腐れ縁

またまた一年の髙木です。
去る8月22日の午後はサプライズoffで、部活に来ていた部員全員で上野公園でボートに乗りました。その思い出について、一年の誰かがブログを投稿することとなったので、代表して僕が投稿したいと思います。

僕は、中高を逗子開成で過ごしました。逗子開成では、「海洋教育」の名のもとに、2〜3ヶ月まるまる体育が水泳だったり、遠泳があったり、年1,2回ヨットに乗ったり、と水や海に触れる機会が人より多い生活を過ごしていました。初めて手漕ぎの舟に乗ったのは、中1の10月で、舟とはそれ以来8年の付き合いになります。
しかし、「中高でヨットに乗ったことがある」というだけで、「逗子開成出身の人はヨットがうまい」ということは全くありません。反例は例えば僕です。僕は壊滅的に下手くそでした。皆が25分ぐらいで帰ってくるヨット実習でも、僕だけ1時間近くかかったりしました。ヨットは帆の向きを調節して前進するのですが、僕にはそんな高度なことは出来ません。

8/22にも、あのヨット実習の惨劇が甦ります。上野公園に来たからといってボートが漕げるようにはなっておらず、僕が漕いでいるときはほぼ全く進みませんでした。あまりに進まないので漕ぐのを代わってもらおうとしたのですが、不器用なのが災いし、交代にも手こずりました。一緒の舟だった3年生のお二方、無能で申し訳ありませんでした、、

僕は中高から不器用で、柔道も肉体頼みで滑らかな筋のいい柔道がずっと出来ずにここまで来ました。不器用は、夏練中も健在です。多分一年で一番ヘタクソです。身体を柔らかくしたら滑らかになるかもしれないので、僕個人の目標として、練成大会までには身体をある程度柔らかくしようと思います。
ところで、今日は東京学生でした。僕は開始早々吹っ飛ばされてしまい、東京地区はレベル高いなぁと実感しました。どんな相手でも戦い方変えないのはいかんですね、次回から、もう少し粘れるようにします。

P.S.
そういえば、小5のときに、カッターボートというのを漕ぐ機会がありましたが、その時も下手でした。何も進歩がない…

遠い日の記憶

一年の髙木です。
先日、日本文化大学に合同練習に行ってきました。僕としては、久々に立技めいいっぱい出来ることが凄く嬉しかったです。驚くことに、かつてよく一緒に練習していた後輩が日文にいて、合計3回乱取りしました。遠い昔は学年差補正で何とかなっていたのですが、今となっては全く敵わなかったです… 喧嘩四つマジ苦手だし、色々教わりたいです笑 時間があれば是非東大の練習に足を運んでください!

僕は柔道歴は長くないですが、中高では合同練習に参加したり超強豪選手(全国2位の選手とか世界3位の選手とかオリンピック選手とか)と乱取りする機会がよくありました。その中でも、何度も乱取りした人や、一際強かった人なんかは今でもよく覚えていて、日文の彼も両方の意味で鮮明に覚えている選手でした。最後に乱取りしてから5年ぐらい経っていたのですが、不思議なもんで、顔見たらすぐ思い出せました。序でに、彼と練習したことや、中学時代のことなど、色々な記憶が脳裏を過ぎりました。
彼と会えたこともそうですが、よく知っている選手を大会で見かけたり、再び乱取りしたりすると、どこか遠い日の記憶が蘇ってきて、nostalgiaのような、不思議な感情を抱きます。それも、鮮明に蘇ってきます。英単語一つ満足に覚えられないのに面白いもんですね。きっと、単語とかと違って、脳じゃなくて、ココロで覚えてるから、鮮明に蘇るんでしょうね。
1対1でぶつかり合う柔道だと、こういう経験ができていいですね。辛さを乗り越えた先に、そういうかけがえのない繋がりが出来るのかなぁ、なんて思いました。離れてても切れない不思議な繋がりが沢山出来るのかなぁ、なんて思いました。

日文での合同練習、色々あったけど、いい思い出です。知り合いに会えて嬉しくて書いただけでオチはないです。

2018年度入部 自己紹介⑤

こんにちは!他己紹介でボロクソ貶された髙木雄太です。まあ彼にあそこまで貶されるのはあんま納得いかないといえばいかないのですがw

柔道の話をする前に、他己紹介の内容について、一つ不満があります。「ドュフ」という笑い方についてです。皆さん、発音してみてください。発音しにくいことこの上ないじゃないですか。こんな発音しにくい笑い方しますか?
正しくカタカナ近似すると、「デュフ」だと思います。「デュフ」は言いやすいですからね笑

(ここから真面目モード)
さて、柔道についてですが、僕は中高の6年で柔道をやっていました。しかし、周りに左組が殆どいなかった、力はそこそこ強かった、基礎をやらなかった、などが原因で、身体に頼った歪んだ柔道スタイルが固まってしまいました。この歪んだ柔道から決別すべく、大学では一からやり直します。八方の崩しなどの「基本のき」から見直して、真っ当な柔道をしようと思っています。
ただ、寝技が出来ないと七大戦では勝てないので、先ずは正対上と亀取りを中心に寝技も磨いていきたいと思います。今は寝技強くなれるのか、不安ですが、まあブツクサ言ってても仕方ないですね。我武者羅に、自分だけの柔道に向かって、前進あるのみ!
不器用で物覚えが悪いので、他の一年よりも習得に時間かかるとは思いますが、入部した以上、強くなる義務はあると思うので、ゆっくりとかもしれませんが、一歩ずつ進んで、七大戦で結果残せたらなぁ、と思ってます。
(真面目モード終わり)

てなわけで、今の生活は柔道一色です。最近買ったDVDは古賀選手の柔道講座だし、最近買った本は金野師範の本だし、最近図書館で借りた6冊の本は、3冊柔道、3冊筋トレです。まあここまで来ると病気ですねw ムワッハッハ!

さて、次に自己紹介する山口君は、今まさにその本性を露わにしつつあります。他己紹介書いた時も、「そろそろかなぁ」と思ってはいたのです。思うツボでしたw
では山口君、髙木が滑った分の穴を埋めてくださいw