徽音祭に行ってきました

こんにちは。2年の小山です。

 

今回、柔道部の有志で「駒祭の宣伝と部員の社交能力向上」のためにお茶の水女子大学の「徽音祭」に行ってきました。その様子を紹介したいと思います。

 

まずは、先輩方が2年前に行った「新妻カフェ」に行きました。その様子は以下に詳しく紹介されているのでよろしければ参考にしてください。

http://blog.akamonjudo.com/2010/11/16/235521

 

今年が最後という新妻カフェはパワーアップしていて、「わたし」よりもさらに200円も高い「らぶらぶたいむ」なるコースがあり、「わたし」のサービスに加えて耳元でメッセージを囁いてくれるという特典がありました。もちろん我々は全員「らぶらぶたいむ」で入店し、様々なサービスを楽しみました。

↑奥さん(店員さん)に描いてもらった佐野の似顔絵

 

女性が苦手な遠矢は終始うつむき加減で、こういったお店にはかなり慣れた感じで「ヒロくんって呼んで♥」「(ホットケーキに)ハートマーク書いて♥」などと店員さんに親しげに話し掛ける森君とは対照的でした。

 

全員で「おちゃとも」という企画にも参加しました。これは受付でもらった番号札を首からかけてキャンパス内を回り、同じ番号札をかけた人を見つければ、一緒にゲームをして賞品がもらえるという企画です。佐野や田村さんは同じ番号札をかけた女子学生を発見したにもかかわらず勇気が無くて話し掛けることができなかったのに対し、後藤だけは果敢にも発見した女子学生に話し掛けていました。相手の方は、ガチガチに緊張した後藤にとても好意的に接して下さり、二人でゲームに挑戦して見事賞品をゲットしていました。相手の方には後藤に代わってお礼を申し上げたいと思います。

 

さらに、小学生以下を対象にしたスーパーボールすくいがあり、僕は以前このブログで紹介されている通り(http://blog.akamonjudo.com/2011/08/28/225829)スーパーボールすくいがとても得意な田村さんに挑戦しました。(ちなみに佐野も横で挑戦していましたが、すぐにポイが破れてしまい、ポイの枠でスーパーボールを跳ね上げて取っていたので係の人に注意されていました。)かなり白熱した展開になりましたが、あまりに長い時間やっているので係の人に制限時間を設けられ、ポイが全然破れていないにもかかわらず、途中で強制終了させられてしまいました。ちなみにその時点での結果は、田村さんが57個、僕が44個でした。今度は時間無制限で勝負をつけたいと思います。

 

そんな感じで我々は女子大の学園祭を満喫してしまい、当初掲げた目標はほとんど達成できませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">