ありがとうございました。

こんにちは、中村です。
今月の七月七日をもちまして、四年目の七大戦終えましたので、ご挨拶をさせていただきます。練習に行く必要がなくなり、その解放感からダラダラと過ごしてしまいブログを書くのが遅くなりました。お詫び申し上げます。
この4年間、七大戦はほぼ七夕前にあったこともあり、毎年七大戦優勝を星に願っておりましたが、最終的に4年間で最高三位という結果に終わり、悔しく思います。今年の自分個人の試合としても、二試合とも、下級生に当ててもらえたのに取り役としての仕事を果たすことができず、何が自分の中で足りなかったのか、と今でも自問自答してしまいます。しかし、これで幹部としての役割を終えたので、今後は後輩が僕と同じような失敗をしないように自分の経験を分析し、微力ではありますが新チームの手助けをしていきたいと思います。

東北大の引退ブログを見ていいなと思ったので、関係者の方々に向け感謝の意を述べて終わろうと思います。

まずは、三年生。
本当に強かったです。試合では四年よりよっぽどたくさんの仕事をしてくれたと思います。来年は、三年生全員が取り役を目指せると思います。他大の警戒もますます強くなってくると思いますが、さらなる強さを目指して頑張って欲しいです。一方でどれだけ強くなっても、下手をすると取られることは必ずあると思うので、基本的な防御も疎かにせず、油断のないようにしてください。まあ、わかってると思うけどね。
個人的には、朝日、京大戦では、僕の失態を挽回してくれて本当に助かりました。また、東北大戦での活躍も見事でした。今の三年生の中で、初心者でかつ途中入部で大変なことがたくさんあったと思うけど、本当によく頑張ってくれました。ありがとう。
郷地、今は部を離れているけど、今年の七大戦前に、先輩たちと七大に出たい、といってくれたことは本当に嬉しかったです。

二年生
めちゃくちゃ固くなったなぁという印象です。初め入部してきたときは、特に立ちの切れる選手がいるわけでもなく、この先どうなるのか心配でしたが、研究を熱心に行い、練習にひたむきに参加し、ぐんぐん成長していく様は見事でした。今度は、下級生が入ってきてくれたこともあるし少しづつ、取る技術を身につけていってください。一方で、防御を練習できるのは三年生が引退するまでのあと1年だけです。自分の苦手を洗い出し、徹底的に潰しておきましょう。個人的には、亀の守りの技術を身につけておくと、幹部になったとき後悔しないやろな、と思います。
今年の試合に関しては、枝野、東北戦で見事に分けてくれました。俺が相手の三年生に引き分けられて、しんどいところに当ててしまいました。でも、よく頑張ってくれた。ありがとう。枝野は、いつも夜遅く学校帰りに、トレーニング場で筋トレしてたもんね。今回の試合はそういう努力の結果やと思います。そんなひたむきさを忘れないで頑張っていってな。
甲斐、金を貯めて、早く戻ってこいよ。

一年生
高校までとは全く違うルールで戸惑いもあったと思うけど、七大のルールを受け入れて一緒に三ヶ月間頑張ってきてくれてありがとう。怪我で4月と5月練習できない間、試合に登録されていなかった一年生の教育係をやらせてもらったことは、怪我をしてよかったことの一つです。一年生の1年間は、めちゃくちゃ大変やと思うけど、そこをなんとか切り抜ければ、きっと大きな自信につながると思います。

同期
あまりいうことがありません。三年と三ヶ月どうもありがとうございました。みんな揃って七大戦に出れて幸せでした。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、金野師範、小川コーチ、柏崎先生、並びに筋トレ、体のケア、食事について様々な側面からサポートしていただいた先生方、そして、お忙しい中練習に来ていただいた先輩方、大変お世話になりました。ありがとうございました。