親知らず抜歯記②+オススメ本

TKG連投中です。

前回、親知らずを抜いた話を始めたのですが、長話に花が咲いて抜く前に終わりました。
というわけで、今日は抜歯記完結編です。

要するに、難抜歯例だったので総合病院を紹介され、かくかくしかじかあって入院して2本同時に抜くことになりました。

手術日。そんなこんなで色々な想いを抱えながら、病院へ。
静脈内鎮静法の効果であんま記憶はありませんが、凄まじいドリルの音と、ボリボリバキ的な歯が脱臼する音は微かに覚えています。
親知らずの抜歯で使うドリルって、普通のより回転が速くて強力らしいですね。その分音もエグいらしいですが、微かな記憶しかない。

後で医者に聞いたんだけど、いびきかいて寝てたらしいです。恥ずかしい…笑

そんなこんなで、抜けた歯の一部がこちらです。グロいので、興味がない人は拡大しない方がいいですね。

抜いた日の夜は、前日発症した急性の歯髄炎と両顎の痛みに襲われて、それはそれは壮絶な痛みとの戦いでした。因みに、歯髄炎を発症したのは、恐らく、親知らずの手前の虫歯を治療したてなのに、後輩の岡本君とアイスを食べに行ったためです。今でも本気で後悔しています。
でも、歯髄炎の症状が引いてからは、思ってたよりは強い痛みには襲われませんでした。まあ術後2日は、夜中に痛みで起きたんですけど。所詮痛み止め飲んだら大丈夫な程度でした。

それより、全く飯食えないのがキツかったですね。1週間お茶漬けを作って飲み込んでました。笑
腫れてて口も開かないし、少量の飯を1時間かけて食う、メチャクチャ辛かったよ…
(腫れてる写真はヒミツ)

でも、術後経過は概ね良好で、腫れも段々と引き、今週の火曜に縫合の糸を取ってきました。硬いものも徐々に食べられるようになってきました。まあ相変わらずお茶漬けなんですけど。

さてさて、こんな感じで終わった僕の親知らず2本同時抜歯でしたが、まあ金が普通に抜くのの2倍ぐらいかかったこと以外は概ね良かったです。中々出来ない経験なので話の種にもなりますし。

急遽決定したことなので、筋トレ計画が完全にバグったんだけど、長期計画でもう一回計画を立て直して、もう一回サイクルを回していきましょう。

誰が興味あるか分からない話に終始したので、最後に有益な情報を載せておきます。

「筋トレを勉強出来る本」シリーズ!
まあ、筋トレっていうか、運動生理学っていうか…
人体が相手なので、最後は理論を超える部分もあるし、全部理論的っていうのもどこか細いと思うのだけど、それは理論を知っている人だけに言う資格があることですね。

はい、ではいきましょう。TKG的オススメ本!

【1. プロメテウス解剖学アトラス(運動器総論)】

言わずと知れた、解剖学書の王道ですね。僕は他に「グレイ解剖学」と「触診解剖アトラス」っていう解剖学書を持っていますが、何より図が分かりやすい!神がかっている!
「この美しさが、最上の理解を生む」キャッチコピーのままですね。全身の筋肉を覚えることが、トレーニングへの第一歩!

僕は、グレイ解剖学で文字として勉強しながら、プロメテウスの図を眺めています。最近はほぼ全身の筋肉を英語で言えるようにはなってきたのですが、支配神経が中々覚えられません。そもそも神経系の勉強をした方がいいのかな?カンデル神経科学買うか?(そんなことはない)

【2. ストライヤー生化学】

生化学の教科書と言えば、「ストライヤー生化学」と「ヴォート生化学」が2強ですね。僕は、生物の理論的な本を買うときは、自分がある程度知識がある「筋収縮のメカニズム」の項目を読み比べるようにしています。ストライヤーは、この部分がかなり鮮やかだったので、ストライヤーにしました。マジで面白いです。これ読んでから生理学の本読むと理解がより深まります。ところで、運動生理学の本のイチオシは「カラー運動生理学大事典」という、西村書店から出ている本です。世界的に有名なのは「オストランド運動生理学」っていう本で、大修館書店から出てますが、いかんせん硬派すぎるからね笑

そういえば、生理学といえば、エルゼビアから出ている『ガイトン生理学』、欲しいですね〜!でも高いんだよね笑

【3. ブレインノート】

ちょっと趣が違う本です。骨格をどう使うかとか、実践的なことが書かれている本です。値段も¥3500と安いです。4スタンス理論を実際に競技に活かすっていう趣の本ですね。なんか、普通のバイオメカニクスの本よりも俺的には分かりやすいかな?
皮肉なことに、コロナ禍に入ったがために、パワーリフティングや4スタンス理論をしっかり勉強することが出来ました。本棚も大分脳筋のそれになってきてしまって、結構残念です。笑

以上、オススメ本でした。多分誰も真似しないでしょうけど。

ところで、僕の中には、密かに学生トレーナー育成計画があるので、誰か僕に追随してください。笑

長くなりました。終わります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">