新年度

久しぶりの投稿になります、新二年の遠矢です。

時がたつのは早いもので僕も無事二年生です。

キャンパスには4月病を発症したぴちぴちの1年生が溢れ、すでに5月病を先取りしている僕には眩しすぎます。

新年度のスタートということで今年も新歓の季節となりました。

そこで今回は練習に来てくれた新入生を何人か紹介します。

まずは兵庫県灘高校出身の森君です。

彼は今年度最初に練習に参加してくれた1年生です。

経験者ということもあり積極的に乱取等もやっていました。

浪人していたとは思えないほどの体力です(1年前の自分は打込みだけで頭がくらくらしていたので)。

やる気満ち溢れる新入生が来てくれてとても嬉しい限りです。

またとても物腰の柔らかい性格だなあと感じました。

次に東京都攻玉社高校の山本君です。

彼は高校までは野球をしていて柔道は未経験とのことですが、僕ら部員は未経験の彼が柔道に興味を持ってくれたことがとても嬉しいです。彼は未経験者の中で最初に練習に参加してくれました。

練習では道着を実際に着て背負投げや大外刈、いくつかの抑込みなどをやっていました。

積極的に柔道に取り組んでくれてこれまた嬉しい限りです。

彼は飲み会主体の某サークルには入るつもりはなく運動部に入ると言ってくれたとても硬派な男でもあるので、今はラグビーとでどちらに入るか迷っているようですが是非とも入部してほしいものですね。

この二人の新入生に共通しているのは二人ともとても体格がいいということです。

これで筋トレもするようになったら相当なマッチョになるでしょう。

もう一つの共通点は3年生の引越しによって激減した井の頭ユーザーであるということです。

また今日はOBの塩谷先輩の紹介で元ケンブリッジ大学柔道部の方が二人出稽古に来てくださいました。

英語で話さなければ、と緊張していたのですが先にあちらの方から「こんにちは」と日本語で話しかけられてびっくりしました。

と同時にホッとしました。

実は日本語がかなり上手かったのです。

日常会話以下のドイツ語の授業でヒィヒィ言っている僕も見習ってもっとドイツ語を頑張ろうと思いました。

しかし外国語が堪能で柔道も強いなんて、天は与える人には2物も3物も与えるのですね。

そんなこんなで柔道を通して国際交流ができたのは非常に良かったです。

また練習に参加してほしいです。

新年度を迎え柔道部にも新入生、出稽古に来てくださる人が続々と来てくれています。

まだ来ていない、という新入生も気軽に道場に顔を出してください。

もし道着がなくて練習に参加してみたいという新入生には道着を貸し出しているので何も心配いりません。

練習後にはみんなで食事に行きます(1年生はもちろん無料です!)。

他にも、技の講習会や茶話会、全日本選手権観戦など新歓行事はまだまだ目白押しですので今後の告知にも注意を払っていただけたらと思います。

長くなってしまいましたがこの辺で失礼させていただきます。

勝浦合宿

初めまして。

1年の遠矢です。

ブログ初投稿になります。

2月20日~23日の4日間、千葉県の勝浦で合宿を行いました。

この合宿は覚悟していた以上にきつかったです。

初日は午後からスタートしてひたすら打ち込みをやった後に柏崎先生のご指導の下宿舎近くの神社でトレーニングをしました。

このトレーニングはかなりきつかったのですが実は女子の選手のメニューだと知った時は衝撃でした。

そしてやはり世界チャンピオンは違うなぁと感じた発想のトレーニングもありました。

2日目は午前中トレーニングをしました。

海中公園というところまで柏崎先生のご子息の先導で走った後、初日とは違う神社でトレーニングしました。

午後は柔道の練習をしました。

3日目は河野監督も合宿にいらっしゃり、午前は初日と同じ神社でトレーニングして少し道場で柔道をした後、午後は柔道の練習をしました。

そしてその後は柏崎先生、河野監督、2日目にお世話になった柏崎先生のご子息、部員の皆でバーベキューをしました。

天気が朝から曇りだったのですが何とか夜まで持ちこたえてくれました。

柏崎家の皆さんからたくさんの差し入れをいたただきました。

ありがとうございました。

そして最終日は朝からあいにくの雨でしたが、そんな天気など関係なく午前中は柏崎先生のご指導の下、トレーニングを行いました。

ランニングも終盤に差し掛かったころ初日と3日目にトレーングした神社の鳥居が目に飛び込んできてそのままトレーニングした時は絶望してしまいました。

その後宿舎に戻って雨でぬれた服を着替えた後そのまま道場にいって柔道をしました。

午後は1時間ほどトレーニングをして合宿終了となりました。

合宿はとてもきつかったですが、部員全員で乗り切ってきついながらも一体感があり、楽しく終わりました。

ランニングの途中、柏崎先生から勝浦に関することを色々と伺うことができました。

柏崎先生は非常に勝浦に精通しておられました。

勝浦は春鰹の漁獲量が1位であることや昔大津波が勝浦を襲った際に残った大木、勝浦では規模の大きいひな祭りが行われているのですがその由来や、ひな壇の配置の歴史(旧来の日本式から西欧の影響を受けた配置への変化)など知ることができました。

また朝市もランニングの途中で連れて行っていただきました。

他にも学んだことは山ほどありますが、長くなってしまうのでこの辺で止めておきます。

この合宿では柏崎先生のご指導を普段以上に長時間仰ぐことができ、また打込みなどの基本練習にまとまった時間を割けるといった点で非常に有意義なものになりました。

この合宿でお世話になった、柏崎先生、柏崎先生のご家族、日本武道館研修センターの方、そして寺田先輩本当にありがとうございました。

 花の咲かない冬には下へ下へと根を伸ばせ。やがてきれいな花が咲く。

どうしたらもっとブログが更新されるようになるかなと、ヒントを探して、他の七大学のwebサイトをチェックしてみました。すると、某大学の師範のお言葉として、某OBの方(元主将)がタイトルの言葉を紹介されてました。

他の人が書いてくれなかったとしても、そのうち後輩たちが引き継いでくれることを信じて、書き続けようと思います。

 

現在、来週ある必修科目(刑事訴訟法、民法第3部)の試験勉強中です。

法律の勉強は、ひと通り終わるまでは、よくわからない気がします。

この間あった民事訴訟法も、ひと通り終わってから、ようやく個別の項目が理解できた気がします。

このように「結果がすぐに実感できない中、それでも結果を出すためには継続しなくてはならないので、頑張って継続する」というのは大変なことだと思います。

でも、すぐには結果を実感できなくても、努力はなんらかの形で実を結ぶと思います。

受験生の皆さん、今努力を続けることは、間近に迫った試験だけでなく、その後もきっと役に立つと思います。

最後まで諦めずに頑張ってください。

おまけ

最近は文章ばっかりだったので、写真を一枚載せておきます。

東大柔道部のファッションリーダー(笑)

自己紹介

はじめまして1年の小山智之です。

自己紹介をしたいと思います。

出身校は大阪府立三国丘高校で、現在文科一類に所属しています。

柔道は高校から始め、現在初段です。

今回は柔道が僕に与えた影響について書きたいと思います。

中学時代までの僕は運動部や地元のスポーツチームに参加したことがなかったのですが、とにかく体力がなく運動が苦手でした。

それと同時に自分の意見を他人に伝えるのが苦手で、自分の考えを他人に十分に理解してもらえないことが多々ありました。

ところが柔道を始めてから体力が向上したのはもちろんですが、精神面にも変化が現れて自分に自信が出てきたのか自己主張が少しずつできるようになりました。

先生や先輩に対してもそれまでは「は、はい...」ぐらいの返事しかできなかったのが「はあぁい」と元気よく返事ができるようになりました。

そういった変化は今でも続いているようで、夏練前は先輩方がなぜあそこまでリア充のことを引き合いに出すのかよくわからなかったのですが今ではその気持ちがよくわかります。

このようにしてみんな柔道部に教化されていくのかと感心しました。

といった感じで柔道は心身両面において僕に大きな影響を与えています。

柔道がなければ今のこの僕は居なかったでしょう。

たまにもし僕が柔道をしていなかったらと想像することがありますが、多分今ほど充実した(リア柔な?)生活は送れていなかったでしょう。

本当に柔道には感謝です。

話は変わりますが今日の柔道部の活動について報告したいと思います。

今日は寝業研究会に出稽古に行き非常に有意義な稽古ができました。

練習後には黒川先輩にカンパを頂きました。

黒川先輩、ありがとうございます。

部員はファミリーレストランに向かい1週間の練習が終わった開放感の中たくさんご飯を食べました。

こういった楽しみがあるからこそ厳しい練習にも耐えられるのです。

カンパを下さる先輩方には感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。

以上で僕の初投稿を終わりたいと思います。

この後には他の1年のさらに面白い投稿が続くはずなのでそれが楽しみです。