東大柔道部のここがすごい!part1 〜豪華指導陣〜

こんにちは。久しぶりのブログ投稿。OB1年目、現役5年目の麻生です。
今回は次の七大戦に出場する身として、新歓をさせていただきます。

しかし、いざ東大柔道部の魅力を語れと言われると難しいですね。
強くなれる。自信がつく。社会性が身につく。各界の錚々たる面子が先輩になって親身に相談に乗ってくれる。PDCAサイクルを意識的に回す癖がつく。異性にモテる。
抽象的なものから具体的なものまで、多くありすぎてコンパクトにまとめることができません。
そこで今回は連投ブログ「東大柔道部のここがすごい!(仮)」の第一弾として「指導陣の豪華さ」について紹介していこうと思います。

まず東大柔道部の師範(柔道の先生)は金野潤先生です。柔道経験者の方ならご存知かも知れませんが、全日本柔道連盟の強化委員長にして、全国屈指の強豪日本大学の監督も兼任されています。選手時代には、日本最強の柔道家を決める由緒正しき全日本選手権で二回優勝されています。
普通に柔道しているだけでは知り合うことすら不可能な方からご指導いただき、技術的なことはもちろん、精神的なこと、モノの考え方まで貴重な体験に基づいて教えていただけるのは我が部の特権です。

コーチには講道館杯出場、ロシア警察・軍隊国際柔道大会準優勝など数々の実績をお持ちの山本弘樹先生を迎え、一流の立ち技を日々教えていただいています。山本コーチは学生やOBに対しても積極的に耳を傾け、その上でベストのフィードバックを下さります。

豪華なのは柔道の指導だけではありません。
全日本の強化委員長である金野師範からご紹介いただき、筋トレについても専門の先生に定期的な指導をいただいております。
指導していただく猪俣さんは日本トレーニング指導者協会の最高資格であるJATI-SATIの取得者です。国立スポーツ科学センターに所属され、幾つものスポーツ(もちろん柔道含む)のトップ選手を指導されています。これ定型文とかじゃなくてガチのトップ選手です。
実際、僕も猪俣さんの指導を仰ぐようになってから、半年で体重が10kg増えベンチプレスのマックスも20kg上がりました。チーム全体も大型化が進み、専門家のアドバイスがあるのとないのとでは効果の差を痛感しました。
体を鍛え逞しくなりたい君には柔道部がお勧め!

あと、初心者の方が大学で柔道を始めるとなると不安になるのは怪我の問題だと思うのですが、東大柔道部はその対策も万全です。金野師範にコンディショニングのトレーナーも紹介していただいています。体に不調を抱えた部員の定期的な治療・メンテナンスに加え、怪我予防のためにテーピングやストレッチ、ウォーミングアップについての指導もしていただいています。トレーナーの久我さんは接骨院で日々多くの患者を治療しているプロでありながら、堅苦しくなく学生の相談にも親身に乗ってくれます。怪我というほどではないが体に何か不調を感じた場合に、すぐに相談ができるのは大きなアドバンテージだと思います。
スポーツですので全く怪我がないとは言いませんが、久我さんに指導いただくようになってからは手術が伴うような大怪我は発生していません!

以上、東大柔道部の豪華指導陣の紹介でした。伝統ある東大柔道部はいろいろな方々のご協力のおかげで最高の環境で練習ができます。
さあ、最高の環境で共に最強を夢見ないか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">