親知らず抜歯記②+オススメ本

ギャラリー

このギャラリーには4枚の写真が含まれています。

TKG連投中です。
前回、親知らずを抜いた話を始めたのですが、長話に花が咲いて抜く前に終わりました。
というわけで、今日は抜歯記完結編です。
要するに、難抜歯例だったので総合病院を紹介され、かくかくしかじかあって入院して [...]

新選監挨拶+親知らず抜歯記①

お久しぶりです。髙木です。

本年度、選手監督を務めさせていただくことになりましたので、簡単に挨拶をさせていただきます。

僕は、選手監督とは、選手(特に後輩)一人一人が成長する道標を示す役職だと思っています。僕は選手として順風満帆ではなく、自分の形を模索し見つけるまでに長い時間をかけ、更にそこから形をブラッシュアップさせて目標を見定めるまでにも長い時間がかかりました。その経験から、伸び悩んだときにどうするか、技術が迷走したときにどう考えるか、そう言った考え方のコツみたいなものは人一倍分かっているつもりです。

モチベーションを保ちにくい時代ですね。でも、山口も言ってたけど、今出来ることを確りやるしかないです。来年の七帝戦すら不透明だけど、辛いときは初心に戻って、「柔道をしたい」「柔道を楽しむ」という思いを胸に、お互い頑張っていきましょう。
今まで象徴的なものでそれらしい機能をしなかった選監ですが、今年はそれなりに回していきたいと思っています。
これ以上のアツく鬱陶しい想いは、赤柔に載せます。気が向いたら見てください。

ここまでが選監としての挨拶です。今から、親知らずを2本同時に抜いたという、そこそこ話題性のある話をします。

最初に、僕がエピソードトークをする上で意識していることが3つあります。
1. 多少副詞を誇張すること(事実は改竄しない)
2. 全ては語らないこと
3. 蘊蓄を混ぜ込むこと

というわけで、以下の抜歯記はこの方向性で書かれています。

顎の骨格が発達していない現代人の場合、親知らずは正常に生えないことも多いです。僕の親知らずもそうでした。
親知らずの生え方の分類で有名なものに、Archer(1975)とKruger(1984)のものがあります。この分類に基づくと、僕の左下の親知らずはHorizontal(水平)・右下の親知らずはMesioangular(近心傾斜)でした。要するに、左下は真横を向いていて、右下は傾いて神経に近かったわけです。嫌ですねぇ。

行きつけの歯医者さんだと手に負えないということで、総合病院の歯科口腔外科を紹介されました。
僕には、親知らずを抜く上で障害となるあらゆる条件が揃っていました。難抜歯例であり、顎の骨格が太くて麻酔が効きにくいこと、大昔乳歯の抜歯で麻酔がまるで効かず歯科恐怖症なこと、極め付けは嘔吐反射が強く伝達麻酔を打ちにくいこと、…
尤も、僕のは歯根が曲がったりはしてなかったので、外来でまず抜けないような超難抜歯ではなかったですが、色々なことを考えて、紹介状を貰った時点で、僕は2本の同時抜歯を考えていました。

麻酔効くかなぁ?2本同時だと辛いのかなぁ?すぐ抜けるかなぁ?いくらかかるの?色々な想いが錯綜する中、口腔外科へ。

先生は気さくな人でした。僕の不安を取っ払ってくれるテンポのいい話っぷりでした。麻酔を効かせる方法は「信じる」ことだそうです。どうとしても麻酔を効かせてくれると仰っていて、多少不安が緩和しました。
ただ、コロナの影響で、事前に看護師と話した感じだと、普通に外来で抜歯した場合、手術できるのは数ヶ月後らしいんですね。結構待たされるなぁ。実験と被ったらどうしよう…

まあ、手術は数ヶ月後かな、とタカを括っていたところ、「来週抜いちゃう?」という先生の一言で、僕の入院は突如決まりました。どうもたまたまベッドが空いていたようで、入院なら一気に抜けるようです。

正直、迷ったのと、驚きはあったのですが、早く抜きたかったので、抜くことにしました。急遽決まったので、筋トレのサイクルが崩れてしまったのですが、まあもう一回立て直せばいいでしょう。

ところで、2本同時に抜く場合、精神的肉体的な負担などを考えて、通常の局所麻酔よりも強力な麻酔が使われるそうです。場合によっては全身麻酔が使われることもあります。僕の場合、全身麻酔は使わず、静脈内鎮静法という方法を用いて抜歯しました。簡単に言うと、寝る直前のウトウト状態のまま歯を抜く方法です。ただし、全身麻酔と違ってそれ自体に麻酔の効果はないため、局所麻酔も併用されます。
局所麻酔には、通常の麻酔(浸潤麻酔)に加えて、伝達麻酔というものが使われます。これは、神経の通っている管(下顎孔)に近い位置に麻酔をすることで、下顎全体に麻酔を効かせる方法です。骨格が頑丈な下顎は麻酔が効きにくいので、特に親知らずの抜歯ではこの方法が取られることが多いです。

そんなこんなで手術の説明を受け、僕の抜歯が決まったのでした。


字数が増え過ぎたので、今回はここまで。
また気が向いたら続きを書きます。まだ抜いてすらないですが。まあ、今ちょうど顎が腫れてる真っ只中なので、ひと段落してから書きたいというのもあります。

取り敢えず、先が見えない時代ですが、それは皆同じです。今出来ることを精一杯やっていきましょう。
1年間よろしくお願いします。

髙木 雄太

東の野に

東の野に 春立てば

木々緑して 花萌ゆる

伝えも古き この丘に

友を慕いて 登り来ぬ

汝は聞かずや 我が胸の

熱き血潮の 高鳴るを

 

白金の雪 降り積みて

北風荒び吹く 暁も

天与の使命 重き子が

真の道を 求めつつ

互に鍛え 培いし

力以て世に 立たんかな

力以て世に 立たんかな

 

 

4年の山添です。先日引退しました。

まだ気持ちの整理がついていない部分はありますが、たくさんの方々に支えられながら引退の日を迎えられたことに、心より感謝しております。本当にありがとうございました。東大柔道部に入って、かけがえのない仲間たちと出会い、共に鍛錬の日々を過ごしたことを誇らしく思います。当時は辛い練習の毎日にやめたく思うことも何度もありましたが、今では東大柔道部に入ってよかった、やめずに続けてよかったと心から思います。

今まで本当にありがとうございました。東大柔道部でみんなと過ごした日々は一生の誇りです。

 

東大柔道部、万歳!

 

新主将挨拶

3年の山口です。今年の七大戦が中止になったことにより先輩方が引退され、新主将に就任することとなりました。本来なら7月の七大戦が終わり、新体制で来年の七大にむけて夏練をしている時期ではありますが、コロナウイルスのせいで全く練習できていないのが現状です。ただこんな状況ながらも、部員一人一人が着実に今できるトレーニングをして、来年の七大優勝に向けて日々精進しております。これからも皆様応援よろしくお願いいたします。

4年生には入部以来散々お世話になり、たくさん稽古もつけていただいたにもかかわらず、最後の七大をやることなく引退されてしまうのは本当に悔やんでも悔やみきれません。今までお世話になりました。ありがとうございました。

3年以下へ、七大も開催できなかったしコロナで部活できないしで正直モチベーションが相当下がってると思う。ただ、いま踏ん張れば来年にきっと結果として現れると信じてやるしかないです。一緒にがんばろうね!

1年生へ、こんな状況の中、柔道部に入部してくれて本当にありがとう!対面での新歓や練習ができない中でも入部してくれて本当に感謝してます。入部したことを後悔させないよう部員一同全力でサポートするんでこれからよろしくね!

 

 

 

最後まで自分のアカウントでログインできなかった佐々木です。

引退しました。お世話になった先生方、先輩方本当にありがとうございました。様々な方の紹介で、JR東日本や講道館などのレベルの高い練習に参加することができました。快く稽古をつけてくださった宇野さん、土井さん、柳樂さん本当にありがとうございました。世界レベルの方々と練習できたのも東大柔道部ならではだったのかなと思い、恵まれていたと感じています。また女子監督の阪田さん・悠志さんにもとても感謝しています。乱取りの相手をしてくれて相談に乗ってくれて試合の戦略も立ててくださいました。女子のことを考えてくださっていて心強かったです。

私は柔道部に入るしか選択肢がなかったので、柔道部に入ってよかったなとは思いません。例えて言うならば、大学全部落ちて選ぶ余地なく浪人した人が、浪人は人生経験になってよかったなと思わないのと同じです。練習が辛くて、部活なんか入ってなかったらなと考えることもありましたが、そのたびにいやそんな人生はあり得ないなと思い直していました。練習前後の団欒の時間が好きで、その少しのアメで練習を乗り越えてたんだと思います。特に、滝沢さんと今野がいたから頑張ってこれました。一緒に柔道できてよかったです。ありがとうございました。というか部員のみんなありがとうございました。楽しかったです。

柔道部のおかげで、最終的には腕っぷしで勝てればいいという思想が身につきました。これからも強く生きていきます。

前主務引退の辞

4年の真野です。引退しました。

お世話になった先生方やご支援いただいたOB・OG方にお礼申し上げます。
柔道部のおかげで本当にたくさんの方々とのご縁に恵まれた学生生活を送ることができました。

怪我や病気にも恵まれ(?)、ほとんど乱取りもできなかった僕でしたが、先輩・後輩・同期たちが暖かくチームに迎え入れてくれたのをありがたく思っています。

主務に選手にバタバタした現役生活でしたが、
終わってみるとなんだかんだいい経験でしたね。
どういう理由であれ結果が出せなかったのは悔しいですが。
後輩くんたちも先が見えない中大変だと思いますが、影ながら応援しています。

今までありがとうございました。

PS
今度は膝の手術をすることになりそうです。
2年以上ごまかしながら柔道ができたのも、久我トレーナーと自分の膝のおかげですね。感謝感謝です。

主将交代の辞

こんにちは。4年の岡です。

先日七大戦、学生個人ともに開催中止が決定したためその時点を持って引退とし、幹部を山口の代に引き継ぎました。東京に来たその日に喜び勇んで東大柔道部の練習に行ったのも昨日のことのようです。とはいえ長期練とかはすごく長かった気もしますし、短いような長いようなよくわからん学生柔道生活だったなあと思います。

ここ数ヶ月あるかどうかわからない大会のためにモチベーションと気力を削りきって練習してたため、正直試合がなくなったのはふーんなくなったかぐらいの感情です。色々思うところもありますが炎上しそうやしその辺は赤柔にでも書こうと思います。
毎年だいたい引退する人間のブログでは後輩に一言みたいなことやってますが、結果を出してない人間が語ることほどダサいもんはないので関係者の方々への謝辞でブログを締めさせていただきます。

まず、師範、部長、コーチ、江種先生、監督には練習内外でお世話になりました。直接の指導から出稽古先の紹介やOBとの折衝など選手として主将として自由にやれたのは先生方のおかげでした。出稽古先の選手の方々もかなりの実力差がある中嫌な顔一つせず稽古つけていただきありがとうございました。また、先輩方に関しましてもこれまでのご支援ありがとうございました。結果という形で恩返しできなかったのは悔いの残るところですが、国際ルールの柔道はもうしばらく続けようかなと思います。その際またお世話になることがありましたらよろしくお願いします。

近況報告

お久しぶりです、三回生の石川です。
4月に主務を引き継いだのですが、コロナのせいで引継ぎ資料から外れた仕事ばかりで苦労しております。
コロナの影響で部の予定表はこんな感じになっています。

5/10 赤門総会    中止
5/24 東京学生団体  延期
5月  一橋戦     未定
7/4  七大戦     中止
8/23 東京学生体重別 延期
9/12 京大戦     延期
10/18 東京国公立
10月 一橋戦     未定
11/8 二部・オープン大会
12月 防大戦     未定

柔道という競技の特性上仕方のないことですが、イベントがことごとく流れていきますね。

さて、今回は柔道部の近況について書こうと思います。
こんな状況ですがありがたいことに三人の新入部員がすでに入部してくれました。ですが近年と比べるとまだまだ少ないのでこれからも新歓を行っていきたいなと思います。
現在の活動についてですが集まって活動することはできないため、オンラインで一年に七大柔道のあれこれを教えています。
近況といっても活動らしい活動はできていないので書くことがないですね。ここらへんで失礼します。

今更ですが、引退ブログです

ご無沙汰しております。昨年度卒業しました滝沢です。
現在は大学院に進学し、なんとか必死に過ごしています。
引退して丸一年経とうとしておりますが、推敲に非常に長い時間を要してしまい、今までブログを書けずにおりました。
まずは、お世話になりました先生方、先輩方、ありがとうございました。なかなか感謝の気持ちをお伝えできておらず申し訳ありませんでした。入部当初、女子部員が一人という状況でも練習に励むことができたのは多くの方のご支援があったからだと感じております。引退して柔道部に関わる機会が減ったことで、ますます部員のために時間や労力を割いて下さることの有り難さを実感しています。今年は卒業生送別試合や赤門総会なども中止となり残念ですが、直接お会いできる機会を楽しみにしております。

引退から長い月日が経ってしまったので、引退後すぐにブログを投稿した人には書けない引退してからの思い出を書こうと思います。

去年の七大戦は私の地元の福岡での開催でしたので、佐々木と今野が実家に遊びに来てくれました。浜辺で散歩をしたり公園で花冠を作ったりして楽しみました。夕食に海でバーベキューもした際には両親や祖父母が二人に会えて嬉しそうにしていました。佐々木と今野も楽しんでくれたようで良かったです。

秋には看護の実習をしていました。在宅の実習では後楽園付近で自転車を乗り回していたのですが、講道館の周囲の道は分かるところが多く、非常に助かりました。また、患者さんに柔道の話をきっかけに覚えてもらうことも多く、実習中にも柔道部で過ごしたことへの有り難みを感じました。

2月に同期8人で草津へ2泊3日の卒業旅行に行きました。自由に過ごしていたのであまり覚えていないのですが、印象的だった思い出を紹介します。
まず、行きのバスの集合時間に陸也くんが寝坊で間に合いませんでした。バスに乗っている途中で起きたと連絡があったのですが、誰一人として陸也くんの遅刻に驚いていませんでした。こういうシチュエーションが現役中に何度かあったと懐かしい気持ちになりました。
また、草津は温泉が有名なのですが、浅井くんが温泉に行くのが面倒だと言っており、皆に説得されて浴場までは行ったものの、結局温泉には入らなかったそうです。徳永くんも一人でスキーに行っていたそうで、それぞれが好き好きに過ごしたので、気を使わずに楽しめました。

3月の初めには柏崎先生のご自宅へ行かせていただきました。まずは嘉納治五郎先生のお墓まで走って向かいました。私は大河ドラマの『いだてん』を見ており、嘉納先生について勉強した後だったので、非常に興味深かったです。しかしながら、引退後怠けた生活をしていたので、行き帰りのランニングでは韋駄天のようには全く走れませんでした。柏崎先生のご自宅では沢山の資料やメダルなども見せていただきました。非常に貴重なものを見せていただき勉強になりました。その後、沢山の美味しい食事を用意していただきました。柏崎先生が本当は飲ませたくないとおっしゃっていたゆずの日本酒がとても美味しかったです。先生はいつも非常に幅広い視点でのお話をされるので、自分の無知を自覚するとともに、ワクワクさせていただいています。沢山の貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

最後に、佐々木が自分たちへのコメントを欲しいと言っているので書こうと思います。私は腰痛で練習ができない時間が長かったので、佐々木と今野に申し訳なさを感じることもありますが、二人のおかげで4年間続けることができ、とても感謝しています。現在は、コロナの影響で練習ができず七大戦が中止となったと聞きました。その中でモチベーションを保ったりトレーニングをしたりするのは本当に難しいことだと思います。少し真っ直ぐすぎる二人が心配ですが、沢山の先輩方にしていただいたように、少しでも二人の役に立てるように頑張ります。


草津からの帰りのバスでこの塗り絵を完成させました。