受験生へ

一年の金田です。
受験も近いということで、受験生への応援メッセージ的なものを書きたいと思います。
受験まであと一週間もないということで、間近に迫ってきて緊張する人もいれば、あまり実感がわかず意外と普通に過ごしているような人もいるかと思います。
。僕は後者でした。正直、現役時は一周回って遊んでいました。普通に落ちました。ちなみに同じく遊んでいた僕の友達は受かりました。現実は非情です。
ですが、やはりこの時期までくるとどんな人でも多少なりとも不安はあると思います。受験で自分が受かるかどうかを考えた時、一度は模試の判定を気にしてしまうのではないでしょうか。過去の合格体験記などや模試のデータなどを見て、自分は秋にもなってこの判定で受かるのだろうかと思っている人も多いと思います。
でも大丈夫です。この柔道部ではA判定を取り続けて合格した人はほとんどいません。夏も秋もB判定にも届かなかったけど受かったという人がメジャーです。逆にもっと低くて受かった人もいます。むしろ僕は現役の時、夏模試でC判定、秋模試でA判定を出し、順調な受験生ライフを送ったのですが、普通に落ちました。おそらくこの時期にもなってこんなブログを読んでいる人はもう入学後は柔道部に入ることを余儀なくされた人たちだと思いますが、そういう人にとって見れば、夏秋E判定でも合格率は80パーセントです(柔道部基準)。むしろA判定をとった人の方が落ちます。というのはさすがに嘘ですが、まぁ判定など気にしてたらしょうがないということです。
というか、ここまで勉強してきた皆さんにとって大事なのは本番だと思います。おそらく皆さんなら本番でミスが一つもなかったら絶対に受かる人しかいないと思います。そんなわけないと思っている人もいるかと思いますが、実際受けて見るとあそこで計算ミスしなきゃ受かってたかもしれないのにーとか思うはずです。だから自信持って本番でミスなく点数を最大化することに尽力しましょう。そしたら受かります。受かって楽しい柔道ライフが待っています。楽しい柔道ライフが待っています。大事なことなので二度言いました。頑張って下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">