Home > Archives > 2014-03

2014-03

春練が始まって・・・(3)

こんにちは。1年の山中です。小山さんの満面の笑みの上を早々に埋めてしまうことは少し憚られますが、書きますと宣言した以上、続きを書きたいと思います。そろそろ僕のブログもまんねりになってきたので、(2)で言った通り、地元の方言を使ってブログを書いてみようと思います。

なぜ、方言を使おうと思ったかというと、その理由は3つあります。まず、1年生唯一の地方出身者ということで、地方色をアピールて、東京勢に負けないようにするためです。首都圏の出身者は、往々にして、田舎をバカにしてきますが、田舎にも素晴らしい個性があるということを是非知ってほしいです。その一つが方言だと思います。特にH本さんには目ん玉をひんむいて見てもらいたいです。H本さんは文系のことだけでなく、田舎のこともバカにしてきます。H本さんは…(ry 次に、インパクトを取り戻すためというのがあります。僕自身もう普通にブログを書くのは飽きました汗。最後に、打ちやすいというのがあります。時間短縮です。ということで以下本題。日常会話的なので、敬意を表す表現は少ないです。分からないところは推測しながら読んでください。

3月に入って、最初の大きな行事は寝技錬成大会やったわ。これさぁ、毎年、京都の武徳殿で開かれちょるんやけど、東大もほぼ毎年参加しちょるらしいけえ、今年も参加したんちゃね。個人的には武徳殿は初めてやったけえ、辺りをウロウロしたんちゃ。色々写真も撮ったんよね。いい記念になったとおもっちょったんやけど、よおかんがえたら、今年の七大戦は京都やったと思い出しけえ、なんかありがたみが減ったわ。

大会の内容なんやけど、七大ルールの、練習試合に近いものらしいんよね。参加校は七大学の他に岡山大学やら広島大学やった。個人的には他の大学と七大ルールで試合をするのは2回目やけえ、結構緊張したんやけど、そこそこの試合内容やったわ。他大の人たちは寝技がぶち強かったっちゃね。あと2か月で戦力にならんにゃいけんけえ、頑張らんにゃいけんって思ったわ。

あと、ぶち覚えちょるのは、社会の怖さを体現しちょーようなパワハラを見たことやわ。こっちに被害がくるかもしれんけえ、内容はよお言わんけど、某先輩が今度、嬉しそうに語りよったら、これのことやなって思ってーね。

錬成大会の1週間後なんやけど、東京学芸大学で柔道出前講座があったんちゃ。東京学芸大学の柔道場に東京都の2部校が集まって練習したんよね。講師として鈴木桂治先生がいらっしゃって、1時間くらい足技を教えてくださったんよ。鈴木桂治先生は、僕たちの世代にとっては、憧れの人やから、生で見られてぶち嬉しかったんやけど、それだけやなくて、得意な足技を教えていただけて、ぶち感動したわ。先生の講義の後、乱取りがあったんやけど、僕も乱取りしていただきたかったんやけど、無理やったわ。とりあえず、いい経験になったわ。

以上本題でした。方言は文字にすると読みにくいですね。もうやめます。次回で最後になるかと思いますので、気合をいれて書きたいと思います。

小山慰労会!

平成22年卒の佐竹です。せっかくなので久々の投稿です。

3/23(日)に七徳杯が開催され、小山がこの七徳杯をもって主務を木下に引き継ぎました。これを受け、光武・津留の主務OBが慰労会および木下の激励会を開催しました!
小山の希望で寿司を^^

いかがでしょうか?素敵な笑顔ですね。実は木下が中座し、ここにはそれはそれは面白いエピソードがあるのですが、Webへの掲載が憚られる内容であること残念でなりません・・・・

ちなみに、小山はこれから別の先輩からも寿司の慰労会の打診をうけているとか!
寿司や焼肉を食べたいと思っている新入生は、是非東大柔道部に入部し主務をつとめてはいかがでしょうか?笑

それでは!

twitterを始めました!

こんにちは。1年の山中です。

この度、東大柔道部は広報活動の一環としてtwitterを始めることになりました。練習日程や試合結果などの情報を発信していく予定です。

アカウントは@todaijudobuです。よろしければフォローの方をお願いします。

中の人は部員の中で1番暇そうな人です。

きっと暇なので、質問なども気軽にしてください。「いつ練習しているんですか?」や「部員は何人いるんですか?」、「どんなバイトをしてますか?」などどんな質問でも大歓迎です!

是非よろしくお願いします。

 

肝心の春練のブログは…明日に更新します。すいません。早く今日まで追いつけるようにがんばります汗

 

 

 

 

 

 

春練が始まって・・・(番外編)

こんにちは。今日できることは明日に伸ばさないがモットーの1年の山中です。ということで、今回は時系列を無視して、今日のことを書こうと思います。

「え? 今日って何の日だっけ?」とお思いのそこの奥さん、今日は電卓の日ですよ…というのは置いておいて、日本武道館で第36回全国高等学校柔道選手権大会が開催され、個人戦が行われました。生憎の雨でしたが、僕も会場まで見に行きました。今までこのような全国大会の会場の雰囲気を感じられる機会はなかったので、選手でもないのに緊張してしまいました。やはり、日本武道館で試合をすることは柔道家の憧れですね!

9時20分頃試合開始ということで、僕は9時ころ自宅を出発し、予定通り9時半に武道館に到着しました。今回の観戦の1番の目的は弟の試合を見ることだったので、弟の試合が始まるまでは少しソワソワしていましたが、早々に負けてしまったので、後は個人的な興味で試合を2時間くらい見ていました。中国地区の選手で何人か知っている選手の試合や、優勝候補として名前が挙がっている選手の試合を中心に見ていましたが、やはり、全国大会ということもありどの試合も見応えがありました。一柔道家として、とてもワクワクしました!東京に来てよかったなぁ!

12時頃、お腹も空いたので、駒場に移動し、その後七徳杯の準備をしました。準備が終わったころ、新潟高校の御一行が東大を見学されるということで、駒場にいらっしゃったので部員一同で案内しました。そもそも、なぜ新潟高校の御一行がいらっしゃったかというと、新潟県の代表として2年生の加藤君が個人戦に出場することになり、部員の皆さんが東京にいらっしゃったので、この機会に東大を案内しようということになった…と聞いています。(合ってるかな?汗)イタトマで談話形式で新潟高校の皆さんとお話をしました。コミュニケーション能力に自信のない僕はあまり高校生の皆さんの参考になるお話はできなかったのではないかと思います。僕は東大志望の男の子と京大志望の男の子(確認を取ってないので一応匿名ということで…)、館林さんと後藤さんと同じテーブルに座り、談話しました。二人とも文系ということなので、僕としても親近感が湧いきました。また、二人とも大学生になっても柔道を続けたいと言っていたので、是非、勉強も柔道も頑張ってほしいと思います! その後、駒場キャンパス内を案内し、御一行とお別れしました。僕自身も公立の進学校出身、柔道部員が少ないという状況という似たような境遇にいたので、とても親近感を抱いています(2回目) 新潟高校の皆さん、これからも是非頑張ってください!そして、是非東大とは言いませんが、大学に進学しても柔道を続けてほしいと思います。

イタトマにて

イタトマにて

ということで、日付が変わってしまいましたが、今日の出来事をつらつらと書き綴りました。次回は(3)に戻ります。

春練が始まって・・・(2)

こんにちは。1年の山中です。前回の続きを書きます。

1週目は、特別なことはなく、純粋に春練を体感しました。今回の春練は筋トレと出稽古重視ということで、僕は特に筋トレをやってみました。とりあえず、この一週間でトレーニング方法と筋肉の名前、そして、プロテインに詳しくなりました。「これを続ければムキムキマッチョになれるかなー」と淡い期待を抱いた一週間でした。今のところ効果はありません(- -;)  気長にがんばります!

ふと思い出すと、筋トレの後に、最近アルバイトを始めて、練習にスーツで来るようになり、「俺って大人だろ」という意味不明な優越感に浸っている、某under the tree氏、通称アンちゃんと卓球をしたことがありました。僕は前に、アンちゃんとバドミントンをしたことがあるのですが、その時はアンちゃんに完敗しました。アンちゃんはバスケット経験者ということで、僕よりも球技に長けているのかなとあきらめかけていましたが、今回勝って、アンちゃんをギャフンと言わせて、意味不明な優越感を消し去ってやろうと思っていました。序盤は僕が3点差をつけて勝っていましたが、8-5まできたところで、アンちゃんはこれまた意味不明な大人パワーでなんと5点連取しました。結局、11-9で負けました。伊達に大人のオーラを纏っていなかったです。次回、何で対決するかは分かりませんが、今度は、僕はカイオウ並みの魔闘気をまとう気です。そこの奥さん、ここ笑いどころですよ。そんなアンちゃんは、今日風邪をひいたらしいです。ざまあみさらせい。そんなこんなで一週目が終了しました。

2週目には、東大など国公立大学の入試がありました。柔道部的には、学内の道場が使えないので、慶應義塾大学に出稽古に伺うことになりました。とてもいい練習をさせていただきました。練習後、文系の僕は、文系数学を解いてみました。印象としては、去年よりも点が取りやすかったなと思いました。ということで、翌日の練習で、日頃から文系のことをバカにしているH本先輩にどやぁというために、結果を報告すると、「あれじゃん、文系って最近学力落ちてるから問題が簡単なんじゃん」と仰っていました。文系の学力の話はよくわかりませんが、とりあえず、文系は必要ないという考えは覆らなかったです。そんなH本先輩は最近、希望の研究室に入れることになったそうです。おめでとうございます。

また、この週には、小川コーチが初めて練習にいらっしゃいました。部員に混ざって練習していただきました。僕も、乱取りをしていただきました。日本でトップレベルの方と練習ができて、とても幸せでした。また、乱取りの区切りごとに指導をいただきましたが、技術的なことだけでなく意識的なことまで様々なアドバイスをいただきました。小川コーチが仰るように、柔道の引き出しが増えるよう、一つひとつのアドバイスを大切にしたいと思います。

週末には、僕とアンちゃん、そして森さんにも協力をいただいて、新歓用に立て看板を作りました。僕は、昔から工作の類のことは好きだったので、一人で1枚看板を作りました。森さんとアンちゃんは2枚看板を作っていましたが、途中から僕も手伝いました。ということで、立て看板は7割は僕が作った様なものです。もし、新1年生で立て看板を見た方は、これは山中が作ったと思って、僕を尊敬してください。可愛がってあげます。それはともかく、1度練習に来てみてください。僕のブログとは違って、魅力にあふれています。きっとすぐに柔道の魅力を感じてもらえると思います。このような感じで、2週目が終了しました。

今日はここまでにします。なんとか(3)につなげることができました。しかし、もうすこしフランクさが足りないと思うので、次回は気が向いたら山口弁で書きます。

春練が始まって・・・(1)

こんにちは。1年の山中です。

前回の記事から1か月経ちました。「とりあえず、何でもいいから更新しろ」というWEBページ担当の某先輩からの命を受けて、パソコンの前に座っているところです。少し愚痴を言うと、他の1年生が全くブログを更新してくれません。自己紹介をまだしていない輩までいる始末です。今回に関しても、僕と木下にのみ命が下るというような状況で、新歓で忙しい木下に任せるのは申し訳ないので、僕が書くことになりました。他の1年生はもうすでにあきらめられています汗。と、他の1年生に文句を言ってしまいましたが、これ以上言うと、僕も、WEBページ担当の某先輩から「お前も同じようなもんやろ怒」と関西弁でツッコミが飛んできそうなのでこれくらいにしておきます。とりあえず、僕は、先輩に言われずともブログを更新できるような爽やか好青年になりたいと思います。

 

タイトル通り、春練が始まって1か月経ちましたが、気が付けばいろいろなことがあったような気がします。そこで、ここ1か月の出来事をダラダラと書き綴りたいと思います。漠然としたタイトルにしておけば何とかネタが続くような気がしたので(1)としましたが、本当に続けられるかどうか不安で仕方ありません。(2)で終わった場合でも、決して、「こいつの人生ってつまんないんだろうな」とか思わないでいただけると嬉しいです。

 

まず、なんといっても大雪のことがありますね! 春練は2/14から始まる予定だったのですが、東京にも大雪が降り、練習開始が延期されました。2日後に卒業生送別試合を控えており、試験勉強でまともに階段も上れなくなってしまった僕にとっては、本当にいい迷惑でした。JR東日本の言葉を借りれば、「全部雪のせいだ」です。と言いつつも、レポートに追われていた僕にとっては少しラッキーで、何とか、全てのレポートを提出することができました。その結果の成績はどうだったのかというと・・・その話はまたあとで笑

 

ということで、オフ明けがいきなり試合になってしまいました。練習がないまま、「2日後の卒業生送別試合」を迎えました。現役生は、朝から会場設営などの準備をして、昼から卒業生送別試合とOB戦が行われました。僕の試合の感想としては、とりあえず、体力的にきつかったという言葉に尽きます。すぐに息があがってしまい、試合後は足がガクガクでした。炬燵の弊害だと思います。試合を見ての感想としては、久しぶりに七大ルールの試合を見て、特に卒業生の先輩方がとても高い技術を持っていることを実感しました。実際に試合で相手の動作に対して対応できるようになるのは、もっと練習が必要だと感じました。少し真剣なことを書いてしまいましたが、僕の真面目な感想とは違い、全体としては和気藹々と試合をしていたような気がします。こういうときに、ふと、柔道をやっていてよかったなと思ったりします。試合後は、送別会が行われました。先輩方が自分の思い出を語られたり、部長からお言葉をいただいたりしました。僕が、先輩の他己紹介のときにニヤニヤしていたら怒られました。就職される田村先輩へのビデオを見て、感極まっている田村先輩がとても印象的でした。この時も、僕はニヤニヤしていたので怒られました。自分はニヤニヤしているつもりはないのですが、ニヤニヤしていたみたいです。という訳で、普段真面目な僕もニヤニヤしてしまうような楽しい会でした。

 

とりあえず、今日はここまでにします。(2)はもう少し、フランクな感じで書きたいなとか思っています。乞うご期待(^^)

 

 

Home > Archives > 2014-03

メタ情報

Return to page top