Home > 部員日記 > 月並試合にて

月並試合にて

どうも、齊藤です。
先日行われた七大学戦のレセプションで、京大のS先輩にブログの記事でからまれました。
「あ、柔術の大会に出ましたのS藤君やん~」
ブログを読んでいる人がいるなんて驚きでした。もっと積極的に更新せねばならないと使命感に燃えた私は、ネタ作りのために講道館の月並試合に出ることにしました。
立ち技の試合に出るのはめったにないことだったので緊張しましたが、寝技を武器に戦っていこうと思いました。
一試合目。相手は中学生でしたが、立ち技の出来そうな雰囲気を醸していましたので、早速寝技に引き込みます。「おおお帯取り返しや!」帯取りがえしを狙いますが、失敗して潰れてしまいました。回り込まれてあっさり抑え込まれ……と見せかけて鉄砲返しで抑え込み。

計算通りさっ(キリッ

2人目は何回か練習したことのあるTさんでした。なぜ白帯なのかがわからないほど強いです。寝技で頑張るしかありません。

引き込んで勝負を挑みますが、あっさり足を超えられて抑え込まれました。
計算通りさっ(キリッ
と思いましたがだめでした。

結果、1人抜きで終了でした。負けはしましたが、試合に出るといろいろ見えてくるものがありました。他の部員も僕を見習って月並試合に出るようにするといいのではないでしょうか。

Comments:1

平成10年卒西森 15-07-13 (月) 10:53

齋藤君、月次試合への参加お疲れ様です。月次試合は7人戦レギュラー以外の選手にとって貴重な試合機会になるので、ぜひ積極的に参加してもらいたいです。立ってくる相手に対して、どうやって寝技に持ち込むかなど、テーマを決めて臨めば得るものも大きいと思います。
また昇段にも関心をもってもらいたいです。初段で入部した人は参段、白帯入部者も弐段は取って卒業することを一つの目標にすると良いでしょう。
頑張ってください。

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 月並試合にて

メタ情報

Return to page top