月並試合にて

どうも、齊藤です。
先日行われた七大学戦のレセプションで、京大のS先輩にブログの記事でからまれました。
「あ、柔術の大会に出ましたのS藤君やん~」
ブログを読んでいる人がいるなんて驚きでした。もっと積極的に更新せねばならないと使命感に燃えた私は、ネタ作りのために講道館の月並試合に出ることにしました。
立ち技の試合に出るのはめったにないことだったので緊張しましたが、寝技を武器に戦っていこうと思いました。
一試合目。相手は中学生でしたが、立ち技の出来そうな雰囲気を醸していましたので、早速寝技に引き込みます。「おおお帯取り返しや!」帯取りがえしを狙いますが、失敗して潰れてしまいました。回り込まれてあっさり抑え込まれ……と見せかけて鉄砲返しで抑え込み。

計算通りさっ(キリッ

2人目は何回か練習したことのあるTさんでした。なぜ白帯なのかがわからないほど強いです。寝技で頑張るしかありません。

引き込んで勝負を挑みますが、あっさり足を超えられて抑え込まれました。
計算通りさっ(キリッ
と思いましたがだめでした。

結果、1人抜きで終了でした。負けはしましたが、試合に出るといろいろ見えてくるものがありました。他の部員も僕を見習って月並試合に出るようにするといいのではないでしょうか。

柔術の大会に出ました。

どうも、柔道部でもっとも不幸な齊藤です。昨日の練習も先輩達に一方的にボコられる3時間でした。果てました。

それはさておき、タイトルの通り、本日4/12、ブラジリアン柔術の大会に出てきました。九州大学obの大賀幹夫先生の主催する、白帯カーニバル&色帯カーニバルという大会です。

本当は打ち込み人形として部員をつれていく予定でしたが、誰も来てくれなかったのでレスリング部のA君を代わりに連れて行きました。柔道部の皆さんには失望したのでレスリング部に入ります。

さて、私は76キロ以下にエントリーしたのですが、計量してビックリ、70.4キロ!(道着込み)
終わってますね。70以下にすればよかったと一瞬思いました。

肝心の試合開始。相手はどうやら引き込みたがっているようですが、こちらも譲りません。同時にケツを床に着く形となりましたが、仕方なく立ち上がって攻めます。強引に両足かつぎに入りますが、相手のケツが重く、足を越えることができません。仕方なくいったん離れて仕切り直し。しかし、相手のデラヒーバが炸裂。バックを取られるのが嫌だったので仕方なく回転して下になりました。これで2ポイント先取されます。

そのまま両者攻め手を欠き終了。

負けました。

お金を払っていたので、持ち前のがめつさで決勝まで行きたかったのですが…残念でした。

身の程を思い知りました。

練習頑張ります。

その前に、飯をくいます。

では、さようなら。

京大遠征

京大合宿の記録

こんにちわ。一年の齊藤です。2月24日から3日間、京大合宿を行いました。
23日の24:00に東京を夜行バスで出発。翌日7:00に京都につきました。初日の練習は9:00からでしたので、バスで寝ていたためむくんでパンパンになった足を引きずりながらの練習となりましたが、この日は練習は午前で終了。昼飯は京大の方たちと一緒に食べました。僕と今野は、水谷君と海野君に連れられてハンバーグを食べました。水谷君は力も強くてとても強かったです。海野君は練習中は真剣な顔をして襲い掛かってきていたような気がしました。というのも終始カメにされていたからです。しかし、練習が終わるとにこやかな好青年に変わっていました。京大のお話などを興味深く聞かせていただきました。「京大のカメは固い」と山中主将が言っていたのを思い出したぼくは、カメの秘訣を教えてもらおうとしたのですが、「必死に掻き出すんや。」それだけ?
夜は僕は早く寝たかったのですが、小林君が僕の鼻の穴に指を突っ込んできて邪魔をしてきてとてもウザかったです。そんなこんなで一日目は終了。
二日目。この日から阪大も練習に加わります。
練習はこれといって何事もなく終わりました。僕は昨日のカメのコツを思い出しながら、必死に掻き出していたら、相手がいやそうだったのでうれしかったです。少しカメが固くなった気がしました。
今日は2部練だったので、午後は僕らの中にも発狂する人が現れました。僕も足がらみで耐えながら奇声を発していたので、他大から「あそこだけ別の競技」と評されていたようです。
乱取りが終わった後は研究の時間です。僕らの質問にも京大・阪大の方たちは隠し立てすることなく教えて下さいました。とても勉強になるとともに、他大のレベルの高さを思い知りました。
僕たちはとても疲れましたが、「寝違えた」などとほざいて練習をサボった立川君だけは元気で、僕にしつこく話しかけてきてウザかったです。そんなこんなで二日目も終了。
3日目。いよいよ最終日です。
苦しかった練習が終わるのがうれしくて、またもや発狂する人が出ました。多分キモチワルイとおもわれていたでしょう。
これまで、人見知りの僕は研究の時間でも聞きたいことが聞けずにいたのですが、せっかく京都に来たのだし、少しでも成果を持って帰ろうと他大の人にもいくつかお話を伺うことにしました。とても優しく教えてくださいました。早く聞いておけばよかった、とおもいました。
練習が終わった後は観光です。僕と古跡と木下さんで金閣寺に行きました。金閣寺は思ったより金色ではありませんでした。日が出ていなかったためでしょうか。
「一行写経」をする場所があったので、みな思い思いの筆を振るいました。

次に龍安寺に向かいましたが、途中山中さんの一行とすれ違うというハプニングもありました。おしゃれな人たちの中で、山中さんだけ明らかに浮いていました。
その後京都の町をブラブラし、京都タワーの風呂に入り、夜行バスで帰りました。
これで遠征は終わりです。

まとめとしては、他大の寝技のレベルはやはり高かったということです。個人的には、寝技で戦いたいと思っているのですが、ぼこぼこにされてしまったので、当面の目標としては、体重を増やす(次の七大までには75キロになる)ことと、組み手(立ち技・寝技両方)を勉強することです。これからも練習を頑張ります。

自己紹介

初めまして、理科1類一年の齊藤哲平です。
柔道は大学からになります。それまでは野球をやっていたのですが、急に格闘技がやりたくなってしまい、1番メジャーそうな柔道をやってみようと思い立ち、入部を決意しました。
柔道はにわかなのですが、これまでやってきて新鮮だったことは、様々な人が出稽古に来てくださることです。野球では練習試合とかそういうのでなければあまり他の道場や大学の人が来ることはあまりないと思うし、技とかのアドバイスをもらったりすることはあまりなかったように思います。
というわけで、日々新しい発見をしています。最近は締めを練習しています。早く締めを乱取りできめたいものだ( ̄▽ ̄)ケケケケ