ご報告と幹部交代の挨拶

4年の金田一です。まだ気持ちの整理がついていない部分もあり、何を言っているかわからない文章になるかもしれませんが、七大戦の報告と幹部交代のあいさつをさせていただきます。

先に今村が書いてくれましたが、6月15、16日に行われました七大戦で東京大学は準決勝で名古屋大学に敗れ3位という結果に終わりました。大阪に応援に駆け付けてくださった皆様、また、現地以外からも応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、優勝という報告ができず本当に申し訳ありません。

 昨年の七大戦で悔しい思いをしてから一年間、今年こそは優勝をと部員一同日々練習に励んできましたが、その目標に届きませんでした。主将として、また一選手として、私の力が足りずこのチームを優勝に導けなかったことを本当に悔しく、また申し訳なく思います。部員も誰ひとりとしてこの結果に納得してはいないでしょうが、みんなには一年間こんな主将についてきてくれたことに対しお礼を言いたいです。

 この一年を振り返ると、本当にいろんな人たちに支えて頂いたと感じます。主将をはじめとし至らぬ幹部学年で、皆様には本当にご迷惑をおかけしたと思います。先生方、部長、監督、諸先輩方、また東大のOBではなくても練習に足を運んでくれた方々、合宿や出稽古先でお世話なった方々と本当に数えきれないほどの人々に支えていただきなんとかこの一年を過ごすことができました。お世話になった方々によい報告ができず、たいへん心苦しく感じますが、この場をお借りしまして部を代表し感謝の気持ちを伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。そして、これからもまた東大柔道部をよろしくお願いします。

 短いですが、これで私の挨拶とさせていただきます。一年間、ありがとうございました。