幹部交代に際してのご挨拶

こんばんは、三連投目の寺田です。

前二つの、試合に関する記事の投稿のため遅れましたが、改めて、幹部交代に際しましてのご挨拶を申し上げます。

既にお知らせしましたが、7月3日(日)に行われた全国国立大会の終了をもちまして、幹部交代が行われました。

昨年の全国国立大会の終了後当時の境先輩より主将の任を引き受けてから、新主将としての所信表明をした日が今でも昨日のように思い出されます。試合終了後の池袋での宴会の席では新主将としてのコメントを求められ、コメントの最後に、現役部員に対して「これから、一年間闘うぞ!!」と言いました。そして、部員は皆それぞれ本当によく「闘い」、強くなり、チームを支えてくれました。

 

私の幹部学年はわずか3人と少数でしたが、師範、監督、多くの先輩方のご指導を賜り、そして今や大所帯となった部員、計23人に一年間支えられ本当に幸せな主将であったと思っております。本当にありがとうございました。

 

今季の試合での戦績は、七大戦こそ東北大学に惜敗し、不本意な結果でありましたが、東京学生団体でのベスト20入り全国国立大会ベスト8となり、部員は着実に地力を伸ばしてきております。しかしながら、師範、監督をはじめとして、新幹部学年は今の戦績に甘んじず、勝ちあがり内容の更なる向上東京の一部校などの強豪校への粘り強い闘いといった、より高いレベルへの到達を目指しており、それに見合う稽古に改革していくようです。

 

私自身は正直に申しまして2011年になってからは、関係者の方々が期待するほどの活躍はできず、試合での安定感にも欠け、指導陣の方々にはやきもきさせるような闘いも多かったと思います。最後の団体戦となる先日の全国国立大会でも、正直勝てるかどうかわからないという心境でして、河野監督も我慢して私を起用したことと思いますが、ベスト8までの試合で何とか勝ち、ここ最近の安定感の無い自分に対して一矢報いたような気持ちがしており、大変清清しい気持ちで幹部交代ができたと思います。試合の前から、一切余計なことを考えず、全くの無心(無策、やけくそ、無鉄砲とは異なります)で普段の自分を出すことに専念したのが良かったのかも知れません。もっとも、最終戦の鹿屋体育大学との対戦では1分半ほどで一本負けを喫し、部員の手本となるような試合はできませんでしたが。

 

先ほども申し上げましたが、この一年で東大柔道部のチーム力は明らかにぐっと向上し(これは、部員一人ひとりの意識の持ちよう、努力の結果ですが)、部員も大所帯となり、かつ部員一人ひとりが強さを求めることに対して貪欲になっており、これから、いよいよ更なるレベルアップ(具体的に言えば、強豪校にあっさり0-7の敗退をしないこと、0-7を1-5や2-4くらいになれるようにすること)を求めるスタートラインに漕ぎ着けたという段階にあります。

 

中野新主将率いる総勢23名のチームの更なる力の向上、発展を心から応援して参りたいと思います。

 

最後になりましたが、これまで一年間、力強くご支援を賜りました師範、監督、両親、OB・OGの先輩方、同輩、後輩には心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

前主将 寺田悠甫

【画像ギャラリー】全国国立大学柔道優勝大会

寺田です。記事連投します。

以下、試合の写真を掲載します。(写真は、1年の橋本が撮ってくれました。橋本、ありがとう!)

※写真撮影場所の関係で、選手が背を向けている写真が多いですがご了承ください。

・開会式

dscn21341

 

・対 東北大(東大は白)

dscn2138

・先鋒 光武

dscn2140

・次鋒 中野

dscn2142

・五将 林

dscn2143

・中堅 寺田

dscn2147

・三将 金田一

dscn2151

・副将 山村(決勝点となる4点目の勝利)

dscn2154

・大将 津留

dscn2157

 

・対 大阪教育大 先鋒 石井

dscn2162

↓石井が試合終了間際で抑え込みに入り、一本勝ち。

dscn2164

・次鋒 山村(不戦勝)

dscn2165

・五将 金田一(↓場外際で投げ技を仕掛ける)

dscn2167

↓金田一得意の巴投げに入る瞬間

dscn2169

・中堅 津留(不戦勝)

dscn2172

・三将 光武(開始早々立技で崩し、腰絞めで一本勝ち)

dscn2175

・副将 寺田(不戦勝)

dscn2176

・大将 中野

dscn2177

・決勝トーナメント一回戦(対山口大)

dscn21821

 ・先鋒 津留(寝技で攻勢)

dscn21841

 

・次鋒 金田一(横三角を試みる)

rscn2225

・五将 中野

rscn2226

・中堅 山村

rscn2227

・三将 寺田(腕を取り横三角に入る)

rscn2228

・副将 椿

rscn22291

試合終盤まで相手に有効のリードを許す苦しい展開ながらも、試合終了間際で逆転の技有を奪取。見事、チームの決勝点となる3点目を獲得。

(↓椿が試合終了間際に技に入る瞬間)

dscn21971

・大将 光武(SRTを仕掛ける)

dscn2200

 

・閉会式での整列(東大は列の中心)

dscn2228

・ベスト8入賞

dscn2236

・観戦、応援する部員

dscn2256

・全日程終了後に部員集合

dscn22611

 

いかがでしたでしょうか。今回は過去最大の画像掲載量となりました。

ご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、何故か私のデジカメのデータに3年清水の単独画像が入っていたので、それも追加で掲載しておきます。d(゚∀゚ )

dscn2133

【簡略版】全国国立大学柔道優勝大会(7月3日 於:講道館)

こんばんは、4年の寺田です。

先日、講道館にて行われた全国国立大学柔道優勝大会の試合結果(簡略版)です。

 

我々東大柔道部は、3校リーグ戦で行われる予選リーグで

東北大学と大阪教育大学と対戦し、

東北大学には5-1、大阪教育大学には6-0(不戦勝3つを含む)でそれぞれ勝利し、

16校による決勝トーナメントへと駒を進めました。

 

決勝トーナメント一回戦は、山口大学と対戦し、3-2で東大が勝利しました。

二回戦は、鹿屋体育大学と対戦し、0-7で敗退しました。

 

最終結果は、ベスト8となりました

 

また、この大会終了をもちまして、東大柔道部では幹部交代となりました。

 

お暑い中、応援にお越し下さいましたOB,OGの皆様、

本当にありがとうございました。

 

 

試合の様子、幹部交代に際しての感想などにつきましては、次の記事に掲載いたします。

7月2日(土)

こんばんは、4年の寺田です。

6月の下旬になるや否や急速に季節が移り変わり、日中の気温は30℃を超え、

いよいよ本格的な夏の到来を(とりわけ柔道の稽古中に)肌で感じる頃合いとなって参りました。

 

さて、5月29日の東京学生柔道優勝大会に始まった今シーズンの公式戦は、

6月11、12日の七大戦、6月24日の全日本学生柔道優勝大会を経て、

明日3日の全国国立大学柔道優勝大会を残すのみとなりました。

 

七大戦以降のこれまでの3週間もあっという間に過ぎました。

先日の記事で3年清水が記載しておりますように、この3週間では全日本学生大会が

開催されたこともあり、他大学の現役部員やOBの方々に大勢出稽古に来て頂き、

充実した練習を行って参りました。

 

↓6月25日の合同稽古の様子(合計5大学、総勢60名超)

dscn2128

 

dscn2130

 

 

ところで、明日の全国国立大会を以って、東大柔道部では幹部交代となります。

つまり、私自身が団体戦に出場するのは、明日が最後ということになります。

引退試合ということで思う所も多々ございますが、まだ仕事は終わっていませんので、

本日のコメントはこれくらいにしておきます。

余計なことを考えず無心に闘い、そして悔いを残さぬ試合をしたいと思います。

 

それでは今晩は、この辺で失礼致します。

第60回全国七大学柔道優勝大会

主将の寺田です。

先日、北海道にて開催されました七大学柔道大会の結果をお知らせ致します。

我々東大は、一回戦は、東北大学との対戦となり、1人残しで敗退しました。

そして、敗者復活戦の一回戦では、本大会主管校の北海道大学と対戦し、

7人残しで敗退しました。

最終結果は、最下位(第6位)です。

 

今大会に向けて、部員一同練習に励み、また、師範、部長、監督、そしてOBの皆さま

には、多大なるご指導を賜り、本大会に対しても厚いご期待を頂戴しておりましたが、

ご期待に全くお応えできぬ結果となってしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。

 

初戦の東北大との試合は、抜きつ抜かれつで3対3の同点で副将戦(14人目)まで

もつれ、副将であった筆者が相手の分け役を抜くことができず、大将決戦で東北大

の主将が勝ち、東大が敗退しました。

戦力的には、やや東北大有利かと思われましたが、東大の筆者以外の14人の選手は、

本当によく健闘しました。これ以上ないという良い展開で副将で出場する筆者にバトンを

渡してくれましたが、私が勝利できず、あと一歩及びませんでした。

 

敗者復活戦の北大との試合では、こちら側の抜き役が完封され、また3番目に

出場した相手主将に5人抜きをされ、7人のビハインドで副将の筆者の出番と

なりましたが、中堅に配置された相手の抜き役の防御を最後まで突破できず、

7-0の大敗を喫しました。

 

敗戦の責任は全面的に筆者にあります。私が与えられた役目を果たすことが出来ず、

師範、部長、監督、部員、他関係者の皆様には背信の試合をしてしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。 

 

また、はるばる北海道まで応援に駆けつけて下さった関係者の方々には、この場を

借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

他にも思うところは沢山ございますが、ひとまず今回はこれにて記事を

終わりに致します。 

後日、詳細の試合結果と戦評を掲載致します。

 

※全試合の結果は、以下のようになりました。簡潔に掲載いたします。

(東大の試合の詳細版は、赤門柔道のサイトにアップされます)

・一回戦:東大 対 東北大 →1人残しで東北大の勝ち

     九大 対 名大 →3人残しで名大の勝ち

     阪大 対 京大 →1人残しで阪大の勝ち

・敗者復活戦一回戦:東大 対 北大(主管) →7人残しで北大の勝ち

             九大 対 京大 →1人残しで九大の勝ち

・敗者復活戦二回戦:九大 対 北大 →1人残しで北大の勝ち

・準決勝戦:阪大 対 北大 →?人残しで北大の勝ち

       名大 対 東北大 →5人残しで名大の勝ち

・決勝戦:名大 対 北大 →1人残しで名大の勝ち

 

優勝:名古屋大学

準優勝:北海道大学

第3位:大阪大学、東北大学

6月9日(木) ~七大戦遠征前夜~

こんばんは、4年の寺田です。

いよいよ、北海道にて開催される第60回七大学柔道優勝大会が

近づいて参りました。

本日、本学柔道部は、七大戦前の東京での最後の練習を終えました。

明日の午前中には、北海道に乗り込むこととなります。

 

ここまで、1年間稽古を積んできて、部の強化をして参りまして、

いよいよ、最も重要な大会へと臨むことになります。

試合は、思い残すことのないよう、全員が全力を尽くして

勝利に向けて戦って参ります。

 

 

それでは、明日の起床時間も早いことですので、

短い記事ですが、このあたりで失礼いたします。

平成23年度東京学生柔道優勝大会

連投します。寺田です。

先日行われました東京学生柔道優勝大会についてお知らせ致します。

各選手の詳細については、後ほど赤門柔道のサイトにアップされます。

 

・一回戦:対 明星大学 【勝ち】

先鋒津留が、初戦の緊張からか有効を2つ先取されるものの、その後内股から抑えて

合わせ技一本勝ち。次鋒以降も危なげなく一本勝ちを重ね、6-1で勝利。

 

・2回戦:対 帝京大学 【負け】

昨年と同じく、一部校の帝京大学との対戦。本校の各選手においては

戦い方の方針の見える戦いぶりを披露し、寝業で攻勢を見せるなど

淡白な試合は無かったものの、地力の差はいかんともし難く、

去年と同じく0-7で完敗。敗者復活戦に望みを繋げます。

次鋒で出場した3年生清水が180cm、100kgの強豪選手

(この選手は、強豪國學院大學の選手に引き分け)に対し、

再三、デラヒーバガードから寝業でしぶとい試合展開をしたのは

本校の選手も大いに見習うべきものでした。

 

・敗者復活戦一回戦:対 東京学芸大学 【勝ち】

次鋒の金田一が豪快な一本背負い投げで一本勝ちをし、先制するものの

五将、中堅、三将(筆者)と連続で失点してしまい、悪い流れとなってしまうが、

副将光武が得意の袖釣込み腰で投げてから抑え込み、見事一本勝ち。

大将は、不戦勝となり、結果3-3の内容で本校が勝利。

悪い流れに呑まれず、自分の得意技で素早く勝利した光武の活躍が光りました。

 

・敗者復活戦2回戦(最終戦):対 日本文化大学 【勝ち】

最後の試合の相手は、日本文化大学。大型選手もおり、油断できない

相手。ここで勝利すれば、東京都ベスト20となり、9月の体重別個人戦で

14人の選手を出場させることができます。

先鋒中野、次鋒金田一が危なげなく一本勝ちで、幸先良く2点先制。

五将は山村、対するは175cm、120kgの巨漢。序盤、山村がかけつぶれた所で

抑え込まれかけるが何とか逃げ、その後は、組み手と肩車でしぶとく粘り引き分け。

中堅で一本を取り返されるものの、三将、副将と連続で一本勝ち。

最後、大将の2年林が素早く相手のバックを奪い、送り襟絞めの一本勝ちで締めました。

終わってみれば、5つの一本勝ちで5-1で快勝。この日最後の試合を勝利で飾りました。

 

・試合全体を通して

東京学芸大との試合では、筆者が失点を喫してしまい、流れを悪くして

しまいましたが、他の選手がしっかりカバーしてくれました。全体的に、3年生以下の

選手の地力の向上がしっかりと見られたように思います。一部校との対戦ではまだまだ

地力の差はありますが、それ以外の試合で各選手が素早く一本勝ちをし、余裕を持って

勝利できるようになったのは、日頃の練習(投げからの素早い抑え込みやバックを取って

からの攻め)の成果であると感じております。

課題も沢山見つかりましたが、七大戦に向けて良い流れを作れた試合であったと

思います。

 

私自身と致しましては、非常に悔やまれる試合ぶりを展開してしまい、

チームに迷惑をかけてしまいましたので、

七大戦ではしっかり挽回したいと思います。

 

応援に来て下さったOBの皆さま、誠にありがとうございました。

5月31日(火) ~5月の行事報告(総括編)~

こんばんは、4年の寺田です。

ご無沙汰しております。

最近は、めっきりブログ投稿が絶えてしまい本当に申し訳ありませんでした。

かねてより当ブログを閲覧して下さっている皆様には、

物足りない月間となってしまいましたことをお詫びいたします。

 

本日は5月の最終日ですが、今回の記事は5月の行事を振り返り、総集編として

記載させて頂きたいと思います。4月末の全日本選手権観戦から、29日に開催された

東京学生柔道優勝大会まで、今月は様々な行事が目白押しでした。

記事が少々長くなりますが、目を通して頂けると幸いです。

 

■4月29日(祝・金):全日本選手権観戦@日本武道館

去年にもまして、白熱した試合展開、一本勝ちの試合も多く、非常に

見ごたえある選手権でした。

dscn2068

 

dscn2066

 

dscn2099

観戦終了後は、新入生とともに池袋の焼き肉店に

行き、懇親会。更に、その後は七徳堂にて2次会。

新入生には、思い思いに自己紹介をしてもらいました。

 

■4月30日~5月5日:ゴールデンウィーク強化練習

この期間は、毎年恒例の強化練習を行いました。

東京学芸大での合同練習(二部練)や、市立柏高校

の柔道部を駒場に招いての試合練習などが行われました。

 

■5月15日(日):赤門総会

この日は、赤門総会で、午後2時から現役OBの対抗戦が行われました。

入部したての1年生はデビュー戦となり、1年生がいきなりの活躍を見せ、

終盤には3年生光武の3人抜きの活躍もあり、2人残しで現役が勝利。

試合後は、東大柔道部戦後60周年記念行事として、本郷キャンパスの

「山上会館」にて盛大に懇親会が開催されました。

懇親会では、60年の東大柔道部の歩みを各世代のOBの方々が

スピーチをしながら紹介したり、1年生の自己紹介が行われたり、七大戦

に向けての所信表明が行われたりしました。

dscn2101

 

■5月17~20日(火~金):朝練合宿

今年も、4日間、七徳堂で朝練合宿を行いました。

寝技の基本の技術を再確認し、乱取りやサーキットトレーニングで

強化をしました。

 

■5月29日(日):東京学生柔道優勝大会@日本武道館

東京学生柔道優勝大会については次の記事で紹介いたします。

【練習会(技講習会)の告知】

連投します。寺田です。

今週の26日火曜日の柔道部の練習時間(18:00~)において

新入生向けに柔道の技講習会を行います。

既に柔道部の練習に来たことがある人も、そうでない人も

奮って参加してみてください!

 

↓去年の練習会(2010年4月27日)の様子を載せたブログ記事を参照してみてください。

http://blog.akamonjudo.com/2010/04/27/234232

茶話会が行われました

4年寺田です。

先週木曜日開催いたしました茶話会についての記事です。

今年も、去年と同様に渋谷の居酒屋「甘太郎」にて茶話会を行いました。

今年は、去年より一人多い12人の新入生が来てくれました。

また、その中でも入部の意志のある新入生の割合も高く、我々と致しましても

非常に手ごたえを感じている次第であります。

今年も、去年に引き続き多くの部員の入部が見込めそうです。

dscn2059

 dscn2060

 dscn20623

dscn20641

 

新入生としては、運動会の柔道部といえども、思った以上にアットホームで

和やかな雰囲気であると感じてもらえたのではないでしょうか。

 

今週も、練習会全日本柔道選手権大会の観戦など

まだまだ新勧行事は目白押しです!

茶話会に出席してくれた新入生はもとより、まだ柔道部に見学に来ていない人でも

いつでも大歓迎です。

是非是非奮って参加してみて下さい。お待ちしています!

 

また、末筆になりますが、今年も多くのOB・OGの先輩方に茶話会へのご参加と

ご支援をいただきました。

本当にありがとうございました。