自己紹介

こんにちは。1年の山中です。

科類は文科3類です。小学校入学ごろから柔道を始め、現在弐段です。山口県立徳山高校出身です。

 

僕は高校入学時、柔道だけはやらないつもりだったのですが、何の因果か、柔道部を見学に行ってしまい、そのまま入部してしまいました。それから引退するまで、大学では絶対に柔道だけはやらないと心に決めつつ、何とか柔道を続けました。そして、大学入学当初、柔道はやらないつもりだったので、他の部活動やサークルを見て回っていたのですが、何の因果か、柔道部を見学に行ってしまい、そのまま入部してしまいました。僕の意思は2か月ともちませんでした。現在、大学を卒業したら二度と柔道はやらないと心に決めつつ、日々練習しています。ですが、前主将のK先輩曰く、僕は「柔道バカ」らしいです。きっと、また、やめれないんだろうなあとも思っています。

 

ここまでの内容を見ると、僕が柔道を嫌々やっているように思えるかもしれません。しかし、今のところはそうではありません。高校までは通常の国際ルールで試合をしていたので、東大に入り、七帝戦のルールで試合をすることに新鮮さを感じています。また、日々先輩方と乱取りをする中で、自分の知らなかった寝技に触れて、寝技への興味を増幅させています。一方で、練習後には農学部の某先輩の鬼のような絡みをかわしながら、大学の話や成績の話を他の先輩方に聞き、刺激を受けています。そんなこんなで、毎日充実した日々を過ごしています。

 

簡単ですが、これで自己紹介をおしまいにさせていただきたいと思います。これからは、確実に相手を抑え込むことができるように、寝技を鍛えて、1日でも早くチームに貢献できるように日々精進したいと思います。

 

web担の仕事・・・

こんにちは。幹部交代でweb担に就任した舘林です。なぜこの役職に就いたのかというと、同期の中で最もpcの画面の前にいるからだそうです。ですが同期七人中最後に残されたガラケーユーザー二人のうちの片割れでもあります。本当に適任だったんでしょうか・・・?

他の七大に比べて更新速度が異常に遅いのは僕の怠け癖の所業であると自省します。反省します。この夏練以降はちゃんと仕事します。

さて4年生が引退して部員が少なくなった中夏練がはじまりました。なので外部から練習に来てくださるのは本当にありがたいです。今年もフランスからBigot先生がいらっしゃってます。また今週は静岡学園の月岡君がはるばる東大に来てくれました。

夏練の模様はまたおいおい投稿するとして、そろそろ先延ばしに延ばしていた1年生の自己紹介をさせたいと思います。

夏練、始まりました。

こんばんは。遠矢です。農学部に行けばフル単(単位を一つも落とさないこと)なんて楽勝っしょ!と余裕をぶっこきすぎて不可をいただいてしまいました。フル単の可能性を残しているのはあと3学期分だけなので頑張ります。

今日10日から夏練が始まりました。僕ら幹部学年にとっては最後の夏練です。しかし今年も例年同様猛暑です。猛烈です。暑いです。熱中症になりそうです。しかし今年の夏練を乗り越えればきっと得られるものがあるので今まで以上に頑張ります。

そういえばこのオフで帰省したのですが、その際電子レンジと冷蔵庫のコンセントを間違えて冷蔵庫だけ抜いてしまったため、中が悲惨なことになっていました。悲しいです。

最近ブログの更新頻度がひどいので部員一同もっと積極的に情報発信していこうと思います。というわけで次は幹部になってその胸筋に拍車のかかった舘林がブログを書きます。

紀柔館に行ってきました!

こんにちは、チャッピーこと四年の林です。ご無沙汰しております。

引退してからも、時々練習に行ったり柔術の大会に出てみたりと意外に道着に袖を通すことが多くなってます。現役の時と違って気楽に柔道を出来るからでしょうか、柔道がとても楽しいです。(恐いキャプテンshockがいないのも大きな理由でしょう笑)

さて今日は、そんなOBの僕が和歌山で今までとは違った柔道の経験をさせてもらった話を書こうと思います。

7月29日からの8月4日までの一週間、和歌山にある柔道塾「紀柔館」にお邪魔してきました。紀柔館には去年は熊王さん一昨年は境さんが行かれて、僕は三年目ということになります。(リンクはその時のブログ記事)

腹巻宏一先生が館長を務める紀柔館では、柔道塾という名前の通り、柔道の稽古だけでなく勉強なども教え、全人教育を目指されています。

僕にとって、とっても楽しく有意義で忘れられない一週間となりましたsun 以下に活動報告をします。

勉強のクラスは午前の夏期講習会に加え練習の合間や後にもあり、生徒が机を並べて奥さんの牧先生や僕に質問しに来ます。さも真面目な学生のふりをして三年ぶりぐらいに触れる数学を教えたりしました。塾生によって理解度はまちまちでしたが、ちゃんと教えられたかな?成績が少しでも上がるきっかけになれたらいいのですがconfident

柔道のクラスは夕方から始まって幼稚園生から小学生の学年で分けられた稽古が牧先生が主導で二回あり、そのあと、腹巻先生が指揮する中学生以上の稽古がある、というような感じです。

ちっちゃい子たちのクラスでは練習よりも練習前とか休憩時間にじゃれあうのに体力が要りました。六人がかりで抑え込んできたり二人担いで道場を何週もさせられたり…笑 まぁ、とても可愛いいんですけどheart01  子供達からもらう元気と吸い取られる気力は同じくらいかもですね。
こんなやんちゃな子供達も練習中はとても集中していて、牧先生のメリハリのきいた指導は本当にすごいです。録画して部員に見せようかと何べんも思いましたsmile

 

小学生の中・高学年の部を見ていると、熊王さんも書いていましたが、上の子たちが早くに来て下の子たちの練習相手になってあげているのが印象的でした。部活とは違う町道場で上下の繋がりがきちんとあるのはすごいことだと思います。挨拶や礼儀もしっかりしていて柔道教育の良さが出ていました。最初はガードが固かった子達とも一緒に稽古するうちに徐々に仲良くなれて嬉しかったですclover

そして中学生以上の部なんですが、今回はなんと水曜から金曜の三日間は全て僕に任せてもらい、そこで東大柔道部員として寝技の技術などを伝えて来ました。これは緊張や失敗もありましたがとてもやりがいがありました。

もとから寝技はみんな強かったんですが、もう一段上のレベルにとの想いから、こだわるポイントや寝技の原理原則など少しレベルの高い話をさせてもらいました。みんな難しそうに聞いてましたが、最終日の乱取りでは教えた技がとても上手くなっており、この技で試合に勝ちます!とまで言ってくれる子もいて、やったかいが有ったなと感じましたshine

また、この一週間は腹巻先生のお宅にお世話になりました。牧先生の作るおいしいご飯を食べながら楽しく過ごしたことや先生方と柔道や教育についてたくさんのお話をしたことは忘れれない思い出です。本当に居心地が良かったですspa

また、道場では東大生が来たということで恥ずかしくなるほど過分に持ち上げて頂いたり、最終日にはプレゼントまでもらってしまって、こんなに良くして貰っていいのだろうかと思う程もてなしてもらいました。いずれ、恩返しが出来たらと思いますhappy01

 

長い記事になってしまいましたが、まだまだこの紀柔館での経験や思い出は書きつくせません。楽しいことや初めて経験することがいっぱいでした。これからもこの素晴らしい交流が続くよう、ぜひ後輩達には積極的に参加してほしいと思います。

今回大変お世話になった腹巻先生、牧先生、紀子ちゃん、このお話を持ちかけて下さった柘植先輩、そして紀柔館の塾生たちをはじめ和歌山滞在中に関わって下さったたくさんの人たちに心より感謝しています。本当にありがとうございました!またいつか必ずお会いしましょう!!