腐れ縁

またまた一年の髙木です。
去る8月22日の午後はサプライズoffで、部活に来ていた部員全員で上野公園でボートに乗りました。その思い出について、一年の誰かがブログを投稿することとなったので、代表して僕が投稿したいと思います。

僕は、中高を逗子開成で過ごしました。逗子開成では、「海洋教育」の名のもとに、2〜3ヶ月まるまる体育が水泳だったり、遠泳があったり、年1,2回ヨットに乗ったり、と水や海に触れる機会が人より多い生活を過ごしていました。初めて手漕ぎの舟に乗ったのは、中1の10月で、舟とはそれ以来8年の付き合いになります。
しかし、「中高でヨットに乗ったことがある」というだけで、「逗子開成出身の人はヨットがうまい」ということは全くありません。反例は例えば僕です。僕は壊滅的に下手くそでした。皆が25分ぐらいで帰ってくるヨット実習でも、僕だけ1時間近くかかったりしました。ヨットは帆の向きを調節して前進するのですが、僕にはそんな高度なことは出来ません。

8/22にも、あのヨット実習の惨劇が甦ります。上野公園に来たからといってボートが漕げるようにはなっておらず、僕が漕いでいるときはほぼ全く進みませんでした。あまりに進まないので漕ぐのを代わってもらおうとしたのですが、不器用なのが災いし、交代にも手こずりました。一緒の舟だった3年生のお二方、無能で申し訳ありませんでした、、

僕は中高から不器用で、柔道も肉体頼みで滑らかな筋のいい柔道がずっと出来ずにここまで来ました。不器用は、夏練中も健在です。多分一年で一番ヘタクソです。身体を柔らかくしたら滑らかになるかもしれないので、僕個人の目標として、練成大会までには身体をある程度柔らかくしようと思います。
ところで、今日は東京学生でした。僕は開始早々吹っ飛ばされてしまい、東京地区はレベル高いなぁと実感しました。どんな相手でも戦い方変えないのはいかんですね、次回から、もう少し粘れるようにします。

P.S.
そういえば、小5のときに、カッターボートというのを漕ぐ機会がありましたが、その時も下手でした。何も進歩がない…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">