引退

久しぶりの投稿となります。4年生の高渕です。

私は先日の全国国立大会をもちまして、幹部を交代いたしました。つきましては、これが私の最後のブログ投稿となるかと思います。引退に際しまして、皆様にご挨拶申し上げます。

 

まずは、先月北海道で行われました七大戦におきまして、初戦の東北大学戦で不甲斐無い試合をして皆様を落胆させてしまった事を心よりお詫びいたします。

私は大将での出場となり、私までの14人の先輩、後輩、同期の試合をずっと見て、応援していました。

 

これ以上良い展開は無いと言える程、素晴らしい内容でした。

 

正直、総合力や寝技の地力では東北大に分があったと思いますが、3年生以下の後輩たちが自分より格上の選手に対して、死に物狂いで今までに見たことのないような気迫のこもった試合をし、相手の取り役に連続で抜かれる事もなく、さらに値千金の勝ち星を挙げてくれました。相手の焦りが手に取るように伝わって来ました。応援していて言葉を失うほど、本当に感動しました。

また、同期の寺田も試合中に右手の指を負傷しながらも、一歩も引かず8分間攻め続け、大将決戦となりました。

ここで、私がしっかり引き分けて、代表戦へと望みを繋がなければなりませんでした。最上級生として、当然果たさなければならない仕事でした。

 

しかし、私はその仕事を果たすことは出来ませんでした。開始早々に足絡みの状態にされ、何も出来ないまま抑え込まれ一本負けしました。その瞬間、東大の負けが決定しました。私以外の14人は、本当に素晴らしい試合だったと思います。先輩方、後輩達は優しいので私を責めたりする事は有りませんでしたが、誰がどう見ても私の敗戦がチームの敗戦に結び付いたと言うと思います。

これまで私をご指導して下さった先生方、OBの先輩方のご恩を仇で返す様な試合をしてしまいました。敗北の瞬間、頭が真っ白になり、何も考えられなくなり、その後東京に帰るまで後輩、同期、OBの方々と誰とも目を合わせる事が出来なかった事を数時間前の様に思いだします。「こんな最低な自分になんで先輩達は怒らず、『お疲れ様』っていうんだろうか。自分はそんな言葉を掛けてもらう資格なんて一切無いのに。俺のせいで負けたのに。」とずっと考えていました。

 

 

 

私が幹部になったばかりの頃だと思いますが、ある先輩がこんな言葉をかけて下さいました。

「お前らの代は3人しかいなくて、心細いかもしれないけど、三者三様の重要な役割を持ってるんだよ。寺田は、柔道経験者で高校生の時に県で上位に進出したり、団体のレギュラーを務めたり、結果を残してきた後輩の、高渕は柔道経験者だけどそんなに強くなかった後輩の、そして堀内は柔道初心者の後輩の見本になってるんだよ。」

 

この言葉を聞き、私はとても身が引き締まる思いがしました。自分が見本となって、恐らく東大柔道部員の多くを占める、「一応柔道はしていたけれど、そこまで強くはなかった人間」が、東大柔道部での4年間でどのように成長すべきか、日ごろの練習、さらには試合結果で示さなければならないと思いました。

 

そのために幹部であった一年間、何よりも柔道を最優先し、強くなる事、結果を残す事をずっと追求してきました。

しかし、寺田が持ち前のパワーに加え、七大ルールへの順応に苦しみながらも、得意技の裏投を封印してまで腕絡、腕ひしぎ三角固等の強力な技で一本勝ちを量産し他大の脅威となる強力な取り役に成長し、堀内が正対下からの攻めをしっかり身に着け、得意技のスパイダーガードで強い相手を完封する様な試合が出来るようになったのに対し、私はあまりに成長度合が少なすぎましたし、結果も残せませんでした。結局最後まで、立ち技も寝技もどちらも中途半端で、これといった決め技も無く、試合で決まるレベルには達しませんでした。守りにおいても、体重の軽さ、力の弱さが最後まで改善されず、確実に守る事も出来ませんでした。

 

 

改めて幹部であったこの一年間を振り返ってみて、自分で納得のいく結果が何一つ残せなかった事が本当に残念です。また、先程述べたように、こんな自分を幾度となくご指導して頂いた先生方、多忙な中で稽古をつけて下さった先輩方のご期待に応えられるような選手になれず、本当に申し訳なく思います。そして何より、一年間付いてきてくれた後輩達の頑張りに七大戦で応えられなかった事が一番心苦しいです。幹部でいる時には、「自分の同期、後輩たちはこんなにも良い奴らで、こんなに日々頑張っていることを少しでも世の中の人に知ってもらいたい」という思いで一杯でした。そのために、何としても七大戦勝利を実現したかったのですが、それが叶わず残念です。

 

この度引退という事で日々の部活動からは距離を置きますが、柔道も、東大柔道部の事も心から大好きですので、ずっと応援し続けます。後輩達には、寺田や堀内の様な偉大な先輩を見習い、自分のスタイルを作り上げていって、試合で実力を十二分に発揮できる選手になって貰いたいと思います。

後輩の皆が一つでも多くの勝利を手にする為に、私も今後協力は惜しみません。私が道場に来たら、「よし、自分の技を試すのにちょうど良い練習相手が来た!」と思って、私を投げて、抑え込んで、絞めて、関節を取って下さい。皆が強くなるためには、自分の体はいくらでも貸します。

 

 

 

最後になりましたが、主務であった一年間は、大変なことも多くありましたが、それを上回る貴重で有意義な経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。私の至らなさにより、様々な方にご迷惑をお掛けしたことを、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

今後の東大柔道部のさらなる発展を心よりお祈りして、最後の投稿としたいと思います。

ありがとうございました。

 

4年 高渕 滋輝

今後の練習予定についての連絡です。

お世話になります。主務の高渕です。

先日発生いたしました東日本大震災を受けまして、東京大学運動会全体の見解が本日、以下のように纏まりました。
・本郷、柏、検見川の全ての課外活動施設の利用停止
・今後の合宿の自粛
・課外活動の自粛
の3点となります。

また、駒場キャンパスにおきましても、第二体育館、トレーニング体育館は、地震による建物へのダメージ確認を行うため、使用禁止(2~3週間とのことです)となっております。

また、余震、原発問題などが相次いで発生しており、今後の災害について予断を許さない状況です。
つきましては、柔道部の活動は本日より3月21日(月)まで、中止とする緊急措置を取らせていただきます。
部活動中止の期間中は、一人一人の部員単位の活動となりますが、母校への出稽古、筋力トレーニング、ランニング等、練習自体は継続して行ってまいります。

なお、3月22日(火)以降の練習につきましては、現在のところ未定となっております。決定し次第、お知らせさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

8月18日

2年の高渕です。
今日も本郷で二部練を行いました。
火曜は午前に立ち技乱取り中心、午後に寝技乱取り中心という練習内容なのですが、午後の稽古に西森先輩に参加していただき、抑え込みの形や、腕取り、脚抜きといった部分乱取りのポイントについても解説して下さりました。
僕自身、普段つい忘れがちになっていた事を再確認出来たので非常に為になりました。
教わった事を今日の部分乱取りで実践してみたところ、普段自分がいかに無駄な力の使い方をしていたか痛感しました。
これを明日からの練習でしっかり体に覚えさせたいと思います。

前の日記で佐竹先輩も書かれていますが、1年生は練習も真剣だし、分からない点は研究の時間にどんどん質問するなど、とてもいいことだと思います。その甲斐あって、最近正対下の防御なども上手くなってきていると思います。また、とても元気が良く、練習後などは常に圧倒されています。
僕も彼らの元気良さを見習って、明日からの練習も頑張りたいと思います。

5月29日(金)

2年の高渕です。

今日は駒場で18時から20時まで稽古を行いました。
平日にも関わらず、和久利先輩、石橋先輩、黒川先輩にお越しいただきました。ありがとうございます。
先週の日曜日に東京学生柔道優勝大会も終了し、いよいよ七大戦が近づいてきました。僕自身かなり焦りを感じますが、先輩方が言われるように、もう一回基本動作も大事にして、ケガにも注意しながら日々の練習に臨みたいと思います。
また、五月祭の準備等で非常に忙しいにもかかわらず、その合間を縫って稽古に来る一年生も数多くいて、慣れない七大ルールに一生懸命適応しようとする皆の姿を見ると、僕も負けていられないなという気になります。大変なのは自分だけではないという事を理解し、七大戦に向けて、また気持ちを引き締めて頑張っていきたいと思います。

4月13日の稽古

2年の高渕です。13日の稽古は、本郷で行いました。
柏崎先生がお見えになり、OBの方々は大泉先輩、西森先輩、柘植先輩、黒川先輩が参加して下さりました。
また、了徳寺学園の小川選手にも稽古をつけていただき、とても活気のある稽古となりました。
先生やOBの先輩方からは本当に教わる事が多く、僕自身、普段つい疎かになっていた事をご指導頂きました。七大戦まで後2か月程となりましたが、浮足立って焦り過ぎてしまうのではなく、このようなご指導を頭に叩き込み、日々の稽古で確実な物にしていく事が、今何よりも重要だと思いました。

さて、先週は多くの新入生が練習会に参加してくれましたが、今週も練習会を行います。
週末までの日程は以下の通りです。
4/14(火)18:00~20:00
4/16(木)16:30~18:00(その後トレーニング)
4/17(金)18:00~20:00
4/18(土)14:00~17:00
場所は駒場キャンパスの第一体育館一階の柔道場です。先週来れなかった方も気軽にのぞきに来てください。
お待ちしてます!

【自己紹介】1年の高渕です。

文科三類一年の高渕滋輝です。自分は友人に誘われたのがきっかけで中一から柔道を始めました。中学生の頃は、まだ初心者同然だったのでほとんど試合で勝った記憶がありません。高校生になって、やっと県大会でも技が少しずつですが決まるようになり始め、高三の引退まであっという間に駆け抜けていったという感じです。高三で引退して、自分の中ではかなりの充実感を味わえたので、大学では別の競技にもチャレンジしてみようかと薄々考えながら受験期を過ごしました。

しかし、大学に入学し、色々な選択肢が目の前に示された時、僕は今まで継続してきた柔道以上に打ち込める事が見つけられるだろうかという疑問を持ちました。またそれと同時に、柔道への懐かしさが湧き上がって来ました。そして、遅ればせながら入部希望のメールを先輩に送り、入部を決めました。

東大の練習は高校時代よりもずっと寝技に重点が置かれており、最初は非常に戸惑い、無意識のうちに寝技を避けて通っていた過去の自分を深く反省しました。しかし、毎日の練習の中で少しずつ寝技の練習にもついていけるようになり、寝技も試合で勝つ確率を確実に増やす手段として、少しでも自分の技術を高めようと先輩方から多くの事を学ぶ毎日です。今後も、自分が学年が上がった時に後輩に多くの事を伝えられるよう、努力をしていきたいと思います。