寝業錬成大会

少々遅くなりましたが、3/14,15に京都武徳殿にて行われた寝業錬成大会について書きます。1年の上原です。はじめこそ「なんで来たの?!」と浴びせられていた私ですが、なんと今回は女子も七大ルールでの試合があることが前日に発覚し、単なるビデオ係ではなく道着を着て試合をしてきました。行ってよかったです。男子の方から書くと、2日間にわたって6試合を行い、七大戦の前哨戦と意気込む他大学とけが人を除き5〜7人で戦ってきました。内容はそれぞれ課題のあるものだったと思いますが、見ていた側からとしては、ああ七大戦とはこういうものだったなあといった感じがしました。国際ルールのように目に鮮やかに勝負が一瞬で決まったりすることは稀で、むしろ勝負がつくことさえ多くない中で、じっくりよく見ていないといつの間にか抑え込んでいる、というような試合があります。私たちも普段そのような技術を練習しているわけですが、試合で使われているのを見るとやはり、お互いに全力で戦う中で決まる技というのは相応の積み重ねがあるんだと思いました。女子の試合ですが、北大2名、東北大3名と私で総当たりの個人戦を行いました。しかしながら同じ大学内では試合をしないという方針だったらしく、2日目には4試合中3試合に私が出場するというなんとも練習試合らしい感じでした。全試合を通して、自分があまりにも寝技の技術がないことを痛感しました。普段、国際ルールの試合を目標に練習をし、せっかく東大で柔道をしているのに七大的な寝技ではほとんど男子にボコられているだけで、七大ルールでの基本の基本さえ身についていなかったため、立ち技でなんとかしようとしていたのですが、今考えると滑稽です。監督にもアドバイスをいただきましたが、せっかく東大にいるので基本の基本から七大的な寝技を少しは習得していきます!長くなってしまいましたが、この辺りで失礼します。(一緒に練習をしてくれる女子新入生を心よりお待ちしております!!)

卒業旅行(2)

皆さんお久しぶりです。4年の小山です。先日T君が卒業旅行について現地から速報版を投稿してくれましたが、日本に帰って来たので私が改めて完全版を投稿したいと思います。

T君も言及していたように、我々の代は一つ上の代の先輩方がお作りになった伝統を引き継ぎ毎年オフに同期で旅行に行っていました。1年のときは箱根、2年のときは日光、3年のときは富士急ハイランドにそれぞれ行きました。そして今年は卒業旅行ということで奮発して海外に行こうということになり、3泊4日で台湾に行ってきました。実は同期旅行といってもなかなか全員の予定が合わず、同期7人が全員揃って旅行に行くのは今回が初めてでした。

私も含めて海外旅行が初めてだったり、幼い頃に行ったきりだったりするメンバーが多い中、椿と佐野は海外旅行に慣れているのでとても頼りになりました。そのため旅行の幹事も、去年までの3回は全て私が担当したのですが、今回の旅行は椿が担当してくれて、私は付いていくだけのとても気軽な旅行でした。

 

以下、今回の旅行で私の心に残ったことを書いていきたいと思います。

1日目で印象的だったのは、夜に行った士林夜市です。ここは昭和の日本を思わせる雑多さと活気があり、アジアのエネルギー、若さを感じることができました。2日目で印象的だったのは龍山寺です。ここは仏教の寺院なのですが、道教など他の宗教や信仰の要素も加わっていて、日本の寺院とは一味違う雰囲気だったのが面白かったです。3日目で印象的だったのは十分瀑布です。「台湾のナイアガラ」と言われるだけあって迫力満点でした。

今回の旅を通じて印象的だったのは、「自撮り」をしている観光客が多かったことです。中でも、「自撮り棒」を用いて自撮りをしている観光客がたくさん目につきました。それに感化されてか、佐野が自撮りをしたいと旅の道中でしきりに言っていたので、十分瀑布で僕らも自撮りをしてみました。その写真がこれです。

皆さんいかがでしょうか。

さて、今回の旅行を通じてもう一つ印象的だったのは、台湾の皆さんの優しさです。例えば、行きの飛行機の機内で入国カードが配られたとき、海外旅行が初めての私はそれが何なのか判らず困っていました。すると、隣に座っていた台湾のご婦人が、優しくそれが何でどのように記入するのか教えて下さいました。他にも折りに触れて台湾の方の優しさを感じました。台湾の皆さんありがとうございました。

とても楽しい旅でした。4年の終わりに、いい思い出を作ることができてよかったです。旅行を仕切ってくれた椿をはじめ同期の皆に感謝したいと思います。