紀柔館に行ってきました! 2015

こんにちは。お久しぶりです。小山です。

 

現役部員は夏練、寝技研鑽会、東京学生体重別、京大戦を終えたかと思ったら息つく暇もなく新学期の授業が始まり、忙しい日々を過ごしていることと思います。

 

さて、私は、9月1日(火)から6日(日)まで和歌山の柔道塾「紀柔館」にお邪魔させていただきました。この企画は同塾のOBであり、東大柔道部のOBでもある柘植陽一先輩のご紹介で実現したもので、境先輩熊王先輩林先輩金田一先輩に続き今年の私で5回目となります。(リンクはそれぞれのときのブログ記事)

 

以下、活動報告をしたいと思います。

 

紀柔館の柔道の練習は学年別になっていて、、中学生以上は腹巻宏一先生が、小学生以下は奥様の腹巻牧先生が主にご指導されています。練習は園児や小学校低学年の練習から始まり、小学校高学年、中高生・一般の練習と続きますが、小学校の低学年の練習に高学年の生徒が早めに来て参加し、低学年の練習相手になってあげるなど、年上の生徒が年下の生徒の面倒を見て、年下の生徒は年上の生徒を尊敬するという学年を超えた生徒同士のつながりがあり、とてもいいなと思いました。また、紀柔館には勉強のクラスもあり、各自が学校の宿題に取り組んだり、牧先生がお出しになる課題に取り組んだりしていました。昨年までの先輩方は夏休みの期間に紀柔館にお邪魔させていただいたので、午前中にも練習が入ることがあったようですが、今年は9月に入ってから訪問させていただいたので午前中に練習等はなく、平日の練習や勉強はいずれも夕方以降にありました。

勉強クラスの様子

 

園児のクラスや小学生のクラスでは、子どもたちが本当に可愛いかったです。子どもたちは練習前に鬼ごっこをして遊んでいるのですが、ある生徒が私を誘ってくれて私もそれに参加させていただきました。無邪気な子どもたちと触れ合うことでとても癒されました。また、私は高校から柔道を始めたので園児や小学生が柔道をしているのを見るのはほとんど初めてだったのですが、小さい子どもたちが礼儀正しくきっちりと礼をし、小さい体で力一杯技をかけ、巧みに受け身を取る姿に感動しました。さらに、わいわいと柔道に取り組む姿に柔道の原点の楽しさを改めて教えていただいた気がします。将来自分も子どもを持つ時が来れば、幼いうちから柔道をさせたいものだと感じました。(ただ、この思いを理解してくれる奥さんと巡り会うことは相当に難しいようですが…)

小学生たちと(早めに来ていた中高生の姿もあります)

 

中高生・一般のクラスでは、宏一先生が私に3日間で60分、90分、90分の計240分も時間を与えてくださったので、東大方式の準備運動を紹介したり、寝技の講義をさせていただいたりしました。寝技の講義では私の説明がわかりにくいところも多々あったとは思うのですが、皆さん熱心に聞いてくださってとても嬉しかったです。

寝技の講義の様子

中高一般クラスの皆さんと

紀柔館の女性陣と

 

また、勉強クラスでも講義をさせていただきました。内容は前半が算数の面白い問題の紹介と解説で、後半が安保法制についての簡単な解説とディスカッションでした。前半では一見難しい問題に対しても生徒の皆さんが熱心に取り組んでくれて、なかなか鋭い解答もあり驚かされました。後半では私の拙い司会にも関わらず皆さんがたくさん意見を出してくれてとても助かりました。皆さん以上に私にとってとても有意義な時間でした。ありがとうございました。

勉強クラスで私が講義をしている様子

 

最後に、5泊もご自宅に泊めてくださり、お車での送迎などもしてくださった腹巻宏一先生、美味しいお料理を用意してくださるなどした牧先生、「カフェ」でおもてなしをしてくださった紀子さん、私のことを温かく受け入れてくださった紀柔館の皆さん、この企画を紹介してくださった柘植陽一先輩、その他お世話になった全ての皆さんにお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。おかげさまで思い出に残る楽しい1週間を過ごすことができました。

紀柔館に行ってきました! 2015” への2件のコメント

  1. 小山君
    一週間、どうもありがとうございました。
    ぜひ、また来てください。貴君の思いを理解してくれる人とのご縁もあるかもしれませんので(笑)

  2. 柘植先輩

    今回の企画を紹介してくださり、また、最終日には激励に駆けつけてくださりありがとうございました。是非また紀柔館にお邪魔させていただきたいと思っています。その折にはまたよろしくお願いします。

    小山智之

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">