Home > 部員日記 > 春練が始まって・・・(番外編)

春練が始まって・・・(番外編)

こんにちは。今日できることは明日に伸ばさないがモットーの1年の山中です。ということで、今回は時系列を無視して、今日のことを書こうと思います。

「え? 今日って何の日だっけ?」とお思いのそこの奥さん、今日は電卓の日ですよ…というのは置いておいて、日本武道館で第36回全国高等学校柔道選手権大会が開催され、個人戦が行われました。生憎の雨でしたが、僕も会場まで見に行きました。今までこのような全国大会の会場の雰囲気を感じられる機会はなかったので、選手でもないのに緊張してしまいました。やはり、日本武道館で試合をすることは柔道家の憧れですね!

9時20分頃試合開始ということで、僕は9時ころ自宅を出発し、予定通り9時半に武道館に到着しました。今回の観戦の1番の目的は弟の試合を見ることだったので、弟の試合が始まるまでは少しソワソワしていましたが、早々に負けてしまったので、後は個人的な興味で試合を2時間くらい見ていました。中国地区の選手で何人か知っている選手の試合や、優勝候補として名前が挙がっている選手の試合を中心に見ていましたが、やはり、全国大会ということもありどの試合も見応えがありました。一柔道家として、とてもワクワクしました!東京に来てよかったなぁ!

12時頃、お腹も空いたので、駒場に移動し、その後七徳杯の準備をしました。準備が終わったころ、新潟高校の御一行が東大を見学されるということで、駒場にいらっしゃったので部員一同で案内しました。そもそも、なぜ新潟高校の御一行がいらっしゃったかというと、新潟県の代表として2年生の加藤君が個人戦に出場することになり、部員の皆さんが東京にいらっしゃったので、この機会に東大を案内しようということになった…と聞いています。(合ってるかな?汗)イタトマで談話形式で新潟高校の皆さんとお話をしました。コミュニケーション能力に自信のない僕はあまり高校生の皆さんの参考になるお話はできなかったのではないかと思います。僕は東大志望の男の子と京大志望の男の子(確認を取ってないので一応匿名ということで…)、館林さんと後藤さんと同じテーブルに座り、談話しました。二人とも文系ということなので、僕としても親近感が湧いきました。また、二人とも大学生になっても柔道を続けたいと言っていたので、是非、勉強も柔道も頑張ってほしいと思います! その後、駒場キャンパス内を案内し、御一行とお別れしました。僕自身も公立の進学校出身、柔道部員が少ないという状況という似たような境遇にいたので、とても親近感を抱いています(2回目) 新潟高校の皆さん、これからも是非頑張ってください!そして、是非東大とは言いませんが、大学に進学しても柔道を続けてほしいと思います。

イタトマにて

イタトマにて

ということで、日付が変わってしまいましたが、今日の出来事をつらつらと書き綴りました。次回は(3)に戻ります。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 春練が始まって・・・(番外編)

Search
Feeds
Meta

Return to page top