新入生のみなさんに向けて:そして、みんな柔道のことばっか考えてます。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
新三年の山崎です。
新入生のみなさんにとっては、どの部活に入るかは4年間の大学生活を左右する重要な問題でしょう。
今日はそんな話です。

どんな部活に入るかで、学生生活はおおきくかわってしまいます。
チャラチャラしたサークルに適当に入って適当に過ごすのも人生かとは思いますが、せっかくの学生生活がよくわかんないテニスとよくわかんない飲み会で終わるのはさすがに不本意なのではないでしょうか?
一つ言いたいんですけどいいですか?
せっかく大学に入ったのだから、何か一つのことをとことんつきつめるべきではないでしょうか?
あれもこれもやりたい、と今は新入生のみなさんは思っているかもしれませんが、実際あれもこれもやってる東大生は一人もいません。大学では柔道をやっていました、と胸を張って言える。柔道部ならば、この点に関しては絶対に後悔はさせません。
柔道部に入って、僕たちと共に強くなりませんか?
柔道に興味のない人はそろそろページを閉じる頃かと思いますが、まあサークルに入るにしてもよく選びましょう。

柔道部は4月以降、常時、練習会を開催しています。
見学だけはもちろんのこと、実際に柔道着を来て汗を流してもらうこともできます。
場所は駒場の第一体育館柔道場、日時は毎週、火曜日6時から、木曜日4時半から、金曜日6時から、土曜日2時から、となっています。
経験者はもちろんのこと、未経験者も毎年入部していますので大歓迎です! ぜひ気軽に来てください!
練習会後にはもし時間があれば一緒に食事に行きましょう。一年生の間はもちろん無料です。土曜日の夜には、焼き肉に行きたいですね! 俺は行きたい!

柔道部に入れば、学生生活は保証済みです。柔道、筋トレから勉強、飲み会、合コンまで、柔道部は「全部入り」です。僕の同期の今村にも彼女ができました。てかもっと言えば、今村は正直どうしようもないやつですが、柔道部のおかげで留年をまぬがれました。詳しくは練習会に来て彼に聞いてください。
そう、それだよ。新入生のみなさんがいちばん心配しているのは、柔道と勉強の両立なのではないでしょうか?
結論からいえば、両立できます。柔道部は練習より授業優先です。基本的に練習時間帯は授業時間とずらしてあり、それでも練習に授業が重なった場合は、当然授業に行きましょう。また試験の一週間前からオフを取りますので、集中して勉強できます。どうせ一週間以上前から勉強しはじめる大学生はほとんどいないですし、一週間あれば大抵間にあいます。僕自身、柔道の練習をしつつ、クラスでぼっちだったので柔道部員に試験情報を聞きつつ、柔道部の先輩にいただいた教科書で勉強し、天才の墓場、マジキチ集団、TwitterのTLでテンソルダンス、でおなじみの理学部物理学科に進学できました。リブツ行けてよかったー。
同期の北藤は、練習するために大学に来て、ついでに授業に出て単位をとっていました。柔道のおかげで単位がとれたと申しています。
このように、勉強に関しては心配はいりません。
あと、柔道部部長の松原先生は駒場の教授ですが、授業がめちゃ面白いです。

ええと、なんの話だっけ?
てか柔道の話してなくね?
柔道部は、6月にある七大戦での優勝を目指して、日々稽古に取り組んでいます。
柔道は日本一なら世界一が期待されるほど競技レベルが高いため、マイナースポーツで俺ら強いみたいに言ってる部活のように日本一を目指すレベルには程遠いですが、柔道部は東大の運動会の中でも最も硬派で正統派の部活の一つと自負しています。
柔道にかける情熱が違います。
練習に関してですが、パンフレット等では寝技を何故かプッシュしていますが、実際は立ち技も寝技もよくやります。立ち技をやりたい人は立ち技主体で、寝技をやりたい人は寝技主体で柔道を組み立てています。立って良し寝て良しとはよく言ったもので、その通りです。
でも練習きついんじゃないの?って思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。普通です。慣れます。てか運動会のくせに「練習きつくないよー」とか言って新入生惑わすやつら何なの? 「今日もガチでテニスしてマジつれーわー」とか言ってる人たちよりはさすがに辛い練習をしているとは思いますが、経験者も、未経験者も、確実に強くなります!
そして、みんな柔道のことばっか考えてます。

こんな紹介でいいのかな…?
ぜひ柔道部に入って、一緒に強くなりましょう!
スポーツダメって人でも、マネージャーになってください!
詳しくは、新歓のテントやサークルオリで聞いてください。

七大戦、優勝しようぜ!

8月12日

2年の山崎です。
本日は首都大の方々が出稽古にこられ、充実した練習となりました。
どうもありがとうございました。

最近、プラス思考で生きることにしています。
本日筋トレをしながらの、金田一との会話(抜粋)、
「どうせ俺らが筋トレしてる今頃、みんな海行ったり旅行したりしてるんだろ?」
「いや、違うね。俺が柔道部入ってなかったら、みんなが海行ってるのを知りつつ、誰にも誘われず家でゴロゴロしてたよ。」
「柔道部じゃ無かったら、夏休みの真ん中にある俺の誕生日もきっと家族にしか認知されなかっただろうね。」
「しかも、よく考えたらちゃんと9月に鹿屋でがっsh…お泊まり会があるらしいじゃん!」
「すげー! 柔道部楽しい!」
「俺ら、リア柔!」
昨日はぐっすり眠れました。
明日の練習開始が午前でなくて、とても幸せです。

【自己紹介】一年の山崎です

柔道部1年の山崎隼汰です。

先週、僕の友達に彼女ができたことを知りました。実は彼女ができたのはけっこう前のことだったそうですが、練習の厳しい8月中はいじりに耐える余裕がないから秘密だったそうです。秘密だなんて、水臭いことするじゃんか。

僕が12歳の時、高校生が眩しくて、眩しくてしょうがありませんでした。あの黒い制服につつまれた、背の高い「大人」になる時が自分にも来るなんて、実感が湧きませんでした。高校生になれば、自然に彼女ができて、毎日が新鮮、そんな風にイメージしていて、彼らに憧れていました。
しかし、現実は、残酷です。僕の出身校である海城は、中高一貫校で中学・高校共に男子校だったのです。東京大学理科一類に所属する今も、状況はあまり変わりません。理科一類は女子比率が圧倒的に少ないからです。僕に彼女ができる可能性は、限りなく0に近かったのでした。
思えば、中学に入学したあの日から、僕の時は止まってしまったのかもしれません。「大人」であった「彼ら」がすでに年下となってしまった今でも、僕は「彼ら」に憧れ続けるのです。あの日と同じように。

強さとは、一体何なのでしょうか?

あの日からの日々を振り返ると、いつもそこには柔道部。僕は中一の時、柔道部に入り、柔道をはじめました。柔道をしていて得られることは、柔道のことだけでは無い、と、僕は思う方です。
東京都は強豪校も多く、特に高校の時は勉強との両立もあって、都大会で人に自慢できるほど勝ち上がった記憶もありません。それでも、自分の未熟さを認め更なる上を目指して努力することが大切なんだ、って。それは柔道を通じて感じたことですが、受験の時も、今も、実感しています。受け入れること、諦めないこと、それも「強さ」の一面なのかもしれません。

だから、僕は、受け入れるのです。
彼女ができたんだって? おめでとう! 神様、彼に幸せを、ありがとう! そして僕の時がいつか動き出すことを祈って……。

次はきっと、彼が自己紹介をしてくれるでしょう。