Home > Archives > 2015-03

2015-03

寝業錬成大会

少々遅くなりましたが、3/14,15に京都武徳殿にて行われた寝業錬成大会について書きます。1年の上原です。はじめこそ「なんで来たの?!」と浴びせられていた私ですが、なんと今回は女子も七大ルールでの試合があることが前日に発覚し、単なるビデオ係ではなく道着を着て試合をしてきました。行ってよかったです。男子の方から書くと、2日間にわたって6試合を行い、七大戦の前哨戦と意気込む他大学とけが人を除き5〜7人で戦ってきました。内容はそれぞれ課題のあるものだったと思いますが、見ていた側からとしては、ああ七大戦とはこういうものだったなあといった感じがしました。国際ルールのように目に鮮やかに勝負が一瞬で決まったりすることは稀で、むしろ勝負がつくことさえ多くない中で、じっくりよく見ていないといつの間にか抑え込んでいる、というような試合があります。私たちも普段そのような技術を練習しているわけですが、試合で使われているのを見るとやはり、お互いに全力で戦う中で決まる技というのは相応の積み重ねがあるんだと思いました。女子の試合ですが、北大2名、東北大3名と私で総当たりの個人戦を行いました。しかしながら同じ大学内では試合をしないという方針だったらしく、2日目には4試合中3試合に私が出場するというなんとも練習試合らしい感じでした。全試合を通して、自分があまりにも寝技の技術がないことを痛感しました。普段、国際ルールの試合を目標に練習をし、せっかく東大で柔道をしているのに七大的な寝技ではほとんど男子にボコられているだけで、七大ルールでの基本の基本さえ身についていなかったため、立ち技でなんとかしようとしていたのですが、今考えると滑稽です。監督にもアドバイスをいただきましたが、せっかく東大にいるので基本の基本から七大的な寝技を少しは習得していきます!長くなってしまいましたが、この辺りで失礼します。(一緒に練習をしてくれる女子新入生を心よりお待ちしております!!)

卒業旅行(2)

皆さんお久しぶりです。4年の小山です。先日T君が卒業旅行について現地から速報版を投稿してくれましたが、日本に帰って来たので私が改めて完全版を投稿したいと思います。

T君も言及していたように、我々の代は一つ上の代の先輩方がお作りになった伝統を引き継ぎ毎年オフに同期で旅行に行っていました。1年のときは箱根、2年のときは日光、3年のときは富士急ハイランドにそれぞれ行きました。そして今年は卒業旅行ということで奮発して海外に行こうということになり、3泊4日で台湾に行ってきました。実は同期旅行といってもなかなか全員の予定が合わず、同期7人が全員揃って旅行に行くのは今回が初めてでした。

私も含めて海外旅行が初めてだったり、幼い頃に行ったきりだったりするメンバーが多い中、椿と佐野は海外旅行に慣れているのでとても頼りになりました。そのため旅行の幹事も、去年までの3回は全て私が担当したのですが、今回の旅行は椿が担当してくれて、私は付いていくだけのとても気軽な旅行でした。

 

以下、今回の旅行で私の心に残ったことを書いていきたいと思います。

1日目で印象的だったのは、夜に行った士林夜市です。ここは昭和の日本を思わせる雑多さと活気があり、アジアのエネルギー、若さを感じることができました。2日目で印象的だったのは龍山寺です。ここは仏教の寺院なのですが、道教など他の宗教や信仰の要素も加わっていて、日本の寺院とは一味違う雰囲気だったのが面白かったです。3日目で印象的だったのは十分瀑布です。「台湾のナイアガラ」と言われるだけあって迫力満点でした。

今回の旅を通じて印象的だったのは、「自撮り」をしている観光客が多かったことです。中でも、「自撮り棒」を用いて自撮りをしている観光客がたくさん目につきました。それに感化されてか、佐野が自撮りをしたいと旅の道中でしきりに言っていたので、十分瀑布で僕らも自撮りをしてみました。その写真がこれです。

皆さんいかがでしょうか。

さて、今回の旅行を通じてもう一つ印象的だったのは、台湾の皆さんの優しさです。例えば、行きの飛行機の機内で入国カードが配られたとき、海外旅行が初めての私はそれが何なのか判らず困っていました。すると、隣に座っていた台湾のご婦人が、優しくそれが何でどのように記入するのか教えて下さいました。他にも折りに触れて台湾の方の優しさを感じました。台湾の皆さんありがとうございました。

とても楽しい旅でした。4年の終わりに、いい思い出を作ることができてよかったです。旅行を仕切ってくれた椿をはじめ同期の皆に感謝したいと思います。

 

 

卒業旅行

皆さんお久しぶりです。4年のTです。

 

昨日から4年生同期7人で台湾に来ています。

 

部内の絆が強固な僕たちは毎年オフ中に同期で旅行するのですが、

 

今春就職する椿と佐野が学生である内に同期が一同する最後の旅行です。

 

同期旅行では初の海外進出となりました。ちなみに柔道着は持ってきていません。

 

卒業旅行にしては手近な旅行先ですが、ようやく並の学生らしいことができた実感を噛みしめています。

 

残り2日あるので台湾の美食と雰囲気を十分堪能したいと思います。

 

 

今日撮影した集合写真@中正紀念堂。4年間のベストショットではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

京大遠征

京大合宿の記録

こんにちわ。一年の齊藤です。2月24日から3日間、京大合宿を行いました。
23日の24:00に東京を夜行バスで出発。翌日7:00に京都につきました。初日の練習は9:00からでしたので、バスで寝ていたためむくんでパンパンになった足を引きずりながらの練習となりましたが、この日は練習は午前で終了。昼飯は京大の方たちと一緒に食べました。僕と今野は、水谷君と海野君に連れられてハンバーグを食べました。水谷君は力も強くてとても強かったです。海野君は練習中は真剣な顔をして襲い掛かってきていたような気がしました。というのも終始カメにされていたからです。しかし、練習が終わるとにこやかな好青年に変わっていました。京大のお話などを興味深く聞かせていただきました。「京大のカメは固い」と山中主将が言っていたのを思い出したぼくは、カメの秘訣を教えてもらおうとしたのですが、「必死に掻き出すんや。」それだけ?
夜は僕は早く寝たかったのですが、小林君が僕の鼻の穴に指を突っ込んできて邪魔をしてきてとてもウザかったです。そんなこんなで一日目は終了。
二日目。この日から阪大も練習に加わります。
練習はこれといって何事もなく終わりました。僕は昨日のカメのコツを思い出しながら、必死に掻き出していたら、相手がいやそうだったのでうれしかったです。少しカメが固くなった気がしました。
今日は2部練だったので、午後は僕らの中にも発狂する人が現れました。僕も足がらみで耐えながら奇声を発していたので、他大から「あそこだけ別の競技」と評されていたようです。
乱取りが終わった後は研究の時間です。僕らの質問にも京大・阪大の方たちは隠し立てすることなく教えて下さいました。とても勉強になるとともに、他大のレベルの高さを思い知りました。
僕たちはとても疲れましたが、「寝違えた」などとほざいて練習をサボった立川君だけは元気で、僕にしつこく話しかけてきてウザかったです。そんなこんなで二日目も終了。
3日目。いよいよ最終日です。
苦しかった練習が終わるのがうれしくて、またもや発狂する人が出ました。多分キモチワルイとおもわれていたでしょう。
これまで、人見知りの僕は研究の時間でも聞きたいことが聞けずにいたのですが、せっかく京都に来たのだし、少しでも成果を持って帰ろうと他大の人にもいくつかお話を伺うことにしました。とても優しく教えてくださいました。早く聞いておけばよかった、とおもいました。
練習が終わった後は観光です。僕と古跡と木下さんで金閣寺に行きました。金閣寺は思ったより金色ではありませんでした。日が出ていなかったためでしょうか。
「一行写経」をする場所があったので、みな思い思いの筆を振るいました。

次に龍安寺に向かいましたが、途中山中さんの一行とすれ違うというハプニングもありました。おしゃれな人たちの中で、山中さんだけ明らかに浮いていました。
その後京都の町をブラブラし、京都タワーの風呂に入り、夜行バスで帰りました。
これで遠征は終わりです。

まとめとしては、他大の寝技のレベルはやはり高かったということです。個人的には、寝技で戦いたいと思っているのですが、ぼこぼこにされてしまったので、当面の目標としては、体重を増やす(次の七大までには75キロになる)ことと、組み手(立ち技・寝技両方)を勉強することです。これからも練習を頑張ります。

こんにちは

表題通り、こんにちは。2年の山中です。去年の今頃は一生懸命ブログを書いていたなーとふと思い出し、ブログを見てみたところ、全然更新されていなかったので、ここらで更新しておこうと思います。

最近、七徳堂の工事が終わり、再度使用できるようになりました。友達の少ない僕にとって、本郷キャンパスで一人で自由に昼食を食べられる唯一の場所であり、これから、本郷に進学した際には、毎日、お世話になるであろう場所が戻ってきたのでとても嬉しいです。しかし、実際には一人ではありません。他にも柔道部員がいるからです。でもまぁ,どうせ全員他人には目もくれず、死んだような目で昼飯を食べているので、一人みたいなもんですけどねwww また、工事のおかげで、トイレにウォシュレットが付きました。東京の紙は田舎者に対しては厳しく、僕のお尻は崩壊寸前でしたが、温かいお水という救尻主が現れました。この救尻主もまた、僕を七徳堂へと誘うことでしょう。ちなみに、救尻主をなんて読むかはわかりません。

また、七徳堂には多くの漫画が保管されています。こうなってしまったのは、歴代の先輩方が、捨てに行くのが面倒で七徳堂に持っていらっしゃたからだと思います。つまりは七徳堂に捨てにいらっしゃっていたわけですwww まるでゴミ屋敷ですが、雑然としているということも、いいものだなと思います。僕もそのうち、漫画を捨てに行くことになると思いますので、誰か読んでみてください。

ここまで、七徳堂の素晴らしいところを書いてきたので、USJ感覚で「七徳堂に行きたい」と思った方もいらっしゃるかと思います。しかし、七徳堂にはドアに鍵がつけられました。一般の方は入れません。残念でしたー。べぇー。べぇーべぇー。七徳堂に入りたい方は柔道部に入部しましょう。きっと、素晴らしい生活が送れますよ。それと、僕に会えます。あ、それはいいですか。べぇー。

ということで、全然関係ない話でしたが、春連はまだまだこれからなので、七徳堂にたまりつつ頑張りたいと思います。山中でした。

Home > Archives > 2015-03

メタ情報

Return to page top