新入部員自己紹介 中岡敬登

初めまして。この秋に東大柔道部に入部しました、1年生の中岡敬登と申します。所属は文科一類、出身は大阪府の三国丘高校という公立高校です。僕の母校からは京大、阪大に進学する生徒が多い反面、東大に進学する生徒は少ない傾向があり、また柔道部ともなると随分久々なようです。僕は新型コロナウイルス感染症流行の影響で大学の授業が一律オンライン化したことを受け、春学期は大阪の実家で過ごし、この秋に上京、そして柔道部に入部しました。

僕が柔道を始めたのは高校からです。入学した頃は柔道部に入る気など毛頭なかったのですが、偶然勧誘に回っていた柔道部の先輩に声をかけられたのがきっかけです。ひょんなことから始めた柔道ですが、やればやるほどその楽しさに魅入られ、またもっと強くなりたいという思いも大きくなっていきました。そうして練習に打ち込む日々を送り、自分の代では主将を務めるなど充実した柔道生活を送りましたが、それでもやはりまだ強くなりたいという思いが引退後にも残りました。そして大学入試を経て上京後、東大柔道部の練習に体験参加させて頂き、ここならもっと強くなれると確信し、入部を決意致しました。

入部が遅れてしまったので、練習についていくのがやっとの日々が続くと思いますが、なんとか乗り越えて強くなり、七大戦で活躍できる選手になりたいと思います。やたらに真面目な面白くもない自己紹介になってしまいましたが、これからよろしくお願いします。

納会のお知らせ

主務の石川です。

今年度の納会は感染症流行の影響で中止となりました。
実際に会うことは厳しい状態が続いておりますが、今後ともよろしくお願いします。

以下ご挨拶です。
4月に主務を引き継いでからずっと感染症関連の事務手続きに追われています。きちんと手続き踏んでも一か月後、一週間後に柔道やれている保障はないのが嫌ですね。
同期たちが引退するまでに障害なく柔道をできる世の中が来てほしいなと思います(私は降年+獣医学課程進学で引退が3年伸びたのでそれまでにはできるようになっている・・・はず?)。
現在は練習の人数やら時間やらが制限されていますが、いつかまた大人数で柔道をしたいなと思います。いまは出稽古の受け入れができなくなっておりますが、感染症が収まったころにはまた出稽古にいらしてください。
皆様に会える日が来ることを心待ちにしております。