新入部員自己紹介 大谷佳乃子

 はじめまして。新1年マネージャーの大谷佳乃子です。

 私の出身校は清泉女学院という学校で、小学校は1クラス男7:女32の一応共学で、中学になると、女子はそのまま上がり、中学受験組と合流し女子校となる一貫校です。内部進学だった私は何一つ苦労することなく圧倒的ホームで変化することない環境の中でぬくぬくと育ちました。そのせいか気付いた時には清泉という小さな世界しか知らない、時代にそぐわない世間知らずな娘になっており、このままではダメだ、大学では色んな世界に飛び込もうと考えはじめました。そんな時にたまたまTwitterのおすすめにでてきた柔道部を見て、知らない世界に飛び込んでやる!と勢いでDMを送り今に至ります。
 ですから、私は柔道未経験、ルールも分からないという状態で現に先輩方にかなりご迷惑をおかけしていますし、ここでも皆さんの様に柔道について語れないので、ただただ自分のことについて書きます。

 中高はバスケ部に所属しており、部活の人からはぶりっこだねとよく言われていました。(いじめられていたわけではないです)可愛いものが好きで持ち物にピンクが多かったり、少女漫画のヒロインや秋元真夏さんしか許されないような言動をしていたからだそうです。ですが、ありがたいことに、女子校でぶりっこをしたとしても無意味だから許せる、共学ではするなよ、と容認されていました。
 バスケ部は厳しい上下関係、理不尽なルールが沢山あり先輩も先生も怖かったですが、中学生の頃はとにかく部活が大好きで友達と終礼を抜け出して早く部活に行ったり部活後も家でドリブル練習したりオフの日は市民体育館でシュート練をしていました。しかし、あまり上達せず、高校の時にスタメンを外されてしまいました。それでも試合に沢山出させて貰いましたが、テーピングをしたりスコアを書いたり、みんなをサポートするのが楽しくて何かのマネージャーもしたいなと思う様になり、大学生になってバスケを続けるかマネージャーをするかでとても迷いました。そして最終的には上記で記した動機から柔道部の門を叩くに至った訳ですが。

柔道部は関西の方が圧倒的に多く、西の勢いに少々慄いています。特にみなさん冗談が多いので、中高時代友達の冗談を真に受けて騙されまくっていた私にとっては嘘か誠か判断するのにとても苦労しています。たまに冗談に対してマジレスしてしまい場の空気を凍らすことがあるかもしれませんのでその時はどうぞよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">