水族館に行ってきました。

こんにちは、お久しぶりです。3年の中村です。久しぶりのブログ投稿です。

今日は、水族館にいってきたのでその報告をしようと思います。

テスト休み最終日の今日、同期のAと、葛西臨海水族園に行ってきました。一般に水族館は恋人と行くことが多いようですが、残念ながら、非リア充の我々には、そんな相手はいなく、男二人で行くことになりました。というのも、Aも僕も共に魚が好きだったからです。でもいつかは、彼女と一緒にきたいです。彼女できるかわからんけど。

しかし、当日はお互いが寝坊し、当初の予定より一時間ほど遅れて、二時頃、水族館に着きました。

葛西臨海公園入口にて

葛西臨海水族園と言えば、悠々と泳ぐクロマグロが、飼育されていることで有名です。
入口でマグロと背比べしました。
負けました。クロマグロ、大きい!!
僕もクロマグロ見たいに大きくなりたいです。

クロマグロと僕 せいくらべ

入館料700円を払って入場します。しばらく階段を上ると、水族館の入口が見えてきました。水族館の入口の周りには水が張っていて、後ろの東京湾と一体化し、海上に水族館があるかのように見えるではありませんか!

そんな粋な演出に感動しつつ、早速、水族館に入り、水槽を回っていきます。カナダの海、アメリカの海、南米の海、地中海、インド洋、紅海、北極海、南極海、、、世界中のあらゆる海の生物の展示がなされています。こんなにたくさんの海の生物をたった700円で見れるなんて!感激です。

そしていよいよ、クロマグロの水槽にやって来ました。たくさんのクロマグロたちが、群れをなして、キラキラと光を反射させながら泳いでいます。


クロマグロの水槽の前にて

クロマグロは、方向転換するとき、普段は隠している第一背鰭を出すことでうまく方向を調節しているそうです。勉強になりました。

その次は、日本の海の展示に移っていきます。日本の海の展示は自然の海岸のミニチュア番のような水槽において行われており、岩場や波などがリアルに再現されていて、Aは、昔よく遊んでいた地元の海のことを懐かしがっていました。

その後はペンギンの水槽、小笠原諸島等、離島を含めた東京湾の海の展示を見て、水族館を後にしました。結局、昼頃から、閉園の17時ギリギリまで滞在していました。

夕食は僕の家でカレー鍋をつくって食べて、解散しました。

カレー鍋美味しい

あったことを羅列しただけの小学生の作文のような文になってしまいましたが、何が言いたかったかというと、水族館に行って楽しかったと言うことです。

明日からの春練がんばります。

以上