こんばんは、呉羽のエースH澤、相変わらず話のつまらないS水、オフ中に一段と変態になったI井から指名を受けた、モテモテの二年生の張です。日本語できないと言われていますがそんなことはないということをここで証明したいと思います。

 

オフも残りわずかとなりました。このオフ中は筋トレを除き、ひたすらグータラした生活を送っていたのでオフ明けが非常に心配です。筋トレですが、最近は週4でできるので幸せです。先日から下半身のウエイトトレーニングも始めました。一年生の時はラントレはしていましたが、下半身のウエイトは初めてです。とりあえずスクワットをすることにしましたが、自分の下半身の弱さに唖然としました。自重である80kgで10回×3セットすらできませんでした。今までは“見せる筋肉”にこだわり上半身しか鍛えてませんでしたが、柔道では下半身の方が大切なのでこれからは下半身もしっかり鍛えなければならないことを実感しました。ところで最近ベンチの調子が非常にいいです^^ 一昨日には90kgが7回あがりました。これで理論上105kgは上がることになりました!感激です。

 

さて大学生活に関しては二年の夏学期も終わり、いよいよ進振りという時期です。僕は理科一類で最近までは当然のように工学部に進学するつもりでしたが、試験が終わって真面目に考えた結果、農学部にすることに決めました。遺伝子の研究に興味があるので生命化学工学学科あたりを考えています。

 

最近のことと言えばこんなところでしょうか?あまり僕のことを書いてもつまらないのでこの辺にて。

二年生のみなさん、どうですか?日本語に間違いはありますか??^v^

こんばんは、二年生の張です。

 

今日は本郷で中央大学とOBの方々に練習試合をさせていただきました。まず国際ルールで7人戦でやりました。僕はこれには出られませんでしたが、同期の山村の試合や先輩の試合を見て組み手や体裁きなどにおいて自分に足りないものが多く発見できました。

 

そのあとは七大ルールで試合を行いました。ここでは全員二回ずつ試合をさせていただきました。僕が今日の試合で深く実感したのは正対下からの攻めの大切さです。僕は今までの稽古中の乱取りで、下になったらすぐに亀になっていました。しかし、亀だと相手が一方的に攻め続けることができ、最終的には取られてしまう可能性が高いということに改めて気づきました。実際、昨日今日とすぐに亀になった結果、絞めと関節で一本取られてしまいました。これからは亀になる前に正対するよう心がけます。

 

稽古後津沢先生から礼についての話を聞きました。礼は心でするものというのがまさに柔道的であると感じました。また今まで何回も試合をしたのに試合の時の礼は15度などという礼の基本的なことを恥ずかしながら知らなかったことに気づかされました。これからも何度も礼はすることになるのですごくためになりました。

 

最後になりますが、お忙しい中、本日来てくださった津沢先生、落合コーチ、中央大学の方々、OBの方々にこの場を借りて感謝したいと思います。ありがとうございました。