Home > 部員日記 > 寝業錬成大会

寝業錬成大会

少々遅くなりましたが、3/14,15に京都武徳殿にて行われた寝業錬成大会について書きます。1年の上原です。はじめこそ「なんで来たの?!」と浴びせられていた私ですが、なんと今回は女子も七大ルールでの試合があることが前日に発覚し、単なるビデオ係ではなく道着を着て試合をしてきました。行ってよかったです。男子の方から書くと、2日間にわたって6試合を行い、七大戦の前哨戦と意気込む他大学とけが人を除き5〜7人で戦ってきました。内容はそれぞれ課題のあるものだったと思いますが、見ていた側からとしては、ああ七大戦とはこういうものだったなあといった感じがしました。国際ルールのように目に鮮やかに勝負が一瞬で決まったりすることは稀で、むしろ勝負がつくことさえ多くない中で、じっくりよく見ていないといつの間にか抑え込んでいる、というような試合があります。私たちも普段そのような技術を練習しているわけですが、試合で使われているのを見るとやはり、お互いに全力で戦う中で決まる技というのは相応の積み重ねがあるんだと思いました。女子の試合ですが、北大2名、東北大3名と私で総当たりの個人戦を行いました。しかしながら同じ大学内では試合をしないという方針だったらしく、2日目には4試合中3試合に私が出場するというなんとも練習試合らしい感じでした。全試合を通して、自分があまりにも寝技の技術がないことを痛感しました。普段、国際ルールの試合を目標に練習をし、せっかく東大で柔道をしているのに七大的な寝技ではほとんど男子にボコられているだけで、七大ルールでの基本の基本さえ身についていなかったため、立ち技でなんとかしようとしていたのですが、今考えると滑稽です。監督にもアドバイスをいただきましたが、せっかく東大にいるので基本の基本から七大的な寝技を少しは習得していきます!長くなってしまいましたが、この辺りで失礼します。(一緒に練習をしてくれる女子新入生を心よりお待ちしております!!)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 寝業錬成大会

メタ情報

Return to page top