Home > 部員日記 > 自己紹介

自己紹介

初めまして、1年の藤田大樹と申します。科類は理科2類で、出身高校は私立桐朋高校です。柔道は高校の授業で2年間やっただけなので、実質素人であり当然無段です。ちなみに中高6年間はずっと文科系の部活に入っていました。
では何故そんな僕が柔道部に入ろうと思ったかを以下書いてみたいと思います。

高校の授業で柔道を習ったことはすでに書きましたが、その授業が割と楽しかったので、当時高2だった私は何を思ったか仲の良かった友人(柔道部)と「東大に入ったら一緒に柔道部に入ろう」と約束してしまいました。東大なのだからきっと、柔道部と言ったって中は緩いに違いないとか思っていたのでしょう。なぜこんな楽観的な考えを持ってしまったのか、練習のハードさに気づいたときにはすでに手遅れで、後悔先に立たずとはよく言ったものだと思います(笑)。因みに一緒に柔道部に入ろうと約束していた友人は東大に落ちてしまったので別の大学に行ってしまいました。更にいうと彼はパズル同好会なるサークルに入っているそうです。もはや柔道どころかスポーツですらありません(笑)。だから本当は約束なんて守る必要はなかったのですが、やはり柔道が楽しかったという記憶はあったのでそのまま入部を決めました。これが僕が柔道部に入ることになったきっかけです。

OBの方のお話を伺うと、昔も白帯から入る人は割といらっしゃったそうで、大変心強いです。練習して上達し一刻も早く7大戦でまともに戦えるようになりたいと思います。ここまで読んでくださってありがとうございました。

1年 藤田大樹

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 自己紹介

メタ情報

Return to page top