ちゃう、うどんも柔道も大事なんは柔らかさや

こんにちは。2年の東條です。すっかり寒くなりましたね。まだ12月になったという実感はないのですが、引越しの準備やら帰省時の日程調整やらで身の周りがバタバタしだすと師走を感じることになるのだと思います。

さて、今回はそんな冷え込む季節に僕の心身を温めてくれるうどんの魅力について語りたいと思います。東京は僕の出身である大阪と違ってそば文化の街ですから、ふらっと気軽に入れるうどん屋が少ないわけです。元来うどん好きの僕としては、上京してからずっと何か物足りなさを感じていたのですが、キャンパスが駒場から本郷(厳密に言うと弥生ですが)に移った折に、僕の庭となる店を発掘したのです。

それは本郷三丁目の駅を出てすぐのところにあるこくわがたという店です。並盛りなら400円程度で本格的な讃岐うどんを味わうことができます。また、昼時に店に行くといつも行列ができていますが、立ち食いなので店の回転が早く、並んでも15分くらいで店に入ることができます。

僕はこの店を発掘して以来、昼休みは毎日ここでうどんを食べています。本三の駅から弥生キャンパスはなかなか遠いので、3限に間に合わないこともありますが、そんなものよりもカルシウム満点のいりこだしの方が大事なのだと僕は思います。大盛りだとなかなかのボリュームがありますし、60円追加で鶏天が2個ついてくるのでタンパク質も十分に確保できます。最近は昼だけでは飽き足らず、夜も店に行っています。本郷練後にみんなで部室でうだっている間に僕がこそっと抜け出すことがあると思いますが、そういう時は大抵うどんを食べています。おかげで店の人ともすっかり顔馴染みになり、今では時々おまけで鶏天もう一つや、野菜の天ぷらをつけてもらえるようになりました。常連の強みというやつです。

そんなある日のことです。僕はいつものようにうどんを食べていました。店内は比較的空いており、今日は落ち着いてうどんを味わうことができる、と機嫌よく麺を啜っていました。そこで目にしたのです。コシのある麺を手打ちでついている大将の見事に湧いた両耳を。よくよく観察してみると他の店員さんも見事な「耳」を持っていらっしゃいました。僕は初めて店に入った時から不思議ととてつもない親近感を抱いていたのですが、その時になるほどな、と思いました。皆さんも是非そんな魅力あるうどんをご賞味ください。画像は日替わりメニューである肉うどんと鶏天です。

それでは。

5か月ぶりに

こんにちは。2年の淺井です。昨日に引き続き連日での投稿です。
そもそも文章を書くこと自体が面倒臭くて好きではなく、実はブログも自己紹介、一橋戦の案内、納会の案内しか書いてなかったのですが、久しぶりにする柔道が楽しくて気分がいいので投稿することにしました。

本題に入ります。
6月の末に腰椎分離症で腰を痛めて5か月が経ち、ようやく医者の許可がおりたため先日より練習に復帰しました(やったー)。復帰といっても、けがをする前と同程度の練習ができるようになるのは厳しく、体と相談しつつ練習に参加していくつもりです。
ちなみにですが、療養中はひたすら開脚をしていたため、半年前と比べて脚がかなり開くようになりました(やったー)。

下の写真は僕の腰椎です。痛そうですね。

 

今週の火曜日から打ち込み等に参加し始めたのですが、やはり柔道は楽しいです。久しぶりすぎて、組むだけで心が躍りました。

また、あまり力を使うことなく乱取りができる相手と軽く乱取りをしたりもしているのですが、やはり5か月のブランクは大きいようで、自分のイメージに体がついてこなくて苦労しています。そんなに無理な動きはしていないはずなのに、今も筋肉痛で体中が痛いです。早めに体力を戻したいなあと思います。

自分は文章をまとめる能力が低く、読みやすくかつ長い文章を書こうとすると上手く書ける可能性は限りなく0に近づいていくため、これで終わりにします。

ちなみに、読みやすくかつ長い文章を上手く書ける可能性が限りなく0に近づくというのは、文章の長さを文字数によって定義するとき、文字数がn∈ℕの読みやすい文章を上手く書ける確率をp_nとすると、任意の正数ε∈ℝに対して、ある自然数N∈ℕでn≧Nならば|p_n|<εが成り立つようなものが常に存在するということです。

以上