寝技の錬成の大会の話

こんにちは!ゆーしです。キャナダから1日もオフがないまま突入してしまった京都遠征の報告をしたいと思います。結果から言うとチームとしては負けてしまった試合が大半を占めました…。つらいです。そんなことよりもとても疲れました。試合の結果については各々部員が受け止めて今後の七大戦に活きればいいなぁと思いました。反省終わり!
ところで、京都の食といえば何を思い浮かべるでしょうか?自分としては漠然と和食のイメージなのですがそんな街京都で食べた夕食は王将でした。京都で食べる餃子は普段より美味しいかと思いきや普通に餃子の味でした。王将の餃子美味しいよね。余談ですが別々に食べた部員も中華を食べていたようなのでそういう点で部員が一丸となれているのが今年のチームの強みなのかなと思いました。(適当)
ゆーしでした。それでは失礼します!

カナダ遠征に行ってきました

こんにちは。二年になってしまった扶川です。3月3日から3月10日までの一週間、キャナダに行ってきました。キャナダというのはとても広い国でして、我々が行ったのはその西の果て、ヴァンクーバーです。ちなみに僕は英語強者なので発音にはこだわっています。カナダではなくキャーナダです。
ヴァンクーバーは静かな港町で豊かな自然に囲まれたきれいな町でした。そして日系の方を中心に柔道が盛んな町でもあります。スティーブストン柔道クラブにお邪魔させていただいて、試合にも参加させてもらいました。そこで僕は二回戦でY中さんにあたり、敗者復活ではS藤くんに当たるという、微妙に運の悪いかんじでした。ちなみにY中さんとゆーしは3位に入賞。次の七大戦ではキャーナダ3位の実力を十分に発揮してくれることでしょう。一緒に行った武大女子、国学院の方々、あとK野くんは試合でも尋常ならざる存在感を発揮していました。一言でいうならチートですね。

ちなみに一日だけあった観光日にはヴァンクーバーに住む友人に会っていました。二歳児の母なのですが、一年前はほとんどしゃべれなかったキィーラちゃんは、つたなくはありますがなんと英語をしゃべっていたのです。こどもの成長は早いものですね。君たちは何年英語を勉強しましたか?それで、しゃべれるようになったんですか?ダメな人たちですね。君たちは2歳児にも劣る。そんなだから、キャーナダをカナダと言ってしまうのですよ。日本の英語教育はどうなっているんだ、と怒りを覚えます。仮にも東大生がアメリカの空港で本を買うとき、ダラーをドルといってしまうなんてドン引きレベルです。まあ僕ですが。
ともかく、われわれはタフでグローバルな人間を目指してこれからも精進してまいります。

勝浦合宿 2/22-24

2月に我々東大柔道部は千葉県の勝浦に合宿に行って来ました。朝のランニングと階段ダッシュ、そして柏崎先生による帯取返と締め技の解説、打ち込み、乱取り等の稽古に加え、寒中水泳もありました。冬の海の中の寒さは厳しいものでしたが、このような体験は日常ではなかなかできないものなので、非常に有意義な経験になりました。これからも柔道を頑張っていこうと思います!(2年生 松本拓大)