静岡合宿

こんにちは。久しぶりのブログとなります。とうとう4年になった遠矢です。
4月に入り新年度が始まりました。東大にも新入生が入ってきましたが農学部はキャンパスが違うためまだその若さに触れてはいません。
さて僕たち東大柔道部は3月28日から2泊3日で静岡県に合宿に行ってきました。今回は少し長く、拙い文章ではありますが合宿について書きたいと思います。

※練習の内容を詳細に伝えてもただでさえつまらないブログがさらにつまらなくなってしまう可能性があるのでそれ以外のことを中心に書こうと思います。練習が一番大変であったのは言うまでもありません。(練習の内容などは1年生が来年の赤門柔道に遠征記をかいてくれることでしょう)

今回はバスで静岡まで行ったのですが道中高速道路で大渋滞に巻き込まれて静岡駅でゆったりと静岡名物を堪能するという工程が早くも頓挫し僕たちはバスの中で食事をすることになりました。この時に事件が起きました。東大柔道部一のモテ男でありへたれでもある橋本がバスの中で納豆巻きを食べようとしたのです。このこと自体は個人的には別に気にしていなかったのですが、これに対して関西出身の某舘林が、バス内が凍りつくほどの剣幕でキレたのです。ある部員が茶々を入れてなだめようとしたものの全く意味はなく気まずい雰囲気のまま静岡に到着してしまいました。関西人は納豆が嫌いというのはどうやら本当のようです。

静岡につくとすぐに静岡商業高校に行き、そこで静岡商業を含む複数の学校と合同練習をしました。高校生の若いエネルギッシュな姿に自分たちの年齢的衰えを痛感せずにはいられませんでした。

練習の後、焼津高校の伊藤先生と静岡商業の佐野先生の車に分乗させていただき焼津にある伊藤先生の道場まで行きました。ここが僕たちの宿泊場所でした。僕は高校から柔道を始めたため町道場というものに行ったことがなかったので非常に感動していました。すぐ近所には桜がきれいに咲いており景色がとてもきれいでした。

少し休んだ後食事の時間になりました。さすがは静岡、食卓には新鮮なマグロやいかの刺身が並んでおり我々柔道部一同は歓喜の声を上げていました。味は言うまでもなく絶品でした。この刺身は松原先生と伊藤先生の共通の知り合いである坂本先生よりいただいたものだそうです。本当にありがとうございます。
また夜に松原部長と伊藤先生の共通の知人でいらっしゃる溝口紀子先生がいらっしゃいました。溝口先生は松原・伊藤両先生に静岡の銘酒「喜久酔」をお土産に持ってきてくださったのですが松原先生及び伊藤先生のご厚意で我々部員も希望者は飲ませていただくことができました。僕も飲んだのですが非常においしくびっくりしました。気付けば数名の部員で大半を飲んでしまいいくら先生方のご厚意とはいえ遠慮がなさすぎたなと反省しております。
次の日は名門静岡学園に練習に行きました。さすがは全国大会の常連、高校生とは思えないほどの強さでした。インターハイ3位の選手もいてそういった選手と練習でき非常に良い稽古でした。静岡学園では練習後にキンキンに冷えたアクエリアスを差し入れとしていただいたのですがこの日は気温が高かったため本当にありがたかったです。また個人的には今年の夏に自宅に泊めた静岡学園の柔道部の子に再開でき、相手も僕のことを覚えていてくれたのがすごくうれしかったです。午後は伊藤先生の紹介でプロサッカーチームのトレーナーをされている方に来ていただき体幹トレーニングやストレッチについての講習会がありました。腹筋系のトレーニングは特にきつくて普段いかにインナーマッスルをつかえていないかということを痛感させられました。夜はまた伊藤先生にごちそうになりました。伊藤先生からこれもまた静岡の銘酒である「磯自慢」をいただき希望する部員で伊藤先生とおいしくいただきました。
最終日は朝から静岡商業の佐野先生が出してくださったバスに静岡商業の学生さんに混ざり東大柔道部も乗せていただき沼津東高校へ行きました。ここではかなりの学校が集まっており初日、2日目とはまた違った雰囲気で練習しました。この日もやはり高校生は若いなあと実感させられた一日でした。

無事にすべての日程を終え帰宅の途についた時にまたトラブルがありました。電車が遅れており、一部運休も出ているほどダイヤが乱れていました。案の定途中で強風のため停車して結果的に1時間ほど帰る時間が遅れてしまいました。
そんなこんなでトラブルに始まりトラブルに終わった合宿でした。また最終日には合宿早々に起きた舘林マジギレ事件もネタになるくらいに部員同士の結束力もより固まったのではないでしょうか。そして普段柏崎先生や松原先生がおっしゃっている柔道を通した人との出会いというものを身近に感じました。

最後にこの合宿で車での送迎や食事の準備など大変お世話になりました伊藤先生をはじめ各高校の先生・OBの方々、静岡でお世話になったすべての方に簡単ではありますがこの場を借りてお礼を述べさせていただきます。本当にありがとうございました。

夏練、始まりました。

こんばんは。遠矢です。農学部に行けばフル単(単位を一つも落とさないこと)なんて楽勝っしょ!と余裕をぶっこきすぎて不可をいただいてしまいました。フル単の可能性を残しているのはあと3学期分だけなので頑張ります。

今日10日から夏練が始まりました。僕ら幹部学年にとっては最後の夏練です。しかし今年も例年同様猛暑です。猛烈です。暑いです。熱中症になりそうです。しかし今年の夏練を乗り越えればきっと得られるものがあるので今まで以上に頑張ります。

そういえばこのオフで帰省したのですが、その際電子レンジと冷蔵庫のコンセントを間違えて冷蔵庫だけ抜いてしまったため、中が悲惨なことになっていました。悲しいです。

最近ブログの更新頻度がひどいので部員一同もっと積極的に情報発信していこうと思います。というわけで次は幹部になってその胸筋に拍車のかかった舘林がブログを書きます。

受験シーズン

こんばんは。2年の遠矢です。WEB担当の山崎さんより受験生へ向けてメッセージ性のあるブログを書くように申し付けられましたので僭越ながら書かせていただきます。
まずどうでもいいですが僕の近況についてです。学部の試験も終わり、レポートも提出し終えた今何の雑念もなく春練に集中できるという素晴らしい状況です。以上です。大したことありません。

現在僕たちは春練中ですが、この時期といえば受験シーズンでもあります。巷でもあらゆる合格グッズがこの時期を待ってましたと言わんばかりにあふれかえっていますね。今どきの合格グッズはキットカットなどの有名どころだけではないようです。木から「落ちない」コアラのウン(運)チを配合したしおりなど様々なものがあるようです。大学生になった今でこそ「コアラの糞なんかいらんやろ」と思いますが、思えば自分自身受験の時は色んな神社のお守りを持っていたり縁起を担ぐというほどたいそうなものではありませんが、朝食を食べた後のルーティーンを決めていたり地味なこだわりを持っていたことを思い出しました。まだ見ぬ東京に思いをはせていた若かりし日の思い出です。でもなんだかんだ言っても個人的には一番の合格グッズは自分が一番力を出せるものなのだろうと思います。自分が大切にしているものとか好きなものとか何でもいいと思います。逆にキットカットは「カット」とか入ってるし、ポケットに入れてたらホッカイロで溶けてぐちゃぐちゃになったのであんまり好きではありませんでした(笑)。(※これは僕個人の意見です。キットカットもキットいいと思います。)

なんかどうでもいいことばかり書いてしまいました。もしかしたら受験勉強の息抜きに柔道部のブログを読んでくれている受験生がいるかもしれないのでまじめな話をしようと思います。ただ僕は「成績優秀で東大合格!」という人間ではありませんので参考にもならないかもしれませんが…。
受験が近づいてくると緊張するかもしれません。これは当然の感情です。模試の成績がA判定じゃなかったからヤバいと思うかもしれません。でも緊張しすぎることはないのではないと思います。むしろ気楽でいるぐらいの方がいいかなと思います。模試の成績なんて所詮模試受験時点での成績だし、僕なんかA判定を見たことありませんでした。また僕の場合は、まぁダメだったらもう1年勉強するかぐらいにしか思っていなかったので程よい緊張感で試験に臨めました。ただ気を抜きすぎないように気を付けてください。あと睡眠はとっておいた方がいいかもしれません。
逆に現時点で「余裕だわ」と思っている人も最後まで気を抜かずに頑張ってください。普通にやれば合格できると思いますので。

偉そうに長々と書いてしまいましたが一番言いたいのは、受験生の皆さん頑張ってください!そしてもし東大に入ったら是非柔道部に来てみてください。大学4年を捧げるに値する日々があなたを待っています!皆さんと一緒に練習できる日を心から待っています!!

徒然なるままに・・・

こんばんは。2年の遠矢です。実は柔道部の駒場祭副責です。(ほぼ何もしていませんが)
いよいよ駒場祭を明日に控えた今(カレンダーではもう今日ですが・・・)遠足に行く前日の子供のようにわくわくしてなかなか寝付けないのでブログを書くことにしました。ただテンションが上がっているだけで別段面白いわけではありませんので期待しないでください。
今日は駒場祭の関係で道場が使えなかったので神保町の近くに出稽古に行きました。練習が終わり、帰ろうとしたところ東京ドームホテルが遠くに見えました。僕は後楽園から定期があるので後楽園まで歩くことにしました。すると途中、よい定食屋を見つけました。割と肉が食べられるうえご飯のお替り自由という素晴らしいものでした。そこでお腹を満たすと少し歩きたくなりました。よい定食屋に出会えたこともありテンションは最高潮。なぜか定期で通る駅を順番に歩こうと思ってしましました。
最初は一駅くらいでやめようと思いましたが、初めて通る道だったのでますますテンションは上がり一人暗い夜道鼻歌交じりに歩いていると止まらなくなり、ついには渋谷まで歩いてしまいました。(ただし調べたところ、渋谷~後楽園間は距離に直すと大したことはなかったようです。)
散歩の途中、さすが東京、と感じるものがたくさんありました。たとえばTBSのビルや遠くにぼんやりと見える東京タワー、たくさんの大学の建物、そしてはっと思わず振り返ってしますような美人などです。赤坂、永田町の高層ビル群には圧倒されました。
なぜ渋谷で散歩をやめたのかというと、渋谷から自宅までは以前にも散歩したことがありしかも別に面白いものもないからです。
そこで渋谷から電車を使うことにしたのですが終電の時間が迫っていたためホームには人がごった返し一本前の電車では人数的にもう乗れないにもかかわらず果敢にもチャレンジした結果、本人にとっては大事であっただろう大きなアニメの絵柄の書かれた紙袋がぐしゃぐしゃになったおじさんや酔ってホームに降りだすおじさんなどなかなかカオスな状況でした。僕が乗った電車も当然ごった返しつま先立ちで2駅ほど乗らなければなりませんでした。
ふたを開けてみれば最後の電車が一番疲れました。そして帰宅してブログを書いているのですがそうこうしているうちに興奮が少しずつおさまってきたのかあくびが出始めました。
気付けば文章もだらだらと長くなってしまっているのでこの辺で失礼します。皆さんも是非東京を散歩してみてください。あ、あとできるだけたくさんのOB,OG,父兄の方に駒場祭に是非お越しいただけたらと思います。よろしくお願いします。

オフ便り3

こんにちは。2年の遠矢です。長い長い試験も終わりようやくゆっくりとしたオフを過ごしております。
毎日毎日いやになるくらい暑いですね。
僕は今地元の宮崎に帰省しています。あの尊敬する光武先輩と同郷なのです。しかも出身中学は校区が隣という、驚くほど近い距離にあるのです。
先日光武先輩の実家の近所のうどん屋さんに一緒に行きました。ここのうどん屋にはある名物があります。それは・・・・写真を見てください。

皆さん伝わりますでしょうか?そう、とても大きなかき氷です。スカイツリーブームに便乗している東京でもなかなか見ることができないであろう高さです。(おそらく63.4㎝はゆうに超えているのではないかと思います)
こんなに高いと食べるのも大変です。お椀2つで挟み込むようにして取り分けなければなりません。
食べ終わる頃には店内のエアコンがガンガンなのも相まって体が芯から冷えます。そして間食した直後だけは、もうかき氷はいいわ・・・・と思います。(その後店の外に出ると暑さのためにまたかき氷が食べたくなります)
皆さんも宮崎に来た際にはぜひご賞味ください。
最後に光武さん、かき氷ごちそうさまでした。
とりとめもなく面白くもない記事ですがこれで終わります。