練習再開

一年の高渕です。

期末試験も終了し、16日から、オフ明けとなり練習が再開しました。最近は気温も涼しい位で非常にやりやすいです。
昨日は大勢の先輩方に練習に参加していただき、僕も様々なご指導をいただきました。特に西森先輩が言われた隅返に入る際の両手の使い方については、とても実戦的でためになりました。
貴重な時間を割いて下さり、本当にありがたく思っています。
これからしばらく練習が続きますが、体調管理に気をつけ、毎日の稽古をより有意義なものにしていきたいと思います。

1月28日の稽古

三年の佐竹です。

今日の稽古に津沢先生がいらっしゃり、またOBの先輩は金丸先輩、本田先輩がいらっしゃいました。

 

打ち込みでは各自津沢先生よりアドバイスをいただき、目標意識をもち打ち込みをしました。

 

稽古中、東大柔道部の入部希望者という女の子が見学に来てくれました!

来年入学予定だそうです。

西沢さんという女の子で、講道館でも練習しているそうで、実績もかなりあるようです。

 

今回は見学のみでしたが、次回は練習に参加してくれるようです。

どんどん部員が増えるとよいですね。

 

そろそろ新勧の時期なので、活気ある練習をしましょう。

麻布高校での寒稽古

二年の細川です。先週は部員が開成、麻布、巣鴨の三つの高校に分かれてそれぞれの寒稽古に参加しました。まだ月が輝いてる早朝に電車に乗って行ったのですが、高校生の頃の寒稽古を思い出して懐かしく思いました。部員は中高合わせて20人ほどで、若々しい感じでした笑。稽古のメニューは寝技乱取り4分×10本で、朝からにしては割とキツかったです。正対下からの攻めをしてくる子が多く、中高生にしては珍しいのではないかと思いました。是非とも東大に来て、柔道を続けて欲しいところです。

開成高校での寒稽古について

二年の岡です。開成高校で行われた寒稽古に参加しました。打ち込みや乱取りなどの基本的なメニューのほかに、柔道部の部員が寝技の講義を行ったりもしました。

高校一年生で、開成高校柔道部のキャプテンを務めている子が、東大柔道部に興味を示してくれたことは大変大きな収穫だったと思います。高校生と交流を持つ機会は、七徳杯のほかになかなかありませんが、このような場を通して交流がより盛んになればと思います。

今週の寒稽古参加について

二年の伊藤です。今週の火・木曜日に巣鴨高校の寒稽古に参加しました。練習内容は、準備体操・打ち込み・投げ込み・乱取り(2分×10本)・基本動作の反復練習で、約1時間行われました。巣鴨高校の寒稽古は、柔道部員以外の生徒も多数参加するため、100人以上というかなり多い人数が道場で練習を行うことになります。乱取りの相手も初心者であることが多く、普段とは異なる状況での練習となりました。そこで力づくで相手を倒すのではなく、普段練習している技できれいに相手を倒すことを目標としましたが、うまくいきませんでした。打ち込みのフォームなどを確認して技の切れを上げたいと思います。人数の関係で寝技ができなかったことは残念ですが、自分の問題点が再認識できたので、有益であったと思います。余談になりますが、巣鴨の柔道部の後輩達は、自分が現役の頃よりも良い戦績を残していると聞きました。彼らに負けないよう日々の稽古に励もうと思います。

初稽古

あけましておめでとうございます。2年の境です。

今日(1/8)は東大柔道部の2009年初稽古がありました。落合コーチ、岩永監督も来て下さり、活気のあるとてもいい稽古始めになったと思います。また一年間、寒い日も暑い日も頑張っていきましょう。

今年はなんといっても、七大戦が東京で開催されます。今年こそ絶対に優勝するんだ、という強い意志をもって日々の稽古、トレーニング、研究に部員一丸となって励みます。

それでは、本年も東京大学柔道部を宜しくお願いいたします。

オフ入りと部誌の発行

三年の佐竹です。

連絡が遅れましたが、12月14日にオフ入りとなり、納会が行われました。

本郷三丁目駅前のさくら水産で行いました。

OBの先輩が思っていたより集まりませんでした。次からは直接声をかけて集めなくてはいけません。

飲み会での話題は色々とありますが、柔道についても話しました。今まで柔道の話はほとんどしなかったので、最高学年になって変わったのかもしれません。

練習再開は1月8日です。

さて今日(17日)は部誌の発送をしました。

部誌には試合記録や先輩方の寄稿、現役部員のエッセイなどが載っています。

これから読みたいと思います。

では。

【試合結果報告】平成20年度 防衛大学定期戦

3年の碇です。

12月6日に七徳堂にて防衛大学との定期戦が行われました。

まずは結果をお知らせします。

7人戦

東大 1 - 5 防衛大
佐竹 大外刈 山田
寺田 裏投 酒井
武田 有効 青木
新田 技有 小松
渡辺 × 仲井
大外刈 齋田
細川 合技 川端

総力戦

東大 5 - 4 防衛大
熊王 袈裟固 加藤
堀内 × 白土
高渕 腕拉十字固 山崎
寺田 送襟絞 谷川
腕拉十字固 阪藤
伊藤 有効 澤田
新田 有効 白井
× 宮崎
細川 × 平塚
佐竹 技有 村山
× 吉見
武田 有効 弗田
渡辺 有効 大塚

結果は非常に厳しいものでした。

個人的な反省としては、普段やろうとしていたことを何一つ出せなかったということがありました。そしてそれは、練習の中で試合の意識が足りなかったことが一因にあるのだと思いました。

練習は常に試合を意識しておこなわなければ意味がないというのは常々言い聞かされてきたことで、今思うに、そういう意識がまだまだ足りませんでした。

試合直後の柏崎先生のお話の中で、「試合は鏡のようなもので、現状を何よりも正直に映し出す。」とありました。この試合から、チームとしての問題点やその解決策を考え、何とか来年の七大につなげていきたいと思っています。

【自己紹介】監督の岩永です

東京大学柔道部監督の岩永亮介です.まずは,監督の私から自己紹介をしていきたいと思います.

とは言っても「監督って何?」という疑問を持たれると思います.東大柔道部の監督の主な仕事は「試合のオーダーを決定する」ことです.試合のオーダーというのは,例えば7人戦であれば,30人近くいる部員の中から「誰を何番目に出すのか」を7人分決めたもので,試合の組み立てや選手のコンディションなどを考えて,その時その時で適切なオーダーを組んで行きます.私が監督に就任したのは2008年の6月でありまだ日が浅いので,十分なオーダーが組めるとは思いませんが,現役の選手とともに成長していきたいと思っています.

また,「オーダーを決める」ということは,普段の練習や合宿などにも関わっていくことが監督には求められます.我々は運動会(他大でいう体育会)の部活である以上,大学の看板を背負って試合に出場し勝利することが一番の目的です.そのために,どのような練習をしなければならないかを,師範や現役部員と話し合いながら決めていくのが普段の仕事ということになります.

さて,私は中学に入ってから柔道を始めて以来,高校,大学と続けて現在参段になります.現在は東京大学大学院情報理工学系研究科の修士課程に所属していますが,柔道の場合大学院生の出場できる試合というものはほとんどありませんので,今は自分の体を鍛えることよりも,現役の選手を強くする知恵をしぼることに注力しています.私が東大柔道部に入って,高校までの柔道と一番変わったところは「自分で考える」ということです.高校までは良くも悪くも先生の言う通りにやるものだと思いますが,東大での柔道はそれが全く通用しないところから始まりました.人間そういう状態に追い込まれると,一度すべてを解体してみてもう一度強くなるための方法論をくみ上げることを強いられるようで,私もそれまでの柔道とは大きく変わっていきました.自分の柔道を自分で考えるプロセスというのは,とても知的な作業でもありますがそれに必要な体力や技術も身につけねばならない点を考えると,それほど簡単な作業でないことはわかると思います.そんな貴重な経験をさせてもらいまた現在でも続けられているというのは,とても幸せなことだと考えています.

現役の部員にはこの「自分で考える」ということを,もっと意識的に徹底して行ってほしいと思います.高校までの経験者・未経験者に関わらず,自分の柔道を自分で考えることは全員に求められます.自分がやっていることは本当に効果的なのか,意味があるのか,もっといい方法があるのではないか,と常に考えて柔道をやることが,東大柔道部に求められていることだと思いますし,私の仕事はそれをやりやすい環境作りをしていくことだと思っています.

こんな東大柔道部に興味があるという人は,ぜひコンタクトを取ってください.我々の練習に参加して頂くことも出稽古させて頂くことも大歓迎ですし,大学であろうと高校であろうと実業団であろうと.どんな方々とでも練習をしたいと思っています.コンタクトの方法は,公式サイト「赤門柔道」の談話室や連絡先,さらにはこのブログのコメントなど,どんな手段でも構いません.私に直接連絡を取りたい場合は最下部のメールアドレスまでメールを頂ければと思います.もしも面倒なら,予定を見て頂いていきなり道場に来て頂いても構いません.

これからの柔道界がもっともっと盛り上がっていけるように,私たちも努力していきたいと思います.どうぞ,よろしくお願いいたします.

岩永亮介 ryosuke.iwanaga at gmail.com(atを@に変えて下さい)

「東大柔道部ブログ」スタートにあたって

東京大学柔道部監督の岩永です.

この度,東大柔道部ではブログをスタートすることとなりました.ブログには「東大柔道部ブログ」と「東大柔道部OBブログ」の2種類があります.こちらは,現役部員が執筆する「東大柔道部ブログ」です.

東大柔道部ブログ

アドレスは「http://blog.akamonjudo.com」です.このブログでは東大柔道部の現役部員が,普段の練習の様子はもちろん,大学での勉強や日常思っていること,さらには試合・出稽古などの連絡や結果なども記録していくことになります.外部の方々,特に高校生や大学生などへ向けて「東大柔道部ってどんな人たちが,どんなことをやっているのか」を伝えることが主な目的です.時にはまじめに,時にはちょっとふざけた,おもしろい記事が並ぶことになると思いますので,どうぞよろしくお願いします.

疑問に思った点やコメントしたいことなどがありましたら,下部のコメント欄から投稿してください.こちらで確認をしたのちにコメントを表示させて頂きます.また,メールで直接連絡を取りたい場合には,東大柔道部公式サイト「赤門柔道」内の「連絡先」をご覧ください.