【自己紹介】一年の竹本です。

真に遅くなり本当に申し訳ありません。
一年の竹本広徳です。出身は神奈川県の聖光学院高等学校で、現在の所属は文科一類です。

兄がやっていたのと、漠然とした強くなりたいとの気持ちがあったことから中学入学と共に柔道を始め、高校3年のはじめ頃に引退するまで続けました。

中高で5年間柔道をやっていたとはいえ、練習は週3回、長期休暇中は殆ど練習なし、かといって自主的に熱心に研究するということもなかったので、立技・寝技ともに非常に未熟な状態で引退を迎えてしまい、部活への後悔の念を持ったまま大学へと進学しました。齢19にして未だに強くなりたいという気持ちが強かったので、当初は運動部を転々としていましたが、そういった後悔から再び柔道をやってみようと決心しました。

中高でぬるま湯に浸かっていた私にとって大学での部活は非常にハードなものではありますが、基礎的な所から先輩方に様々な技術を教わり、日々成長を感じられるのはとても嬉しいです。また今まであまりやっていなかったウェイトトレーニングも本格的に始まり、筋肉を大いに鍛えかつその筋肉を実戦に活かせるのも非常に有り難いことです。

入部が昨年の11月頃と遅かったため、練習には更に全力を注ぎ、体力や技術を身につけ少しでも早く部の戦力に成りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
これで私の自己紹介を終わらせて頂きます。