Home > Archives > 2012-07

2012-07

オフ便り2

オフ便り第二弾は、先日めでたく20歳になった2年佐野が書こうと思います。これで僕もお酒が飲めるようになったと思うと感慨深いですwww

さて、だいぶ前のことになってしまったのですが、今日はオフ入りの日のことについて書きたいと思います。新入生の方々のために言っておくと、文武両道をモットーとする我々東大柔道部は試験の一週間前からオフをとります。特に夏のオフは約1カ月もあるので、オフ入りの日は、開放感からみんなうきうきしています。
そんなうきうきした気分の中で、最後の練習の後に、帰省中の舘林を除く2年生全員と1年生の森とで焼き肉を食べに行きました。おなかいっぱい肉を食べられて大満足でした。

そして焼肉の後は、チャラサーも顔負けの「オール」というやつをしました。「オール」とは夜から朝まで徹夜でカラオケをするということです。僕は椿以外の同期とカラオケに行ったことがなかったので「みんなどんな歌うたうのかなぁ」と思って楽しみにしてました。ここで勝手にみんながどんな曲を歌っていたのかを紹介すると、オタクG藤はアニソンを歌い、硬派な男K山は懐メロを歌い、隠れチャラ男H本は甘い声でバラードを歌っているという感じで、みんなそれぞれに個性が表れているなぁと思いました。野生児T矢は上半身裸で寝ていました。あと、森はめっちゃ歌うまいです。やばいです。

みんなでカラオケに行けてとても楽しかったです。今度は先輩方も一緒に行けたらいいなと思います。

オフだより(1)

こんにちは。2年の小山です。

 

柔道部は7月7日の練習をもってオフに入りましたが、オフ中2年生が交代でブログを書くことになりました。以後よろしくお願いします。第一弾はそもそも試験が一つしかなく、その試験も繰り上げでもう終わってしまった小山が書かせていただきます。

 

さて、私はオフ入りして間もないある日、「たまにはええことでもするか。」と、生まれて初めて献血に行きました。いわゆる「はたちの献血」です。渋谷のハチ公口の献血ルームに行ったのですが、とても綺麗なところでした。

 

献血の主な流れは、問診票への記入、血圧・脈拍の測定、医師による問診、事前の血液検査(血液型・血中のヘモグロビン量)、献血、休憩で、全部で45分から1時間程度です。

 

血液型の判定では、抗A血清・抗B血清と僕の血液を混ぜて凝集するかしないかを実際に見せてくれて、「僕は本当にA型やったんや。」と少し感動しました。

 

献血の本番の時には献血用の針の太さに一瞬背筋が凍る思いがしましたが、刺されてみると意外と痛くなくて「なんや、耳の血抜くんと変わらへんやん。」と思いました。ただ、400mlの血を抜くには5~10分かかり、その間看護師さんは世間話をしたりして雰囲気を和ませて下さったのですが、怖がりの私は緊張しっぱなしでした。

 

献血後はしばらく休憩するのですが、献血ルームはコーヒー、ココア、コーラなどの飲み物が飲み放題で、ひとり一個の制限付きですがドーナツやハーゲンダッツのアイスクリームもあり、カロリーメイトまでくれて本当に充実していました。

 

献血後は赤血球が回復するまでだいたい2~3週間かかるとのことですので現役部員はシーズン中はなかなか行きづらいかもしれませんが、みなさんも是非一度献血に行かれてみてはいかがでしょうか。

電話一本で

4年の清水です。

皆さん、昨日の夕飯は何を食べましたか?

僕は寿司でした。

それも回らないやつをです。

それに至る経緯について説明します。

法科大学院の志望理由書を書くため、いろいろと調べていた僕は全柔連が出している「柔道の安全指導」という冊子を見つけましたhttp://www.judo.or.jp/data/docs/print-shidou.pdf

末尾にある執筆者一覧を見てびっくり。柔道部の先輩が載っているではありませんか。

載っていたのは宇野先輩(全柔連広報委員長)と大作先輩(弁護士)でした。

弁護士志望の僕は、お話を伺ってみようとさっそく大作先輩に電話をかけてみました。

「ただいま外出中です。夕方には戻りますので折り返し連絡します」←受付の方

電話したのは午前中でした。お忙しいんですねsweat01僕も弁護士になったらこれくらい仕事がほしいです(笑)

夕方遅くになって事務所から電話がかかってきました。そして 「今度事務所においでよ」との返事をいただいた僕は、昨日事務所にお邪魔して、その後に寿司をごちそうしていただきました。

志望理由書についてアドバイスをいただいたり、弁護士になった後のことについて教えてくださるなど、現役の弁護士の方からお話を聞かせていただくことは、大変勉強になりました。もちろん、寿司もとてもおいしかったです。しかも「またおいでよ」と言ってくださいました。

大作先輩、お忙しい中、本当にありがとうございました。お言葉に甘えて、これからもいろいろとお話を伺わせていただきます。

柔道部OB・OGの方々は、弁護士や官僚、一流企業社員から研究者まで、あらゆる分野で活躍されています。

もちろん、宇野先輩や大作先輩のように、柔道界でも活躍されている方々もいらっしゃいます。

そんな方々に電話一本でお話を伺えるだけでなく、食事までごちそうしていただけるなんて、柔道部に入って本当によかったです。

3年の山崎が「柔道部は全部入り」と言っていましたが、本当にその通りですhttp://blog.akamonjudo.com/2012/03/28/002904

現役時代だけでなく、OBとなったこれからも、柔道部にお世話になっていきたいと思います。

ちなみに、法科大学院関係では、松原部長(教養学部教授)にも推薦状を書いていただきました。ありがとうございます。

柔道部のおかげで、志望理由書、推薦状は万全です。あとは筆記試験を頑張ります。

さて、現役時代はOB・OGだけでなく、実にたくさんの方々にお世話になりました。

この間お礼に行ったときのことを、そのうち真ん中でピースしてるやつが書いてくれると思います。

※写真はだいぶ前のものです。田村が若い(笑)

 

Home > Archives > 2012-07

メタ情報

Return to page top