新歓ブログ⑤

こんにちは。1年の中岡です。ブログを書くのは自己紹介以来ですが、それも3か月ほど前の話なので、それほど久しぶりでもありませんね。

さて、昨日は東京大学の入学試験の合格発表の日でしたね。合格した皆さん、おめでとうございます。もう試験は終わってしまって、後からやきもきしてもどうしようもないとは知りながらも、やはり眠れない夜が続いたのではないでしょうか。そういえば、高校の卒業式と大学の合格発表の間には、だいたい数日ほどの空白期間が存在するのですが、この数日間、世の大学受験生、とくに現役生は何者になるんでしょうか。合格通知を受け取っていない以上、大学生を名乗るわけにはいきませんし、かといって高校はこの前卒業したし、でも浪人だって決まったわけではないですし。まあくだらないことだと思うかもしれませんが、この何者でもない、横文字でいうとアイデンティティーを失っている感覚が、自分の将来がどうなるのかという不安を増幅させるのかもしれませんね。ちなみに、この空白の数日間も含めて3月中は、高校生という扱いに便宜上はなるそうです。卒業したからといってあんまり羽目を外しすぎると、高校に連絡がいったりするそうなので、春休みは節度を守って楽しみましょう。

しかし合格発表が済んだからにはもう安心。何者かと問われれば、東大生だと答えることができる。このとき多くの人はドヤ顔をしているかクールぶっています。日本最高と称される大学に入って、優秀な学友と語らい、部活やサークルで青春の思い出を作り、アルバイトで稼いだお金で各地を巡り、美男美女と東京の街を闊歩し、ゆくゆくは大手企業、あるいは国家試験に合格してキャリア職に就職、そんなバラ色のキャンパスライフが、合格者には確約されているのだから。

と、考えているそこのあなた。まさに去年の僕と全く同じことを考えているそこのあなた。いや、さすがに僕もそこまでのことは考えていませんでしたがとにかく、合格発表を終えて気が緩み切ってしまっているあなた。入学書類の提出と入学金の振込等、必要な手続きは済ませましたか?健康診断や諸手続きなど、大学に直接足を運ぶ行事の日程は把握していますか?下宿する方は、引っ越しの準備を済ませていますか?

とくに入学手続きはしくじると最悪の場合入学できなくなってしまいます。まあよほどのことがない限り入学手続きに失敗することはないと思いますが。日程にも気を付けましょう。ちなみに僕は去年、健康診断をほっぽり出して高校のクラス会に出席しようとしていました。同期の子が教えてくれたので何とか助かりましたが、かなり危なかったですね。

さて、入学手続き等を無事に済ませた皆さん、お疲れさまでした。これでいよいよ正式に東京大学の一員です。入学後にやることはこれまた色々あるのですが、その中で大事なのはコミュニティに所属することだと思います。初めての大学生活、分からないことも多い中で、同じ大学の同級生や先輩は心強い味方になってくれます。そしてそのコミュニティの中で、部活・サークルは手っ取り早く入部・入会することができ、様々な学部・学年の先輩・同級生がいるため、おすすめです。特に東大柔道部には、本当に皆さん色んな学部に所属しておられるので、様々な話を聞くことができます。当然、一度見学にきた部活・サークルに絶対入らなければならないというルールはないので、気軽に見学・体験にくることが可能です。何にせよ、感染症対策が叫ばれ、新入生どうしのコミュニティを作りにくい昨今の情勢下で、何かの団体に所属することは精神的な支えにもなるので、どこかに片足を突っ込んでみてください。個人的には、皆さんの片足の突っ込み先が、我らが東京大学柔道部であればなあと、願ってやみません。その時はその片足に足技を…間違えました、部員一同歓迎しますので、是非柔道場に足を運んでみてください。

終盤に差し掛かって足にまつわる言葉が多くなってしまったなあと思いつつ、文字数を考えるとこの一段落も蛇足ですかね。お後がよろしいようで。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">