紀柔館に行ってきました!

こんにちは。お久しぶりです。OBの金田一です。
現役部員は、夏練、東京学生、寝技研鑽会などのイベントが終わり一息といったところでしょうか。新体制になり戸惑うことも多いかもしれませんが、部員全員で協力しあって柔道部を盛り上げていってください。そのうちまた練習にお邪魔します。

さて、一年ぶりくらいの投稿となりますが、今回は柘植陽一先輩のご紹介で7月29日から8月3日まで和歌山の「紀柔館」にお邪魔させて頂いたことについて書かせていただきます。
この企画は、東大柔道部員が紀柔館の方々との交流を通じて柔道の魅力に触れること、そいて柔道部員の社会復帰への第一歩(その必要がない方も多いですが)を目的として三年前から続いており、境さん、熊王さん、林に続き私が4人目となります。先人がコミュニケーション能力に長けた方が多く(というか全員そうですね)、そこに続くのが自分で大丈夫なのかと結構不安だったりもしたのですが、一週間、とても楽しく過ごさせていただきました。

以下、活動報告をとしてつらつらと書いていきます。前の人とかぶる内容もあるかと思いますがご容赦ください。

紀柔館には現在、園児クラスから中高一般のクラスまであり、中高生クラスを館長である腹巻宏一先生が、園児クラスと小学生クラス(このクラスも低学年と高学年で分かれている)を腹巻牧先生が主となってご指導されています。今回の訪問中は午後2~3時ころに小学生低学年クラス、又は園児クラスから始まり、小学生高学年クラス、中高生クラスと順に練習、その合間に勉強クラスが挟まれる、といった流れでした。全体の終了は夜の9時くらいだったと思います。
勉強クラスでは、その時間になると塾生のみんなが率先して机と座布団を道場に並べ、勉強を行います。道場では体を動かすか寝るかしかしない僕は、事前にそのことを伝えられていたにも関わらずその光景に驚いてしまいました。勉強時間中に質問に来てくれる生徒さんもいて、僕が理系であることを伝えていたこともあり、皆さん社会や国語と言った文系科目を避けて理数系の質問をたくさんしてくださいました。ちゃんと質問答えられたかどうか疑問が残るところですが、少しでもお役に立てていれば嬉しいです。

柔道の練習の方では、上記のように低学年側から練習が始まってだんだん上級生のクラスにいくのですが、各クラスにキャプテンがいて、幼稚園の子や低学年の子でも礼や体操の号令などを本当にしっかりやっているのがとても印象的でした。大学生でも礼の順番を覚えていなかったり、体操の号令ができなかったりする部員もいるので見習ってほしいです。練習中はみんなとても真面目に、そして何より楽しそうに練習していて、道場が部活動とはひと味違った町道場ならではの雰囲気に包まれていました。なんか新鮮なような懐かしいような感じで、柔道っていいなと思える時間でした。
中高生の練習は、中学生の生徒さんたちが近畿大会を控えていることもあり、緊張感のある雰囲気でした。メニューでは、補助運動のバリエーションがとても多く、生徒さんに丁寧に教えてもらっても覚えきれないほどでしたが、様々な動きを組み合わせたものだったり、より実践に則した動きだったりと、一般的に行われるものにさらに工夫を加えたものが多くとても興味深いものでした。時期的に乱取りも多いメニューでしたが、その中でも、生徒さんたちは習ったことはすぐ試したり、わからなかったことはすぐに質問したりと貪欲に練習に取り組んでいる姿勢が印象的でした。また、今回も前回の林同様、自分の技術を説明する時間を設けていただき、いくつか紹介させていただいたのですが、そこでもみんな僕の行き当たりばったりの説明にも耳を傾け、分からなかったら質問し、試行錯誤しながら反復し、と技術に対して貪欲な姿勢が一貫されていて凄いなと思いました。

今回は最終日に高校生との座談会という新たな試みも行われました。最終日にいらっしゃった柘植先輩、林、田村に加え、柔道教室のため和歌山にいらっしゃっていた一橋大学の中田先生も参加され、腹巻先生の進行のもと高校生の自己PRや柔道の教育的側面についての議論を行いました。高校生の方々が自分のPRや意見を堂々と発言し、それに対し先生先輩方、また同期の関西人二人がスラスラと回答や指摘を述べていく様を目の当たりにして僕自身自分の未熟さを痛感しましたが、本当に貴重な時間を共有させていただけたと思います。

この一週間、腹巻先生のご自宅にお世話になり、暇な時間には和歌山を案内していただいたりと本当に楽しく居心地の良い時間を過ごさせていただきました。腹巻先生とご家族の皆様、本当にありがとうございました。そして練習等でお世話になった紀柔館の皆様、中田先生、今回の件にお誘いくださった柘植先輩に心より感謝申し上げたいと思います。

本当に楽しく、より柔道を好きになれた一週間でした。この企画が今後もぜひ続いてほしいと思います。

ご報告と幹部交代の挨拶

4年の金田一です。まだ気持ちの整理がついていない部分もあり、何を言っているかわからない文章になるかもしれませんが、七大戦の報告と幹部交代のあいさつをさせていただきます。

先に今村が書いてくれましたが、6月15、16日に行われました七大戦で東京大学は準決勝で名古屋大学に敗れ3位という結果に終わりました。大阪に応援に駆け付けてくださった皆様、また、現地以外からも応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、優勝という報告ができず本当に申し訳ありません。

 昨年の七大戦で悔しい思いをしてから一年間、今年こそは優勝をと部員一同日々練習に励んできましたが、その目標に届きませんでした。主将として、また一選手として、私の力が足りずこのチームを優勝に導けなかったことを本当に悔しく、また申し訳なく思います。部員も誰ひとりとしてこの結果に納得してはいないでしょうが、みんなには一年間こんな主将についてきてくれたことに対しお礼を言いたいです。

 この一年を振り返ると、本当にいろんな人たちに支えて頂いたと感じます。主将をはじめとし至らぬ幹部学年で、皆様には本当にご迷惑をおかけしたと思います。先生方、部長、監督、諸先輩方、また東大のOBではなくても練習に足を運んでくれた方々、合宿や出稽古先でお世話なった方々と本当に数えきれないほどの人々に支えていただきなんとかこの一年を過ごすことができました。お世話になった方々によい報告ができず、たいへん心苦しく感じますが、この場をお借りしまして部を代表し感謝の気持ちを伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。そして、これからもまた東大柔道部をよろしくお願いします。

 短いですが、これで私の挨拶とさせていただきます。一年間、ありがとうございました。

主将挨拶

三年金田一です。幹部交代から2カ月、夏練開始から2週間、遅ればせながら主将挨拶をさせていただきます。遅くなって本当に申し訳ありません。
6月の七大戦をもって中野前主将から主将を引き継ぐことになりました。
未熟者ですが一年間よろしくお願いします。

現在、現役部員は今年の七大戦での悔しさを噛み締め、その悔しさを来年晴らすべく連日稽古を行っております。
これから一年間、部員一同、七大戦優勝という目標を来年大阪の地で達成できるよう精一杯頑張りますので、ご指導、応援のほど、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、この暑い中練習に参加してくださった先輩方、差し入れを下さった先輩方、本当にありがとうございました。

枯れスマス開催のお知らせ

今年の枯れスマス担当の2年金田一です。

今年も枯れスマスは、世間がクリスマス気分で浮かれる12月24日のクリスマスイヴに行われます。

場所はもちろん七徳堂、開始時間は19時を予定しています。

参加資格は去年同様「枯れていること」です。参加資格がある方は、奮ってご参加ください。

8月15日

2年の金田一です。
本日は慶應大学の方々が練習に来てくださいました。いつもより大人数となり、活気のあるいい稽古ができました。どうもありがとうございました。

本日のニュースは部内屈指のチャラさを誇る二年今村がついに坊主にしたことですかね。まあ坊主にした理由は本人の名誉のために伏せとくことにしますけど。
ちなみに坊主にしても彼は相変わらずチャラいままです。

また今日は、一年小山が朝、坊主で登場し、山村先輩も七徳堂で坊主になりました。(この二名は今村のように「ある理由」によってそうしたわけではありません。)

ということで本日は柔道部内の坊主率が急上昇(?)した一日でした。

明日もはやいんでこのへんで「つぶやき」をおわらせていただきます。

オフ中日記

あけましておめでとうございます。一年の金田一です。リアjy…北藤に指名されたため、大変恐縮ですが今年の初投稿をさせていただきます。

オフ中は名大へ出稽古に行ったり、道場の稽古納めに行ったり、高校のクラス会に行ったりしてそれ以外の時間は、食べるか寝るかテレビを見るか、という楽しい日々を過ごしています。そろそろ勉強しなきゃ・・・。ちなみに肝心の体重は最近お腹の調子が悪かったためか、微増にとどまっております。

大晦日は紅白とダイナマイトを見て過ごしていました。個人的には蹴ったり殴ったりの格闘技はあまり好きじゃないんですけど、アリスターの勝ちっぷりや渡辺の暴れっぷりは面白かったです。あ、あと自演乙も。

これからはオフ明けにむけて体力を戻していきたいと思います。夏のように、体重も体力もともに落ちた状態で練習を迎える、なんてことがないようにしないと。

それじゃあ、ここらで終わらせていただきます。次はまだ書いていないリア充に書いてもらうとしましょう。

本郷のお店紹介 〜カレー屋編〜

1年の金田一です。

お店紹介シリーズ第二弾は本郷のインドカレー屋です。店名は失念しました。このお店に行ったのは昨日だったのですが昨日は帰りが遅くなり帰宅したらすぐにバタンキューだったので書けなかったです、すいません。

昨日も人数が多すぎたため2グループに分かれて食事に行きました。そんで三年の寺田先輩、高渕先輩、1年の今村、林、僕の5人で赤門を出てすぐのインドカレーのお店へ行きました。

カレー、ナン、ラッシーと出てきたもの全部おいしかったわけですが個人的にはナンが一番でした。結構大きかったけどたぶんカレーなしでも一枚は食べれます。ほんとにおいしかったです。

今回はお好み焼屋での山崎のようにネタになることがあまりなかったのでこれで終わらせていただきます。

【自己紹介】一年の金田一です

自己紹介させていただきます。

一年の金田一麟平です。所属は理科一類です。出身高校は愛知県の旭丘高校です。中日ドラゴンズの大ファンです。東京では中日の試合がほとんど放送されないので悲しいです。

柔道は小学校一年生の時からやっていて現在参段です。柔道をはじめたきっかけは・・・・・・あまり覚えてません。成り行きで道場に見学に行き、気づいたら柔道着を着せられ受け身をやらされていたような・・・。まあそんなこんなではじめた柔道ですが今では、柔道なくして生活の充実なし、てな感じです。浪人時代は柔道が思い切りやれずにほんと辛かったです。

これからは柔道が思いっきりやれる喜びを噛み締めながら大学での柔道に悔いを残さないように精一杯頑張っていきたいと思います。

短いですがこれで僕の自己紹介を終わらせていただきます。