちが軽々と投げられており、別次元の強さを目の前で感じることができました。


90kgの岡を軽々と投げる七戸選手

次は守田さんによる、頭と体を使ったエクササイズでした。やってみると意外と難しく、子どもたちは必死になって楽しんでいるようでした。

次はいよいよ、選手ごと3グループに分かれ、実際に子どもたちが選手と柔道をするというメインイベントに移りました。こちらで用意した子ども用の柔道着を着て、子どもたちは選手に投げられたり、選手に技を教わって選手を投げたりしていました。(すごい!)みんな、とても楽しんでいるようでした。

 

そして、再び集まって軽く質問をしたあと、最後に全体写真を撮りました。

 

 

イベントが終わって子どもたちがいなくなったあとは、やっと僕たち部員の番だという雰囲気になり、今度は僕たちが選手たちと写真を撮ったり、金メダルを触ったりしました。

 

(左から2番目が僕)

その後、羽賀選手と今回のイベントの良かったところや改善点などを話し合い、イベントをもっと良いものにして、これからも続けていきたいという羽賀選手の熱い想いが伝わってきました。

その後は、選手たちと伊藤さんに悠志さんと小島さんは超お高い焼肉屋さんに連れて行ってもらったそうです。羨ましいですね。

そして嬉しいのが、これからも東大柔道部と伊藤さんや羽賀選手たちとの関係は続いていくということで、直近では10月に守田さんが東大にいらっしゃってトレーニングについて教えてくれるそうです。嬉しい限りであります。

最後に、羽賀選手、大野選手、七戸選手、守田さん、伊藤さん、参加してくれた方々、その他今回のプロジェクトをサポートしてくれた皆様、本当にありがとうございました!これからも東大柔道部をよろしくお願いします!

追記:今回来てくださった3人の選手が、記念として部室の壁にサインをしてくれました!これからも大切にしていきたいと思います。

秋新歓‼︎‼︎

こんばんは!突然ですが秋新歓のお知らせです!

ただ今東大柔道部では、秋新歓をしております。一年生向けの食事会もありますし、練習の見学、参加もOKです。貸出用の柔道着もあるので、手ぶらで来てもらって構いません!詳しくは柔道場に来ていただくか、todaijudo.shinkan at gmail.com(スパム対策のため@をatとしてます)にメールしてください!

紀柔館に行ってきました!

こんにちは。4年の古跡です。

部活を引退してからは、大学院入試を無事に終え、たまに柔道をするような平穏な生活を送っています。学部は無事に卒業し、来年からは東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻という所属になります。(予定) 

さて、今年も表題の通り和歌山県の紀柔館に行かせて頂くことになりました。日程は8/299/3の五泊六日(火曜から日曜まで)でした。ブログをアップするのが遅い・・・かもしれませんが、感想などを書こうと思います。

この紀柔館訪問は柘植陽一先輩の出身道場である紀柔館で、腹巻先生一家にお世話になりながら、柔道を通した交流をすることで、(心が荒んでしまった??)元部員の社会復帰を手助けしてもらうというものです。

※紀柔館の説明は過去の先輩方のブログに詳細に書かれているので、最近の記事を参照してください。去年の山中先輩の記事は201610月で、一昨年の小山先輩の記事20159月にあります。面白いです。

私はこの企画の7期生となったのですが、今回は31歳のスイス人男性のレオさん(Leo)と一緒にホームステイという貴重な経験をすることが出来ました。そのほんの一部を紹介したいと思います。

初日にまず小学生クラスから参加することになったのですが、そこで初めてレオさんと出会いました。レオさんは『忍道』と刺繍された柔道着を着ていました。一瞬、この人が着ているのは柔道着ではなく忍道着ではないのだろうか、と思いましたが、彼の礼儀作法などの仕草が素晴らしいものだったので、ほんの少し感じた胡散臭さは消えました。実際、彼は日本語を話せるわけでは無いのですが、禅の言葉について勉強中であり、私も知らないような言葉について知っていたりします。(その言葉を思い出そうと思ったら、忘れてしまっていました。)

レオさんは彼女と日本各地を旅した後に、彼女を先に帰国させ、一人で先生との繋がりを頼って紀柔館にやってきたそうです。びっくりしたことは彼女が荷物の一部をレオさんに預けて日本に置いていってしまったらしいです。(レオさんそれ彼女怒ってるよ!と思いました。)そのため部屋に置いてある荷物はかなりの量でした。

ある日私の靴下がレオさんの洗濯物に紛れてしまった様で、レオさんの荷物の中も探してもらいました。その時ちらっと荷物を見てしまったのですが、壁掛け時計も持ってきていたみたいです。(こんなかさばる物を持ってきてるんだ!邪魔じゃないのかな?)そうしたら、「この靴下使う?」とレオさんのものを差し出してきたので笑顔でお断りしました。

腹巻家に泊まっている間、腹巻先生の奥さんである牧さんにおいしい料理をご馳走していただきました。ある晩、牧さんにヘレカツを揚げてもらいました。関東圏ではヒレと呼んでいる部位は、関西圏ではヘレと呼ぶみたいです。変わった訛りだなぁ、と思っていましたが、レオさんによってフランス語のフィレが元々の呼び方であることがわかり、ヒレもヘレも訛っていたんだなぁ、と思いました。他の料理もとてもおいしかったですが、フィレカツは特においしかったです。

今回の訪問の中ですごく興味を持ったことがあります。それは腹巻先生が行っている転び方健康教室、略して「ころ健」です。これはシニア世代向けの転倒防止のための運動教室で、柔道などの武道独特の動きを取り入れたプログラムを行っています。例えば、転び方や起き方の手順があって、その動き方を練習したり、柔道だと人を使った動きをするところ、合気道などで用いられる丈を使った動きを練習したりします。柔道を単なる競技柔道として捉えない先生の発想の柔軟性や、柔道の武道としての懐の深さに大変刺激を受けました。将来、柔道を経験したことを活かして、人間の動作に関する研究もしてみたいなと思いました。

約1週間の間、紀柔館で子供たちから大人たちまでと一緒に柔道の稽古をして、その他に中高生向けに柔道クラスで3回の講義と、勉強クラスで1回のプレゼンをさせてもらいました。柔道の稽古では、特に小学生のクラスで先輩がきちんと後輩の指導をしているのが印象に残りました。また、生徒たちの動きが小さい時からやっていないと出来ない様な滑らかな動きだったのでただただ感心していました。柔道の講義では、腕取りからの展開、送り襟絞め、縦返しについて行いました。このような柔道の講義は初めてということもあり、思うように説明できず、講義が終わるごとに反省することだらけでした。勉強クラスでのプレゼンは、私の学部の研究室で行われている、音に関しての最新研究について発表しました。プレゼン中は反応が薄くて、伝わっているか不安だったのですが、終わった後の反応が思ったよりもよかったのでほっとしました。プレゼンの後に一人の生徒が「俺も工学部行きたくなってきた~」と言ってくれたのが、狙い通り!という感じで、とても嬉しかったです。

土曜日には、林先輩、田村先輩、北藤先輩が駆けつけてくださり、勉強クラス、柔道クラス、その後の飲み会に参加してくれました。いろいろと盛り上げて頂きありがとうございます。また、その日の稽古では思わぬ人(ヒント:東大で一緒に練習したことのある体の大きい方)との再会もあり、宴会では来てくださった方の面白い話が聞けたりととても充実した一日となりました。

本当は他にも経験したことや楽しかったことがあるのですが、文字数が多くなってしまったのでここまでにしておきます。紀柔館での柔道の記事が少なくてすみません。本当は一日の大半を紀柔館で柔道をして過ごしていたのですが・・・。とにかく、とても楽しくて充実した1週間を送ることが出来て、心の底から「柔道をやってきて良かった!」と思いました。

今回の訪問に当たって先生方、先輩方、塾生の皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございます。

特に、腹巻先生、牧先生、紀子さんと部屋を貸してくださった康子さんには温かく、やさしく迎え入れていただき、誠にありがとうございます。

 

以下、写真です。(気になる人は紀柔館のfacebookもご覧になってください)

紀柔館での子供たちとの集合写真や、華岡青洲の里に行った時のレオさんとの写真です。

 

 

 

阪田前主将のお見舞いに行ってきました!

こんばんは。またまた期待のルーキーの岡 明大です。ブログをなぜ2日目続けて自分が書いてるのかということについては、昨日のブログを読んでください。要するに遅刻したからです。同じ日にK島先輩が寝坊して、練習が終わってから来たのにも関わらず、K島先輩は何もなしらしいです。理不尽ですね。年功序列という日本の悪しき伝統を噛み締めながらブログを書いています。

いきなりこのタイトルを見て、何のことやと思われた方が大多数だと思います。まあ、簡単に言うと肩を怪我していた阪田前主将が手術をして入院中だったので、お見舞いに行こうと言う話になったわけです。決して練習を休む口実になるとかいうわけではなく、阪田前主将の人望に人が集まったという話です。決して病院が築地にあったから、海鮮丼食べにいくついでにお見舞いしようかという話でもありません。これだけちゃんと言っとかないと誤解する人が出るかもしれませんからね。

まあ、一応ついでなんですけど、せっかく築地に行ったので海鮮丼を食べに行きました。自分はネギトロといくらのハーフ&ハーフみたいな海鮮丼を食べたのですが、めっちゃくちゃ美味しかったです。増量を考えないご飯というのは斯く美味しいものなのだな、と思わされました。N村先輩やS田先輩が増量しない気持ちがわかりました。

海鮮丼の店を出たんですが、築地とあって外には食べ歩きができる店がいっぱいありました。増量のため胃の拡張工事が完了している我々にとって、海鮮丼だけではもの足りず、つい買い食いをしてしまいました。自分が食べたのは牡蠣の串焼きでしたが、生牡蠣や魚のすり身を揚げたものを食べている先輩もいて、次に築地に来た時は食べようと思わされるものがいっぱいありました。

で、これで話は終わりかと思ったんですが、やっぱりお腹がいっぱいになると甘いものが食べたくなるのが人間というもので、アイスクリームも食べました。なんだかんだ言って増量飯並みのカロリーを取っているあたり、柔道部に染まったな、と思いました。

やっと、築地市場を出て阪田前主将のお見舞いに行ったのですが、正直ブログに書くことがあんまりなかったです。なんか結局メインは築地市場だったのか、という感じです。しょうがないですね。結局は美味しいものが一番という話でした。最後にお見舞いに行った人間と阪田前主将の集合写真で締めさせていただきます。

研鑽会に行って来ました。

郷地です。
先週の月曜から水曜日の三日間、京都の武徳殿において寝技の研鑽会が行われておりました。東京大学からは一年生五人を含む合計七人の部員が参加しました。1日目は有名な総合格闘家であり、北大のOBでもあられる中井先輩、2日目は国体にも出場された仁木先生、3日目は現役時代京大10連覇に大いに貢献された岡本先輩に指導して頂きました。先輩方の体系化された合理的な寝技はまさに高専柔道を代表するものでした。
乱取りの時間では他大学の白帯の一年と沢山戦う事ができ、良い経験になりました。辛いのは自分だけでは無い、頑張ってるのは自分だけでは無い、置いて行かれないように頑張ろう、そう思いました。

キスペ会が開かれました。

こんばんは。3年の柴田です。
東大の留学生であるキスペさんから、東大柔道部のためにキスペ会を開いていただいたので、そのご報告をさせていただきます。

キスペさんはボリビアからの留学生で柔道部の練習にもときどき参加され、一緒に汗を流しています。今回はキスペさんが東大柔道部員にボリビア料理をご馳走してくださるとのことで、非常に楽しみにしておりました。

場所は渋谷で、南米のシュラスコという料理を出すお店に行きました。入り口に色んなサッカー選手のサインがあり、人気店であることがうかがえました。シュラスコというのは、鉄串に肉を刺して岩塩をふり、じっくり炭火で焼き上げる肉料理です。

食欲旺盛な柔道部員のために食べ飲み放題にしていただき、おなかいっぱい肉を食べることができました。
鉄串に刺さった肉をその場で切り落とすため、荒々しくも野性味にあふれており、肉そのものの味がダイレクトに伝わってきて非常においしかったです。
肉以外にもボリビアの郷土料理や地酒、地ジュースなどを堪能しました。

また、ボリビアのウユニ湖の映像や民族楽器を見せていただき、ボリビアとの心理的距離が随分と近くなった心地がしました。

キスペさん、最後になりますがこのような会を開いていただき、大変ありがとうございました。
キスペさんがボリビアの大統領になったときには、ぜひ東大柔道部で大々的に祝賀会を行いたいと思います。

管理人になりました

2年生の東條です。HPとこのブログの管理人になりましたので、お知らせいたします。せっかくブログ担当になったので、これから日常的なことも含めて定期的に更新していこうと思います。とはいっても同期の福島のように面白い文章を書ける程の文才はありませんが…
また、HP上の不具合等があればご連絡ください。以上よろしくお願いします。

P.S. OBの先輩方におかれましては連日のアイスの差し入れ本当にありがとうございます。暑く厳しい夏練を乗り切る上で非常に助かっております。

新主将挨拶

こんにちは。新主将になりました松本悠志です。4年生の先輩方が引退された七大戦からはや一ヶ月、東大柔道部は新体制で夏練に取り組んでいます。いざ主将になって部を率いる立場になると個性豊かな部員たちをチームとしてまとめあげた阪田前主将の偉大さを身にしみて感じています。まだまだ未熟ではありますがなんとかチームをまとめ上げ七大戦優勝を目指して頑張っていきたいと思いますのでご支援のほどよろしくお願いします。

 

追伸

4年生の先輩方本当にお疲れ様でした。僕は4年生の先輩方が作り上げた部が大好きでした。僕も僕らの代らしいいい部を作り上げていきたいと思います。ぜひ落ち着いたら部に遊びに来てください。

主将交代の辞

こんにちは。4年の阪田です。

七大戦で主将を交代しましたのでご挨拶申し上げます。

先日の七大戦では、優勝という目標を掲げながら一勝もすることができず敗退してしまいました。応援に来てくださった皆さまのご期待に応えることができず大変申し訳ありませんでした。個人としても本当に情けない試合をしてしまいました。6月に肩をけがして一か月柔道ができない状態のぶっつけ本番でしたが、気持ちがあればなんとかなると信じてやってきました。しかし、七大戦はそんな甘いものではなく、結果チームの足を引っ張る形になってしまいました。このやりきれない思いや悔しさは日々大きくなっていくし、おそらく一生抱えていくものだと思います。私の選手としての生活はここで終わりですが、東大柔道部は新体制となり、確実に前に進んでいるので、OBとしてサポートしていきたいと思います。

他大の同期たちがやっているので、僕も真似て後輩たちに一言だけ書こうかと思います。

一年生。

始まったばっかりや。今年の七大で大活躍やった岡に負けないように全員で切磋琢磨しながら頑張っていってほしい。個性的で我の強いメンバーやから、チームとして戦うことの難しさを感じていくと思うけど、青春を柔道に捧げることはとても素晴らしいから最後までくじけずにやり遂げてくれ。

二年生

この一年、一番つらい思いをさせた学年だと思う。大学に入ってまわりがキラキラした生活を送っているなか、一日中泣きながら柔道して、トレーニングして。普通の大学生なら一週間も持たないような生活をよく一年間続けたと思う。あの練習を誰一人欠けずに乗り切った二年生の根性は素晴らしい。新体制でも今のひたむきさを忘れずに、自分で考えて強くなれば間違いなく最強の代になれると思う。あと、下を育てることも忘れないように。

三年生

いよいよ幹部になってしまったな。これから、後輩からの文句、同期からの反発、OBからの言葉、いろんなものがのしかかってくると思います。今の三年生はしっかりとした信念を持ってるやつが多いので、悠志だけじゃなく一人ひとりが部を背負う気持ちをもって一年間やり遂げてください。俺たちの代は何があってもお前らの味方だから、優勝にむかって突っ走ってくれ。

女子部員

まず謝らないと。七大直前はほったらかしにして申し訳なかった。今後手伝えることがあったらなんでも手伝います。去年は滝沢ひとりでよく辞めずについてきてくれたと思う。女子にはだいぶきついメニューだっただろうし、疎外感も感じただろう。4月から佐々木も入ってくれてやっとチームになってきたと思う。滝沢はこの一年やってきたことを女子主将として佐々木にしっかりと伝えて、二人で力を合わせて頑張ってくれ。来年の七大までに女子部員を増やして優勝してください。

同期

人が減ったり、いろいろあったけど最後まで支えてくれてありがとう。

これからOBになるのですが、七大初日で負けた私を明るく温かく受け入れてひたすら酒を飲ましてくれた東大の先輩や、二日目のレセプ後にほとんど練習もしたことがないのに一緒に泣いてくれた京大の先輩のようなかっこいいOBにならないとなと思っています。

最後になりましたが指導陣の方々、諸先輩方、そして5年目としてともに戦ってくれた山中さん、たくさんの人が支えてくださったから一年間主将をやり遂げることができました。本当にありがとうございました。松本悠志率いる新チームはとてもいいチームになりますので、今後とも柔道部をよろしくお願いいたします。

私はこれから院試の勉強と肩の手術頑張ります。