金沢旅行

こんにちは、2年の佐々木です。1月の試験期間オフに2年の同期5人で金沢旅行に行きました。春練が始まる前に同期の結束を深めたい、ついでに美味しいお酒とお刺身を堪能したいという動機です。バス1泊宿1泊バス1泊の3泊4日でした。宿は一軒家を丸々借りる形で広々気楽に過ごせました。実際はそんな広々使うことなくみんなずっとこたつにいました。建築物に造詣が深い真野が色々考えてくれて、東茶屋街や兼六園や21世紀美術館や武家屋敷跡など有名な観光地はあらかた回ることができました。真野がいなかったらずっとこたつで麻雀やってたんじゃないかなと思います。よかったです。観光中は菅野が好奇心旺盛で微笑ましかったです。近江市場ではぐれて私と山添で探したりもしましたがそれもまた一興かなと思いました。(関係ないですがここ最近、2年の間では全てのことを「それもまた一興」で済ませる風潮があります。本当は菅野を幼稚園に置いていきたい気持ちになりました。)初日の夜は宿で鍋刺身日本酒パーティをしました。鍋は白菜やネギやほうれん草や鶏肉を煮込む斬新なものを作りました。斬新だなあと思っていたらなんと石川の郷土料理にとりやさい鍋というのがあるらしく知らず知らずのうちにそれを作っていたようなのです。天狗舞という日本酒に合って最高でした。夜中もカードゲームをやったり麻雀をやったりして楽しく過ごしました。七徳とやってること変わんなくね?とちょっと思いました。山添は事前準備に何も携わらなかったので皿洗いをしました。 2日目のメインイベントは日本海を見に行くことでした。岡が海見ようぜと言って行くことになりました。私はかつて夕日が沈む海を見たくて茨城の大洗海岸まで行ったことがあります。しかし行ってから太平洋側に夕日は沈まないことに気づき落胆しました。今回は日本海に沈む夕日が見れると思って楽しみにしていたのですが道中は雪が降って本当にくそ寒かったです。着いた海岸は果てしなく広大で寒くてゴミだらけで誰もいませんでした。そして曇っていて夕日は全く見えませんでした。旅行はだいたいこんな感じで終わりました。お刺身はとても美味しかったですが、私は本来採肉主義者なので今とてもステーキや焼き肉に飢えています。みんなテストやレポートが立て込んでる中貴重な時間を割いて旅行に行きました。これによって留年者がでることがないよう祈ってます。

載せるの遅くなってすみませんでした。