受験生へ

こんにちは、一年の枝野です。自己紹介以来の投稿です。まず、二次試験前日夜に表題のようなブログを上げることになってしまい誠に申し訳ありません。なんちゃって文系なので文にまとまりがなくてごめんなさい。

いよいよ、明日には二次試験です。今更書いてもあれな気がしますが、僭越ながら僕の過去と受験生の皆さんに応援の言葉を贈りたいと思います。判定がA、Bしかないぜえ、余裕のよっちゃんだぜ!という方は油断せずにもうそのままの勢いで行ってください。きっと何とかなります。

判定がDしかなかった方。僕もです。高2の時まぐれでCが出ましたが、それ以降はずっとDorEでした。センター判定もDで、もう胸がDカップになるまで腕立てしようかと思いました。これも●ンピースでいうDの意思なのでしょうか。加えて、私立に明治、早稲田を受験したのですがそれにも落ちてしまい、金銭面から行く気はなかったのですが、逃げ場がなくなり気が重くなりました。そこからは予定を立てて丁寧にがむしゃらに問題と解説を読みまくりました。こんなんで受かったので過去の判定は気にせずやれることをやるのが重要だと思います。

当日です。とても緊張しました。100円ショップの腕時計を踏まれてしまい1日目は時計なしでした。体内時計で頑張りました。その日は帰りに100円ショップに寄って2個時計を買いました。二日目は何とかなりました。つまり、たとえ何か事故が起こったとしても冷静に対応することが重要です。焦っても得はないです。

試験本番の際の心持ちについてです。山添先輩が去年同時期に投稿していたことの一つを僕もやってました。呪文です。僕は、試験開始直前やわからない問題が出た時に「落ち着け」となんども頭の中で唱えてました。結構効きます。あとは、受かるかな受からないかなと心配するのではなく、自分が持ってる実力を全て出し切ることのみを考えるといいです。これは僕が高校の弓道部の顧問に大会前によく言われてました。自分の実力以上を出そうとすると逆に失敗するから、自分が持ってる分だけ、それだけでいいから全て出し切るということです。

1段落くらいでまとめるつもりでしたが、ダラダラになってしまいました。最後に。

受験生頑張ってください!!健闘を祈ります!!部員一同応援しております!!

 

2018年度入部 自己紹介②

初めまして。栃木県立宇都宮高校出身の文科三類枝野良洋です。自己紹介として高校までの部活となぜ柔道部に入ったかを書きたいと思います。

中学では弓道部に所属していました。理由は部活動見学の時になんかかっこいいなあと思ったからな気がします。しかし正直中学の練習はゆるく、また自分のダメなところと向き合ってなかったので結果が出ませんでした。やり残しと言うか後悔の念があったため、高校でも弓道部に入りました。結果はゴキブリ以下の鼻くそでしたが必死に自分と向き合ったためかやり残しは全く感じず、大学では違うことをやろうかなあと思ってました。                                次に柔道部に入ったわけを書きます。高校の授業で、面などの道具で窮屈な剣道ではなく柔道を選択したのが始まりだと思います。学校内で授業の終わりに柔剣道大会というのがあって、そこで弓道部の同期に一瞬で負けたのが悔しくて未練が残り、なんかもっとやってみたいなあと思いました。弓道場の隣が柔道場だったこともあり、より関心ができました。高校まで部活中心の生活だったので大学でも運動部に入ろうかなと思ってたのですが、最強になれると書いてあった立て看板を見て柔道部に入る決意をした気がします。以上が積極的な理由で、次に消極的な理由を書きます。まとめると女子がいなさそうということです。宇都宮高校は男子校だったのですが、私にとっては楽園でした。女子の目を気にせずレマン湖(センターに出ました)や万元戸(中国の富豪の名称)などを同級生と言いまくっていたあの頃が懐かしく、大学生活もそういうのがいいなあと思い柔道部にしたということです。こじらせですね。

柔道スタイルは残念ながらまだ決まっていません。今は乱取りにおいては先輩や同期にボコスカですが、体づくりと柔道の基礎基本を身につけ、練習に食いついていけるよう頑張ります。よろしくお願いします。

読みにくい文ですみません。明日は文才溢れる甲斐君です。よろしく。

訂正・「女子がいなさそう」と書きましたが、それは私が柔道部に入るまえの完全なる偏見であり、実際には苛酷な練習を乗り越える素晴らしい女子部員がいます。誤解を与えるような文を書いてしまい申し訳ありません。