Home > 部員日記 > 柔道部員の日常

柔道部員の日常

こんにちは。2年の小山です。「新歓に向けてブログを更新しろ。」との命令が下ったのでブログを書きたいと思います。

 

今回は、新入生のみなさんのために、東大柔道部員が普段どのような生活を送っているのかを紹介します。

 

はじめに、柔道部の練習は週6日(新入生は週4日)あります。まあ確かに多いと言えば多いですが、私は高校生の頃から週6日練習していたので、特別多いとは感じませんでした。それに、毎日しっかりと課題を持って練習に取り組めば、「昨日できなかったことを今日は試してみよう。」といった感じで自然と道場に足が向きます。さらに、注目すべきなのは、日曜日がオフであるということです。大学には、土日は両方とも練習で、平日にオフがあるという団体もたくさんあります。しかし、それではせっかくのオフも授業などでゆっくりできません。その点、柔道部は日曜日がオフなので、一日中ゆっくりしたり、逆に丸1日の予定を入れたりすることができます。

 

柔道部の活動以外では、バイトをしている部員もいます。かくゆう私もその一人です。練習が多いので、「所得税払わな。」といっているような人ほどは稼げませんが、生活の足しになる程度には稼げます。また、趣味に費やす時間も結構あり、柔道一色の生活をしているわけではありません。

 

さて、肝心の学業についてですが、練習は基本的に夕方以降ですし、授業と練習がかぶったら授業を優先しても構わないので、「学業を犠牲にして部活に全てを捧げる」必要はありません。また、ありがたいことに試験の時期はちょうどオフシーズンなので、試験前と試験期間中はドーンとオフになります。なので、学業と柔道の両立については心配することはありません。

 

こんな感じで、少しは東大柔道部員の普段の生活がイメージできたでしょうか。大学生というのは、ともすれば目標を見失いがちで、無為に4年間を過ごしてしまう人もたくさんいます。しかし、柔道部に入れば、試合での勝利のために日々自分を磨いていくことで、目標が生まれ、毎日の生活にハリが生まれます。新入生のみなさんは新しい生活に期待と不安でいっぱいでしょうが、柔道部で充実した学生生活を送ってみませんか。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 柔道部員の日常

メタ情報

Return to page top