京大戦と五大学合同練習

夏練も終わりを告げ、しばしの休息を味わっている米山です。今日から大学が始まることに愕然としています。我々学生の本分は柔道のはずなのに、付属物である勉強というのがその邪魔をする現行の大学組織の状況はけしからんと思います。それはさておき、今回のブログは先日の京大戦や五大学合同練習を振り返っていこうと思います。
まず9/15(日)に行われた京大戦についてです。個人的には、九州の七大戦から二ヶ月ぶりの本格的な七大ルールの試合ということで僕個人としてはとても緊張していました。チームとしては一人残しで勝利することはできましたが、勝利の喜びと同時に個々人の今後の課題も浮き彫りになったと思います。その後の親善試合の試合内容も含めて、それらの反省を各々が夏練以後の練習に活かせていけたらと思います。京大戦本戦
京大戦 親善試合
続いて、台東区リバーサイドスポーツセンターにて、9/17・18に東大、京大、北大、阪大、九大の五大学で合同練習を行いました。午前は1・2年生を中心とした練習試合、午後は五大学入り交じる乱取りという濃密な時間を過ごしました。各大学のOBや一橋大学にも参加して頂いたことでいつも以上に活気溢れる、夏練を締めくくるにふさわしい練習が出来たと思います。
夏練を通じて、一年生は多くの技術を手に入れて成長することができました。これからも防大戦や来年の七大戦に向けて研鑽を積んでいきたいと思います。

京大戦と五大学合同練習” への2件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">