Home > 部員日記 > オフ便り4

オフ便り4

三年のチャッピーです!!

二年の投稿に割り込んでブログ更新です。オフ便りということで、あったことをたらたら書いていこうかと。

振り返ると、今年の夏オフはひたすら飲んで柔道してましたね。普段は次の日の練習を気にしてぜんぜんお酒を飲めないので、ここぞというばかりに連日飲んでばっかでした笑。テニスのサークルの人達は飲みと練習を両立してて大変やなと思ってましたが、これが気楽な練習やとほんまに楽しいんやと気づきます。

 

一番大きな出来事として、帰省中に、同期の今村の実家がある広島に遊びに行きました。これはほんとリア充な旅でした。

今村の弟が通ってる緑井柔友会と出稽古先の大野道場では東大生が来る!ってことでたくさんの人に集まってもらい楽しく練習できましたし、安佐中での練習は中学生の爽やかさにびっくりしました。二部練の途中に飲むとか普段なら信じられないことも!平和記念資料館での原爆の勉強や宮島での観光もあり、イベント盛りだくさんの旅でした。びっくりする程僕によくしていただいた今村のお父さんお母さんにはすごく感謝してます。

僕が中学生のときもこんな爽やかやったんかなー。

厳島神社ですよー。鹿さんもいましたよー。

さて、ホームグラウンドである関西では阪大と灘高に練習しに行きました。阪大はめっちゃええ奴ばっかで、灘高では日本一の進学校の空気を味わえたのが思い出になりました。阪大では暑すぎてボコられたので密かにリベンジを画策中です笑。あとなぜか京大の森岡ん家泊まったり( ̄∇ ̄) とにかく、関西(京都大阪)はしっくりくる場所で自分らしくいれる気がします。

阪大フレンドリー過ぎっ!笑

後ろには灘高出身嘉納治五郎先生の像が、、、

まぁ、こんな感じで、リア充かつリア柔なオフでした。

なんでオフにそんなようけ練習してんねん!ってツッコミが入りそうですし、実際ぼくは普段から練習嫌い柔道嫌いを口にしてるのですが、柔道を通して人と関わることの楽しさはやはり格別ですね。同じ競技をやってるとすぐに仲良くなれるし、柔道を楽しくやっている子らをみると本当に微笑ましく嬉しくなります。寝技をしてると、東大生なのにすごい強いなと皆さんから言われて、試合の結果とは違う形で努力が報われた気もします。こういうことも柔道の良さなのでしょう。

 

さあ、明日からオフ明けで夏練が待ってます。暑さに弱い僕にとって、夏はきついのに本当に実力の伸びない嫌な季節でもあります。ですが、つらい練習も、来年の夏にはこのオフの思い出と同じ位いい思い出になるのかもしれません。

現役最後の夏、阿呆ほど頑張りましょうか。

 

 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > オフ便り4

メタ情報

Return to page top