引退の辞

こんにちは。枝野です。

山口のブログの通り、引退することになったため、ご挨拶をさせていただきます。

はじめに、お世話になった様々な先生方やご支援いただいたOB・OGの方々にお礼申し上げます。また、出稽古先であったパトスタジオ の方々、赤柔つながりで高野先輩や松沢先輩をはじめとする関係者の方々、とてもお世話になりました。ありがとうございました。

僕は、とても運が良かった。代によっては一人も部員が入らなかったり、いたとしても一人や二人というかなり少ない人数の時があったと聞きます。しかし、僕の代は、強い人が、強くはなかったかもしれないけれどなんとか抗っていた人が、とにかく多くの先輩がいました。最初の頃と比べたらやめてしまったり休部してしまったり医学部に入り直して一つ下の代になってしまった人もいるけれど、五(六)人という同期に恵まれました。一つ下は多くの多様な後輩が入り、二つ下はコロナで柔道部がどういうものかはっきりとわからないのにもかかわらず数名の後輩が入り、三つ下もこんな状況なのにすでに数名入ってくれました。僕はそこまで性格的に強い人間ではないので、そのような環境がなければここまでやってこれなかった。先輩たちが僕のことをケチョンケチョンにボコしてくれなければ、同じ待遇でいつ大会があるかもわからないしそもそもあるかどうかもわからない中頑張る同期がいなければ、隙があれば僕のことを取ってくる成長真っ只中の後輩たちがいなければ、僕は頑張れなかったと思います。

思えば、自分は弱いことが許せず強くなりたいと思って入部しました。完全に私事ですが、この前練習に来てくださったYさんをボコボコにできたのはなんだか少しさみしかったけれどでも嬉しかったです。ちょっとは強くなったと思います。しかし、腰や膝の怪我などで逆に弱くなるということもありました。それを含めると、もしかしたら入部前よりも弱くなったのかもしれないと思う時もありました。でも今は、皮肉ですが、弱いことも受け入れられるようになったと思えます。引退してからも、たまには練習に行って後輩たちにボコボコにされようと思います。

今は正直練習には辛い思い出がほとんどです。汗かきなので最近のように暑くなるといくらスポドリ飲んでも練習後につりまくるのが嫌でした。時間が経てばそれも良かったと思える時がくるとおもうと、変な気分です。

後輩の代ではちゃんとワクチンが普及していろいろなしがらみも解決してコロナ前のように伸び伸びと自由に練習ができて大会もあるというような状況だといいなと思います。応援しています。

今までありがとうございました。体が重いのでダイエットします。当然ながら爆弾はありません。

新歓ブログ⑫ @未経験者等

こんにちはこんばんは。新4年の枝野です。コロナが流行ってからすでに1年が経っており、あと数ヶ月で引退だと思うと、時が経つのは早いものだなあと感じます。この調子であっという間に歳をとっていくんですね。

さて、今回新歓ブログとして何を書こうか迷ったのですが、僕自身中学高校は弓道をやっていて大学から本格的に始めたので、主に未経験者や柔道歴が浅い人を対象に書いてみようと思います。今までのブログでも触れられていましたが、重点的に取り上げてみます。大学から新しいことをやってみたいという人、やったことはあるけどそこまで自信がない人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

結論から言うと、そのような人でも東大柔道部でやっていけます。活躍できます。理由は主に二つです。

一つ目:東大柔道部は、従来の立ち技がメインの国際ルールではなく、寝技がメインになる七大ルールに基づいて練習していることです。その理由は、東大柔道部は七大戦優勝を大きな目標として活動しており、その試合では七大ルールを用いているからです。高校まで経験者はほとんどが国際ルールの中で練習しており、寝技に対する知識はそこまで深くはありません。つまり、寝技メインの七大ルールでは、経験者と未経験者の境が曖昧になります。練習や年次次第では、初心者が経験者に勝つこともあり得ます。

もちろん立ち技も「あり」なので、初心者や歴が浅い人と歴が長い経験者の戦略に差は生じます。歴が長い経験者は今まで練習してきた立ち技を活かして行くことができます。他方で、立ち技に付き合わないで寝技に相手を引き込んで、相手と立ち技ではなく寝技で勝負することができるという選択肢があるため、強い経験者ではなくても十分やっていけます。また、寝技は立ち技に比べてセンスが必要なく、ある手順を踏めばちゃんと技をかけられるというところがあります。そのため、元文化部だとしても、運動音痴だとしても、やっていけます。

二つ目:東大柔道部の人数がそこまで大世帯ではないことで、初心者や歴が浅い人が試合に出るチャンスが十分にあることです。大世帯というと40~50人くらいなのかなと想像しますが、東大柔道部は、柔道の人気がないのかもしれませんが20人弱という比較的小さな団体です。しかし、僕らが目標としている七大戦は15人の団体戦のため、15+α(補欠)の人数が必要です。つまり、初心者などでも出るチャンスがあり、むしろ学年が上がれば必然的に出ざるを得なくなるほどです。試合に出れればいいのかと思う人もいるかもしれませんが、やるからには試合に出てチームの結果に貢献できたほうがやりがいは大きいと思います。

また、これは経験には関係ないですが、人数が少ないことで、自分のいる意味というものがより明確に見いだせるのではないかと感じます。極端な例ですが、100人や200人もいたら相対的に一人の役割や意味が少なくなるかもしれません。しかし、人数が少ないことでその分一人一人の役割や意味というものは大きくなるため、やりがいも大きくなると思います。

主に上記の二つの理由から、未経験や経験が浅い人であっても東大柔道部ならやっていけます。最初の1年は大変かもしれませんが、それはどの分野においてもそうなので、あまり気にしなくていいです。

もしかしたら柔道部に入ったら怪我をするのではないか?ということがネックになってる人がいるかもしれません。もちろん、コンタクトスポーツなので怪我はあり得ます。ただ怪我をしたまま無理やり練習することを強いることは絶対ないです。怪我が悪化したり治りが遅くなったりするので、逆に怪我したら練習するな病院いけという雰囲気です。風邪などの病気でも同様です。なのでそこらへんは安心してください。

もし1ミリでも興味が出たら、あるいは興味が出てないとしても、ツイッターのDMなどに声をかけてみてください。最初は入るつもりがなくても全然大丈夫なので、気軽に話を聞きに来てくれると嬉しいです。ついでに、ちょうど1年前も新歓ブログがたくさんあるので、気が向いたら読んでみてください。長かったですがありがとうございました。

 

柔道部2021年度Twitter新歓アカウント @tjudoshinkan21

東大柔道部のここがすごい!part5〜体がでかく、たくましくなる!〜

 こんにちは。3年の枝野です。とても久しぶりの投稿です。東大柔道部の魅力を紹介していくこの流れですが、今回は「体が強くなる」ことに関してお伝えできたらいいなと思います。
 皆さんは、男女問わず、「とにかく強くなりたい」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。強いにもいろんな意味がありますが、ここでは生物的に強い、つまり体がでかくたくましいということにしようと思います。結論から言うと、柔道部に入ると強くなれます。
 では、強くなるメリットはなんでしょうか?東大柔道部は七大戦での勝利を主に目標としていますが、その大会は団体戦のため、体がでかく力が強いほど分けるあるいは取る際に有利になります。また、これは柔道とは離れますが、でかく強くなると実生活において自信が持てます。多少の物事には動じなくなります。

 次に柔道部に入ると強くでかくなる理由を伝えたいと思います。筋トレをしたことある人なら聞いたことあるかもしれませんが、体を強くする、つまり筋肉をつけるには トレーニング 食事 休息 の3つが土台となります。
  ・トレーニングについて;東大には、本郷の御殿下記念館にジムがあります。そこの設備はそこらへんのジムと同等あるいはそれ以上の設備が整っており、思う存分トレーニングをすることができます。少し質が落ちますが駒場にもジムがあり、主にそれらのジムで体を鍛えることができます。また、part1で出て来た筋トレの専門家の猪俣さんにも指導をしてもらえます。加えて、部活の仲間と一緒にすることでモチベーションも維持でき、切磋琢磨して強くなることができます。
  ・食事について;柔道部では、1年生はOBや先輩方によるカンパで、練習後に無料で大量の飯を食べることができます。体をでかくするにはまずたくさん食べることが条件になってくるためこれはとてもでかいです。
  ・休息について(これはおまけ);本郷に七徳堂という建物があり、その中に柔道部の部室があります。そこには布団が常に何枚かあるため、疲れたらそこで一休みすることができます。自宅に帰るのが億劫だったらそこで休めます。
 
 このように、柔道部では強くなれる要素が揃っています。僕の場合は入部当初より20kgほど増量できました。筋トレの数値も、大学までは柔道もウェイトトレーニングもやってなかった初心者ですが最近ではベンチプレス120kgを上げられるようになりました。(部内にはもっと上げられる人がいます。)たとえ初心者でも、いまは体が小さくても、必ず強くでかくなれます。
 もし強くなりたいという気持ちが少しでもあったら、ぜひ柔道部に入って一緒に強くなりましょう。部員一同歓迎します。
 

受験生へ

こんにちは、一年の枝野です。自己紹介以来の投稿です。まず、二次試験前日夜に表題のようなブログを上げることになってしまい誠に申し訳ありません。なんちゃって文系なので文にまとまりがなくてごめんなさい。

いよいよ、明日には二次試験です。今更書いてもあれな気がしますが、僭越ながら僕の過去と受験生の皆さんに応援の言葉を贈りたいと思います。判定がA、Bしかないぜえ、余裕のよっちゃんだぜ!という方は油断せずにもうそのままの勢いで行ってください。きっと何とかなります。

判定がDしかなかった方。僕もです。高2の時まぐれでCが出ましたが、それ以降はずっとDorEでした。センター判定もDで、もう胸がDカップになるまで腕立てしようかと思いました。これも●ンピースでいうDの意思なのでしょうか。加えて、私立に明治、早稲田を受験したのですがそれにも落ちてしまい、金銭面から行く気はなかったのですが、逃げ場がなくなり気が重くなりました。そこからは予定を立てて丁寧にがむしゃらに問題と解説を読みまくりました。こんなんで受かったので過去の判定は気にせずやれることをやるのが重要だと思います。

当日です。とても緊張しました。100円ショップの腕時計を踏まれてしまい1日目は時計なしでした。体内時計で頑張りました。その日は帰りに100円ショップに寄って2個時計を買いました。二日目は何とかなりました。つまり、たとえ何か事故が起こったとしても冷静に対応することが重要です。焦っても得はないです。

試験本番の際の心持ちについてです。山添先輩が去年同時期に投稿していたことの一つを僕もやってました。呪文です。僕は、試験開始直前やわからない問題が出た時に「落ち着け」となんども頭の中で唱えてました。結構効きます。あとは、受かるかな受からないかなと心配するのではなく、自分が持ってる実力を全て出し切ることのみを考えるといいです。これは僕が高校の弓道部の顧問に大会前によく言われてました。自分の実力以上を出そうとすると逆に失敗するから、自分が持ってる分だけ、それだけでいいから全て出し切るということです。

1段落くらいでまとめるつもりでしたが、ダラダラになってしまいました。最後に。

受験生頑張ってください!!健闘を祈ります!!部員一同応援しております!!

 

2018年度入部 自己紹介②

初めまして。栃木県立宇都宮高校出身の文科三類枝野良洋です。自己紹介として高校までの部活となぜ柔道部に入ったかを書きたいと思います。

中学では弓道部に所属していました。理由は部活動見学の時になんかかっこいいなあと思ったからな気がします。しかし正直中学の練習はゆるく、また自分のダメなところと向き合ってなかったので結果が出ませんでした。やり残しと言うか後悔の念があったため、高校でも弓道部に入りました。結果はゴキブリ以下の鼻くそでしたが必死に自分と向き合ったためかやり残しは全く感じず、大学では違うことをやろうかなあと思ってました。                                次に柔道部に入ったわけを書きます。高校の授業で、面などの道具で窮屈な剣道ではなく柔道を選択したのが始まりだと思います。学校内で授業の終わりに柔剣道大会というのがあって、そこで弓道部の同期に一瞬で負けたのが悔しくて未練が残り、なんかもっとやってみたいなあと思いました。弓道場の隣が柔道場だったこともあり、より関心ができました。高校まで部活中心の生活だったので大学でも運動部に入ろうかなと思ってたのですが、最強になれると書いてあった立て看板を見て柔道部に入る決意をした気がします。以上が積極的な理由で、次に消極的な理由を書きます。宇都宮高校は男子校だったのですが、私にとっては楽園であり、あの頃が懐かしく、大学生活もそういうのがいいなあと思い柔道部にしたということです。

柔道スタイルは残念ながらまだ決まっていません。今は乱取りにおいては先輩や同期にボコスカですが、体づくりと柔道の基礎基本を身につけ、練習に食いついていけるよう頑張ります。よろしくお願いします。

読みにくい文ですみません。明日は文才溢れる甲斐君です。よろしく。