近況報告

 みなさんこんにちは。久しぶりの投稿となります、三年の石井です。 

毎日めちゃくちゃ暑いですよね(>_<)  寝苦しいですよね。  これが日本の夏なんですね。 今台風きてますけど。

すみません、なんか当たり障りのない挨拶ってことで無難に天気の話なんかしちゃって(笑)

そういえば前に聞いた話なんですけど、イギリス人は知り合いはもちろん、その場で会ったばかりの知らない人とも天気の話をするものらしいです。

そんなわけで今日はちょっとイギリス人気取りな(?)石井がお送りいたします(笑)

 

 さてさて、本題に移りましょう。われわれ東大柔道部は、大学の試験などの関係により、16日土曜日の練習を最後に

オフに入りました。 僕もこれから大量のレポートに追われる身です。

このブログではあっという間に大量の字数に到達してしまうのに、肝心の学期末レポートは全く進みません……

ホント、このブログの文章コピペしてレポートに貼り付けたい気分です(;一_一)  せめてもの字数稼ぎに(笑)

 

 そんな僕たちですが、実は17日も練習してきました。 

というのも、一橋大学で日本聾者武道連合柔道部との合同練習会が行われ、それに参加させていただいたからです。

そこには埼玉大学、首都大学も参加されていて、とても熱気のこもった稽古をしました。

午前午後の稽古のあとにはレセプションも行われ、他団体の方々と交流する機会まで設けていただきました。

そこでは全聾連の方々ひとりひとりが皆の前でお話をされました。柔道をはじめたきっかけや柔道に対する思いだったり。

それぞれの方々がそれぞれの思いを語ってくださいました。 その場にいた僕は胸が熱くなりました。

 

 そういったお話を直接お聞きできる機会はとても貴重ですし、柔道を通じてこのような機会をもうけていただき本当に感謝しております。

ただ、今回の経験で得られたことが形となってあらわれてくるのは多分まだこれから先の話です。 なにせ僕は人間としてまだまだです。

まだ、ただの大学生です。 社会に出てもいない自分はまだとてつもなく無力な存在です。

それでも、今回の経験で得られたことをすぐに答えとして出すことはまだできませんが、

時間をかけて自分の答えを出して、将来実践できたらなと思います。

このたびは、柔道を通じていろいろな人と交流できたことは素晴らしいなと思いました。

本当に、このような機会を設けていただきありがとうございました。 

 

 

 字数が多くなってしまったので、今回はこれにて失礼します。 今後僕もブログの更新に貢献できたらよいなと思います。

決して面白い文章とか書くことはできませんが、やっぱり更新することだけでも大事なのだなとは思うので。

2011年4月8日という日 (文章長くなりましたが肝心な部分はあとの方です(笑))

皆さんこんにちは、新三年生の石井です。久しぶりとなるブログの投稿です。なんだかドキドキします。

人を見てドキドキすることはあっても人をドキドキさせることはありません。

何を書いているのか自分でも意味不明です。繰り返しになりますが、石井です。

さて、僕自身についてのことなのですが、今日から授業が始まりました!! ……、といっても、

本郷キャンパスに行くと僕が今日受講しようと思っていた文学部の授業がすべて休講でした(;一_一)

「恐るべし、これが文学部クオリティなのか…」、とはじめて体験する文学部の空気に唖然としてしまいました(笑)

「はじめて体験する文学部」ということばからうかがい知れるかと思いますが、

僕はこの四月から進学振り分けを無事(?)終えて 文学部に進学することになりました。

今まで拠点としていた駒場キャンパスを離れ、これからは本郷生になるわけです。

 

そんなわけで、今日の夕方ころ、「本郷生石井」として初めて駒場キャンパスに足を踏み入れるときが訪れました。

さまざまな感情が交錯するなか駒場キャンパスに一歩入った瞬間、僕はすべてを悟ったのです。ああ…、僕はもう若くないのだな、と(笑)

やっぱり一年生は若いです!! いや~、僕も二年前はきっとあんなにフレッシュだったんですよね(断言)。

 

皆が言うことなのですが、同期の部員の中で、この二年間で一番見た目が老けたのは間違いなくH澤でしょう。

おっと、こういう表記をすると彼がHな人間だと誤解されかねないので、あえて実名をさらすとしましょう。ズバリ廣澤です!!

しか~し、もっとも心が屈折してしまったのは間違いなく僕でしょう。こちらも断言できます。皆納得してくれることでしょう。エヘンthink

こんな僕たち新三年生ですが、どうかあたたかい目で見守ってください。近々ブログで彼らの本性を暴露できる機会がくることを望んでいます。

ちなみに僕のタイプの女性は新垣結衣です。(←どうでもいい)

 

さてさて、つまらない前置きがだいぶ長くなり申し訳ありません。ここからが本番です。ここからは真面目です。

今日4月8日をもって駒場キャンパスでも授業が始まったらしく、さっそく新入生が練習に来てくれました。 やった\(^o^)/

今日来てくれた新入生はなんと、四人!! やった!! 四人も来てくれました。 

四人のうち、経験者が三人もいました。三人とも稽古に参加し、ブランクを感じさせないキレのある動きを披露してくれました。

一人は初心者だったのですが練習を見学しつつ基礎動作の練習に興味を示してくれたようです。

練習後には四人そろっての写真撮影をしました。これがその写真です。

dsc005801

 

左から大阪府三国丘高校出身の小山智之君

埼玉県川越高校出身の椿知造君

ベトナム出身のトゥー・トゥアン・チン君

大阪府大阪星光学院高校出身の舘林恵介君

の四名が本日見学に来てくれました。

四人ともありがとうござました。 去年もそうだったのですが、やはり新入生が練習に来てくれると部として大いに士気が上がります。

見学に来てくれる新入生の人数が多いことは喜ばしいことです。 入部してくれたらもっと喜ばしいです。

 

このブログを見てくれている新入生の方がいらっしゃいましたら、是非一度道場に足を運んでいただけると嬉しいです。

部員一同新入生の皆さんを歓迎いたします。初心者経験者問わず大歓迎です。ガチで大歓迎です。

毎度冗長な文章ですみません。失礼します。

世界選手権を観戦

こんにちは、二年生の石井です。

今日は、東京で行われている柔道世界選手権を

部員の四年生の新田先輩、一年生の金田一と、もうひとり、部員ではありませんが僕の中高時代の後輩M君(仮名)とともに観戦してきました\(^o^)/

そして、会場で偶然にも我らが一年生、田村に遭遇しました(^^)v

最近、野生の(いわば、プライベートの時の)田村は僕たち二年生と遭遇する確率が高いようです!!

光武や廣澤も最近田村と遭遇した模様です。  遭遇したときはきっと、たっぷりいじられたことでしょう。

うかうか外も歩けない世の中になってしまいましたね(笑)

 

さて、肝心の柔道の話ですが、

僕は今日の試合を見て、率直に、興奮しました!!!!

とくに男子66kg級の森下純平選手の準々決勝は見ていて非常にエキサイトしました。 

記録の上では優勢勝ちですが、生で観戦していると、彼が一本勝ちで勝利した他の試合以上に

見ている人を熱くさせる一戦だったように思います。

この試合を見て、まじめに考えさせられることもたくさんあります。 

この一戦を生で観戦できただけでも、今日は大きな収穫を得ることができたのではないかと思います。

 

さて、本日試合が行われた階級の結果は、ニュースなどでご覧のとおり、日本勢が大活躍でした\(^o^)/

日本勢の活躍に、僕たちは皆テンションが上がりました。

・・・、と思いきや、一年生の田村はなぜだか非常にがっくりしていました。

理由をたずねてみると、彼が心底応援している中村美里選手が決勝で敗れてしまったことがとても悲しかったようです。

 

 

そんな田村君が落ち込んでいる様子をひそかに撮影したので、最後にどうぞ(^-^)

それでは、失礼します。

 

 

100912_2053401

故郷にて

皆さんこんにちは\(^o^)/

二年生の石井です。日本全国暑い日が続いているみたいですが(←適当ですみません)お元気でしょうか??

僕はテストが7月29日に終了したので7月30日から京都の実家に帰省しております<m(__)m> ゆえに、このブログは京都でせこせこと書いております

思い返せば去年の夏は、ゼミの関係で僕は8月1日深夜11時くらいに実家に帰省し、翌日の朝9時くらいに東京に向けて帰るという、超絶短期帰省をしました。

それに比べれば今年はまだゆっくりとさせていただいております。

ま、結局そのゼミは単位を落としてしまい、オフの期間の半分以上を犠牲にしてまでも受講していた僕は非常に悲しい思いをしました(T_T)

自業自得なんですけど(笑)

 

話は変わりますが、今回帰省をしてあらためて実感したことがあります。

それは、関西弁(を話す女性)がいかに素晴らしいかということです!!!(>_<)

この話題に関して僕が実体験を交えて書きだすとヒドイ内容になるので書きませんが(笑)

他の男性はどうなんでしょう??関西弁をしゃべる女性はやはり万人共通の憧れなのでしょうか

このことはニンテンドーDSの人気ソフト、ラ〇プラスで日々女性攻略に励んでいると評判の一年生部員にでも後日聞いてみることにします(笑)

 

 

どうでもいい話をつらつらとしてしまい、申し訳ありません<m(__)m>次はもう少し面白い話題を提供できるように頑張ります

今日はこれにて失礼いたします

2月26日

こんにちは。一年生の石井です。

昨日、今日と国立大学の入試で東大キャンパス内の道場が使用できなかったため、出稽古をさせていただきました。

昨日は学習院大学、本日は成蹊大学にお邪魔させていただきました。学習院大学、成蹊大学の皆さま、ありがとうございました。

おかげさまで充実した稽古をさせていただくことができました。

さて、昨日と今日と入試だったわけですが、僕の母校は集団で東京に受験に来ていました。

そこで、激励と称して宿舎にお邪魔すると、なんと……

その中に中高時代の部活の後輩が三人もいました!!\(^o^)/

三人とも有望な後輩たちなので合格後にぜひ東大柔道部の練習を見学してくれるように頼んでおきました(^^)v

僕はとても頼りなく、慕われているような先輩ではないのですが、こんな僕を見ることで彼らが少しでも試験前にリラックスしてくれたなら、うれしいです。

大丈夫、彼らならきっと合格しているはずです!!!! 少し早いですが新歓の真似ごとなどをしてみました。

さて、四月になれば新たに新入生が入ってきます。僕たち一年生も上級生となるわけです。

そこで、僕たち一年生には、いつまでも先輩の背中を追いかけるだけでなく、自分から進んで強くなろうという姿勢が必要なのではないでしょうか。

実際、最近の稽古では同期の一年生たちの気迫のこもった姿をよく目にするように思います。自分自身ももっと頑張らなくては、と思わされる次第です。

津沢師範が日頃よりおっしゃっている「激しい稽古」というものを心掛けて日々の稽古に励みたいと思います。

春休み中にひとまわりもふたまわりも強くなれるよう、がんばりましょう!!

最後に、このブログを見てくださっている受験生の皆さまの合格を祈願して失礼させていただきます。

サクラサケ!!\(^o^)/

10月23日

一年生の石井です。

寒くなってきましたね(>_<)

後期の授業が始まって三週間が経とうとしています。時が経つのは早いものですね。

これから冬になり、どんどん寒くなっていくわけですが、僕個人としては、冬はあまり好きではありません。

だって、寒い日の朝は、なかなか布団から出られないじゃないですか(笑)

この気持ち、同じ一年生の山村あたりならわかってくれると思います。(^-^)

寒くはなってきますが、皆さん体調を崩すことなく、元気にいきましょう。

一年生の石井です。

一年生の石井です。

昨日細川さんが書かれたように、八月が終わってしまいました。なんだか寂しいと感じるのは僕だけでしょうか。すみません、八月中、個人的にいいことがなかったからこう感じてしまうのでしょうね。

八月中の練習についてですが、僕はオフ明け初日の練習で足首を捻挫してしまい、八月の二部練でまともに練習できたのは一回だけでした。

今でも正直痛いです。百パーセントの力はまだ出せません。

怪我をして八月中にまともに練習できない時、暑くて苦しい中一生懸命頑張っている皆さんを見ると、一人だけ自分は何をしているのだろうと思い、皆さんに申し訳なくなりました。この場を借りて、ご迷惑をおかけしたことを謝らせていただきます。本当にすみませんでした。

そして、皆日に日に強くなっていく姿(とくに僕と同期の一年生達が)を見ると、自分に対しても悔しさが募っていきました。

僕は今まで一日の練習をすべて休むような怪我をしたことがありませんでした。しかし、今回の怪我をきっかけに、怪我をすることで部全体に迷惑がかかること、そして、もちろん当然のことながら自分も悔しい思いをするということを学ばせていただきました。

これからは、怪我をしないように心掛け、ストレッチもしっかりしていこうと思います。また、普段怪我をしていない時も、自分が練習できるという幸せを感じつつ、より一生懸命練習に励んでいきたいです。

 

 

なんだかまじめな文章になってしまいましたね。(*^_^*)

今回は怪我について、個人的なことですが、お話しさせていただきました。

心も怪我しちゃってます(笑)  なんかもう少ししたらさらに心の怪我はひどくなりそうです。  

そんな一年生の石井が担当させていただきました。(>_<)  失礼します。

自己紹介させていただきます。一年生の石井亮です。

自己紹介させていただきます。

2009年入学、一年生の石井 亮(いしい あきら)です。

文科三類に所属しています。出身は京都の洛南高校です。柔道は中学と高校でやっていました。強くなりたいと思って柔道を始めました。弱いですけど、がんばって強くなりたいです。いえ、強くなります。

気が付いたら自己紹介が二行で終わってしまいました。なんだか自己紹介って照れますよね。人よりちょっとでもオモロイこと書いたろう!とか考えたところで、僕みたいに面白みのない人間にはなかなかハードルが高い訳でして……。うーん、どうしよう。悩んでいても仕方がないので、僕の中学、高校時代の友人の話でもしましょうか。

まずは、A君について。彼は類稀なる笑いの才能をそなえて生れてきた男です。間違いありません。五泊六日の合宿にシャツを一着しか持参せず、そのときバスタオルを持参しなかったり(わざと)、また、時にはフライパンを手に持ったまま満員電車に乗っているところを目撃されたり、彼の奇行を挙げてもきりがないほどです。そんな彼が中学生の時です。彼は新大阪駅の近くの塾に通っていたそうです。その帰り、彼は京都方面の電車に乗るはずがなぜか逆方向の電車に乗ったのです。しかしそんな大変な事態にも彼は気づかずになんと寝てしまったのです。彼がその事実に気づくきっかけとなったのは、頭に強い衝撃を感じたからです。ん?なんやろう…。とかいってよくよく周りを見てみると彼はなんと電車の床に寝転がっていたそうです。頭に感じた強い衝撃は実は、そこらへんのオッサンに蹴られたかららしいです。大した男です。中学生という若さで周りの目も気にせずなんと電車の床で寝転んで寝るのですから。しかも無意識のうちにですよ…。しかし、さらに驚くべきことに、彼が起きたのは電車が姫路駅に到着したタイミングだったのです。関西の方以外ならわかりづらいかと思いますが、姫路と京都というのは、それはもう、遠いです(笑)。塾が終わった後の遅い時間に新大阪から姫路へ移動したので、彼はなんと、家に帰れなくなったそうです。とことろが運のいいことにその日は土曜日で翌日学校は休みでした。さらにさらに運のいいことに、彼の祖母は姫路に住んでおり、その夜は祖母の家に泊まることができたのです。なんと悪運の強いことか。彼に関してはほかにももっと面白い話があるのですが、それはまたいつの日か。

続きまして、I君いついて。(ちなみに、僕ではありません。)この人はすごいです。なにしろ、前述のA君をして「天然系最強」と言わしめたほどの男ですから。I君は人を笑わす能力にかんしてはすさまじいものがありました。しかし困ったことに、その能力はいつ発動するか誰にも分からないのです。時として周りのみんなをも巻き込んでしまうほど面白い彼を皆愛さずにはいられません。ある年の冬、僕はI君を含む友人たちと一緒にスキーに行きました。最終日、僕たちは朝にホテルをチェックアウトし、荷物をスキー場のコインロッカーに預けてから夕方までスキーをして、夕方にバスに乗って帰りました。事件は最終日の夕方におきました。スキーを終え、皆が着替えるためにコインロッカーに行った時のことです。突然I君があわて始めました。そして、彼はこう言うのです。「消えた…。おれの荷物が…。」I君の話によると、彼は勢いよくコインロッカーのカギを開け、コインロッカーを開けたところ、出てきたのは彼の荷物どころではなく、スリッパ数足だった、とのことです。それにしても、なんでスキー場でスリッパやねん、いくらなんでも意味不明すぎるぞ、I!!と思いながら僕が彼のもとにいくと、確かに、そこにはスリッパしかありませんでした。心配そうにする彼をよそ目に、みんなで腹がよじれるほど笑ってやりました。しかし、笑ってばかりもいられません。彼は荷物がないと帰れないのですから(笑)。一応、ということで、彼のロッカーの右のロッカーも確認してみましたが、当然、荷物は入っていません。左を探しても、また同じく。焦りが募っていくI君。にやけるその他。I君が自分のロッカーの上のロッカーを開けたその瞬間、「あ、あった。」と彼がつぶやきました。いや~一件落着。いったい彼に何が起きたのでしょうか。整理して考えてみると、朝、彼は荷物をコインロッカーに入れ、コインロッカー用のコインを財布から出し、その財布からコインを出している間にロッカーの場所を忘れ、別のロッカーに鍵を閉めたのです。やっとわかりました。彼は天才です。それにしても、迷惑なのは、ロッカーにスリッパを入れた人です。「スリッパくらい盗るやついねえだろ。」とかいって金をケチってロッカーに鍵を閉めなかったのが運の尽き。あとでロッカーに戻ってみると、スリッパを入れたはずのロッカーに鍵がかかっているのですから。これは焦りますね。先ほども言ったように、I君の才能は時として周りをも巻き込んでしまうのです。

自己紹介のはずが、延々と友達の紹介をしてしまいました。ごめんなさい。きっと、明日怒られますね。たぶん、碇先輩が怒り先輩になってしまいそうな感じですね。あ、こういうこと書くとまた怒られる…。だれか助けて~