遠い日の記憶

一年の髙木です。
先日、日本文化大学に合同練習に行ってきました。僕としては、久々に立技めいいっぱい出来ることが凄く嬉しかったです。驚くことに、かつてよく一緒に練習していた後輩が日文にいて、合計3回乱取りしました。遠い昔は学年差補正で何とかなっていたのですが、今となっては全く敵わなかったです… 喧嘩四つマジ苦手だし、色々教わりたいです笑 時間があれば是非東大の練習に足を運んでください!

僕は柔道歴は長くないですが、中高では合同練習に参加したり超強豪選手(全国2位の選手とか世界3位の選手とかオリンピック選手とか)と乱取りする機会がよくありました。その中でも、何度も乱取りした人や、一際強かった人なんかは今でもよく覚えていて、日文の彼も両方の意味で鮮明に覚えている選手でした。最後に乱取りしてから5年ぐらい経っていたのですが、不思議なもんで、顔見たらすぐ思い出せました。序でに、彼と練習したことや、中学時代のことなど、色々な記憶が脳裏を過ぎりました。
彼と会えたこともそうですが、よく知っている選手を大会で見かけたり、再び乱取りしたりすると、どこか遠い日の記憶が蘇ってきて、nostalgiaのような、不思議な感情を抱きます。それも、鮮明に蘇ってきます。英単語一つ満足に覚えられないのに面白いもんですね。きっと、単語とかと違って、脳じゃなくて、ココロで覚えてるから、鮮明に蘇るんでしょうね。
1対1でぶつかり合う柔道だと、こういう経験ができていいですね。辛さを乗り越えた先に、そういうかけがえのない繋がりが出来るのかなぁ、なんて思いました。離れてても切れない不思議な繋がりが沢山出来るのかなぁ、なんて思いました。

日文での合同練習、色々あったけど、いい思い出です。知り合いに会えて嬉しくて書いただけでオチはないです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">