Home > 部員日記 > お茶の水女子大で出稽古してきました

お茶の水女子大で出稽古してきました

こんにちは。一年の德永です。日曜日にお茶の水女子大学に遊びに、もとい駒場祭の宣伝に行って参りましたのでこの場でご報告いたします。
当日は11時に集合の予定だったのですが、僕は2分も遅刻してしまいました。30分前に到着して入念に準備をしていた福島にたるんでいると言われてしまいました。不甲斐ないです。なお、結局集合時間に間に合ったのは福島だけでした。
そして、到着した扶川先輩と合流し、3人で大学に飛び込みました。するとそこには異様な光景が広がっていました。見渡す限りの女の子でした。3人とも男子校出身者だったので、あまりの女子の多さに圧倒されてしまいました。ちなみに僕は女子の顔を直視することができず、うつむいて歩いていました。しかし歩いていくうちに楽しくなってきたようで、特に福島などは終始ご機嫌で、本当に幸せそうでした。
さて、毎年『新妻カフェ』というカフェに行っていると聞いたのでそこへ行こうとしたのですが今年は無くなっていたようです。残念至極でありました。しかし、その代わりに『恋愛診断カフェ』というカフェに行き、3人揃って恋愛診断をしてもらいました。福島は『夢見るプリンセス』タイプ、僕は『超謙虚なフォロワー』タイプ、扶川先輩はこれらのタイプのハイブリッドだそうです。『夢見るプリンセス』は理想が高いためになかなか理想の相手に巡り会えないそうです。『超謙虚なフォロワー』は自信を持てず、一歩引いて支えることに徹してしまうために相手に巡り会えないそうです。女子の方にそのようなありがたいアドバイスを受けている間、僕は女子と全く目を合わせることができませんでした。実力が足りませんね。
淺井と中村が合流したのち、皆で縁日に行きました。淺井と福島は高得点を叩き出し、景品をもらうことができました。特に淺井はモグラ叩きで歴代最高得点を獲得しました。立派だと思いました。

↑景品をもらってご満悦の福島です。

↑さらには合気道部の出店では技をかけてもらいました。

さて、僕たちはただ遊んでいたわけではありません。試合での度胸を養うため、女の子に積極的に声掛けもしました。特に中村は半ば変質者と化していたので、大いに期待が持てます。

↑重そうな荷物を持っている女の子に声を掛けて荷物を持つ福島です。そんなに重くなかったとのことです。体を鍛えていて良かったですね。

ということで、お茶の水女子大に駒場祭を宣伝することは叶いませんでしたが、皆楽しそうで何よりだったと思います。

それでは恒例のクイズコーナーです。

質量mの粒子が、0<x<a、0<y<b、0<z<cで三次元箱型(井戸型)ポテンシャルの中を、束縛なしに自由に運動している。つまり境界条件は、x≦0,a≦x、y≦0,b≦y、z≦0,c≦zの領域ではポテンシャルが無限大、0<x<a、0<y<b、0<z<cの領域ではポテンシャルが0である。
(1)エネルギー固有値と波動関数はどのように表されるか、答えなさい。
(2)a=b=cとすると、どのような解が得られるか、詳述しなさい。

クイズが思いつかなかったので、授業のプリントから拝借しました。でも答えがわかりません(×_×)☆\(^^;)ポカ コメント欄で答えていただけるとすごく喜びます。以上、德永でした。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > お茶の水女子大で出稽古してきました

メタ情報

Return to page top