赤柔お疲れ会!!

こんにちは!久しぶりの投稿になります、四年生の佐野です。
引退してから早いもので一か月が経とうとしています。現役時代にはいくら食べてもつかなかった脂肪が最近はおなか周りにつき始め、ぷよぷよしたかわいらしい体に変貌を遂げつつあります(笑)。時が経つのは早いものですね…

さてさて今日は、先日行われた「赤柔お疲れ会」について書こうと思います!

以前、僕の前の赤柔係である北藤さんと話していた時に「主将、主務には慰労会があるのに赤柔係にないのはおかしい!」ということになり、今年から赤柔お疲れ会が行われることとなりました!


当初は北藤さんと僕と二人で酒を酌み交わしながら、赤柔係としての苦悩・赤柔への想い・自分にとって赤柔とは何か…などを熱く語り合う予定だったのですが、


なぜか付いてきた遠矢と北藤さんの財布を補うべく参戦した麟平さんも加わり、いつもの柔道部らしく「部員への(愛のある)悪口で盛り上がる」普通の飲み会になりました(笑)

そしてお会計はすべて北藤さんと麟平さんに奢っていただきました!ごちそうさまでした!
来年以降もこの会は続けていく予定なので、現赤柔係の竹本にはこれを励みに三年越しの悲願である年内発行に向けて頑張ってもらいたいものです^^

ちなみに、もう忘れているかもしれませんが今年の四年生・現役の赤柔締切は8月29日です。ご協力よろしくお願いします!

先週土曜日

こんにちは、2年の佐野です。

先週土曜日のことですが、駒場の道場に、現在警視庁で柔道を指導していらっしゃる江種辰明先生がいらっしゃいました。

前回いらした際には背負い投げを教えてくださったのですが、今回は寝技のトレーニングと、巴投げの講義をしてくださいました。私たちにもわかりやすいように丁寧かつ論理的にお話をしていただき、大変ためになりました。

また、部員との乱取もしてくださり、一流選手の技を間近で見させていただきました。技のキレ、スピードなど、やはりトップクラスの選手はすごいなぁと思いました。

大変貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

下は練習後にとった集合写真です。

それにしても、我々東大柔道部は環境に恵まれているなぁとつくづく思います。

今回の江種先生の件もそうですが、昨年はお忙しい中、井上康生先生がいらっしゃいましたし、師範は柏崎先生がつとめてくださってますし、本当にありがたいかぎりです。

・・・というわけでこのブログを見ている新入生(合格発表はまだですが・・・)のみなさん、この素晴らしい環境で私たちと一緒に柔道しませんか??

オフ便り2

オフ便り第二弾は、先日めでたく20歳になった2年佐野が書こうと思います。これで僕もお酒が飲めるようになったと思うと感慨深いですwww

さて、だいぶ前のことになってしまったのですが、今日はオフ入りの日のことについて書きたいと思います。新入生の方々のために言っておくと、文武両道をモットーとする我々東大柔道部は試験の一週間前からオフをとります。特に夏のオフは約1カ月もあるので、オフ入りの日は、開放感からみんなうきうきしています。
そんなうきうきした気分の中で、最後の練習の後に、帰省中の舘林を除く2年生全員と1年生の森とで焼き肉を食べに行きました。おなかいっぱい肉を食べられて大満足でした。

そして焼肉の後は、チャラサーも顔負けの「オール」というやつをしました。「オール」とは夜から朝まで徹夜でカラオケをするということです。僕は椿以外の同期とカラオケに行ったことがなかったので「みんなどんな歌うたうのかなぁ」と思って楽しみにしてました。ここで勝手にみんながどんな曲を歌っていたのかを紹介すると、オタクG藤はアニソンを歌い、硬派な男K山は懐メロを歌い、隠れチャラ男H本は甘い声でバラードを歌っているという感じで、みんなそれぞれに個性が表れているなぁと思いました。野生児T矢は上半身裸で寝ていました。あと、森はめっちゃ歌うまいです。やばいです。

みんなでカラオケに行けてとても楽しかったです。今度は先輩方も一緒に行けたらいいなと思います。

京都観光

二回目の投稿になります、一年佐野です。
今日は9月に行われた寝技研鑽会後のオフ日について書きたいと思います。

9月8日から10日まで京都で寝技研鑽会が行われ、11日の日曜日はオフだったので一年生で京都観光に出かけました。

まずは清水寺に行きました。

清水の舞台は思っていたよりも高くてびっくりしました。

後藤先生はうれしそうでした。

遠矢の頭が良くなるようにと切実な願いを込めて煙を浴びせました。

清水寺を満喫した後は自由行動となりそれぞれ行きたいところに行きました。

僕と遠矢は「抹茶を飲むこと」と「舞子はんに会うこと」の二つを目標に掲げて行動しました。

抹茶はすぐに見つかり、おいしくいただきました。

抹茶屋さんから出ると三人組の舞子はんが僕たちの前を通り過ぎました。
僕たちはあわててその三人組を追いかけたのですが、近づくにつれて異変に気がつきました。
その三人組は京都弁でなく標準語をしゃべっていました。
生え際のあたりが不自然で、明らかに「舞子はん風カツラ」をかぶっていました。
お互いに舞子はん姿の自分たちをケータイで撮りまくってました。
そうです、彼女たちは観光客が舞子はんに扮した「ニセ舞子はん」だったのです!!!

・・・という訳で、危うくだまされるところでした。

その後坂本龍馬の墓へ行きました。
龍馬の墓は山の斜面にあり、登るのが大変でしたが、なんとかたどり着きました。
調子に乗って品川弥二郎の墓を探そうとしたら迷子になりました。
焦りましたが無事にかえれたのでよかったです。

結局本物の舞子はんには会えなかったのですが、楽しい京都観光になりました。

自己紹介

本年度東京大学柔道部に入部しました佐野雄治と申します。

出身は東京の筑波大学附属高校で、柔道は高校から始めました。入学当初は大学で柔道を続けるかどうか迷っていたのですが、柔道部の雰囲気が好きで練習に通っているうちに入部していました。試合で一本取って勝てる選手になれるようにこれから一生懸命練習します。よろしくお願いします。

ところで、最近僕は持ち物が人とよくかぶります。これまでサンダル、バッグ、シャツ・・・などが先輩方や同期とかぶっています。

今日もTシャツが同期の橋本とかぶり、図らずもペアルックになってしまいました。

前から同じTシャツを持っていることは知っていたのですが、今日ついにかぶりました。

でも、練習中は柔道着を着ているのでTシャツがかぶっていることなど忘れました。

出げいこ先での練習が終わり、筋トレのため駒場に移動するときは橋本と二人で電車に乗りました。目の前の席が空いたので橋本と並んで座りました。

電車を降りると橋本が「前の人が俺らのこと見て笑ってた・・・」と恥ずかしそうに僕に言いました。

確かに男二人のペアルックは気持ち悪いかもしれません。でも僕はもうそんなことは気にしません。そんなことでこのTシャツを着られなくなったら負けだと思います。

なので、僕はこれからもこのTシャツを着続けます。

 

まとめ方がわからないのでこれで終わります。