Home > Archives > 2012-03

2012-03

新入生のみなさんに向けて:そして、みんな柔道のことばっか考えてます。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
新三年の山崎です。
新入生のみなさんにとっては、どの部活に入るかは4年間の大学生活を左右する重要な問題でしょう。
今日はそんな話です。

どんな部活に入るかで、学生生活はおおきくかわってしまいます。
チャラチャラしたサークルに適当に入って適当に過ごすのも人生かとは思いますが、せっかくの学生生活がよくわかんないテニスとよくわかんない飲み会で終わるのはさすがに不本意なのではないでしょうか?
一つ言いたいんですけどいいですか?
せっかく大学に入ったのだから、何か一つのことをとことんつきつめるべきではないでしょうか?
あれもこれもやりたい、と今は新入生のみなさんは思っているかもしれませんが、実際あれもこれもやってる東大生は一人もいません。大学では柔道をやっていました、と胸を張って言える。柔道部ならば、この点に関しては絶対に後悔はさせません。
柔道部に入って、僕たちと共に強くなりませんか?
柔道に興味のない人はそろそろページを閉じる頃かと思いますが、まあサークルに入るにしてもよく選びましょう。

柔道部は4月以降、常時、練習会を開催しています。
見学だけはもちろんのこと、実際に柔道着を来て汗を流してもらうこともできます。
場所は駒場の第一体育館柔道場、日時は毎週、火曜日6時から、木曜日4時半から、金曜日6時から、土曜日2時から、となっています。
経験者はもちろんのこと、未経験者も毎年入部していますので大歓迎です! ぜひ気軽に来てください!
練習会後にはもし時間があれば一緒に食事に行きましょう。一年生の間はもちろん無料です。土曜日の夜には、焼き肉に行きたいですね! 俺は行きたい!

柔道部に入れば、学生生活は保証済みです。柔道、筋トレから勉強、飲み会、合コンまで、柔道部は「全部入り」です。僕の同期の今村にも彼女ができました。てかもっと言えば、今村は正直どうしようもないやつですが、柔道部のおかげで留年をまぬがれました。詳しくは練習会に来て彼に聞いてください。
そう、それだよ。新入生のみなさんがいちばん心配しているのは、柔道と勉強の両立なのではないでしょうか?
結論からいえば、両立できます。柔道部は練習より授業優先です。基本的に練習時間帯は授業時間とずらしてあり、それでも練習に授業が重なった場合は、当然授業に行きましょう。また試験の一週間前からオフを取りますので、集中して勉強できます。どうせ一週間以上前から勉強しはじめる大学生はほとんどいないですし、一週間あれば大抵間にあいます。僕自身、柔道の練習をしつつ、クラスでぼっちだったので柔道部員に試験情報を聞きつつ、柔道部の先輩にいただいた教科書で勉強し、天才の墓場、マジキチ集団、TwitterのTLでテンソルダンス、でおなじみの理学部物理学科に進学できました。リブツ行けてよかったー。
同期の北藤は、練習するために大学に来て、ついでに授業に出て単位をとっていました。柔道のおかげで単位がとれたと申しています。
このように、勉強に関しては心配はいりません。
あと、柔道部部長の松原先生は駒場の教授ですが、授業がめちゃ面白いです。

ええと、なんの話だっけ?
てか柔道の話してなくね?
柔道部は、6月にある七大戦での優勝を目指して、日々稽古に取り組んでいます。
柔道は日本一なら世界一が期待されるほど競技レベルが高いため、マイナースポーツで俺ら強いみたいに言ってる部活のように日本一を目指すレベルには程遠いですが、柔道部は東大の運動会の中でも最も硬派で正統派の部活の一つと自負しています。
柔道にかける情熱が違います。
練習に関してですが、パンフレット等では寝技を何故かプッシュしていますが、実際は立ち技も寝技もよくやります。立ち技をやりたい人は立ち技主体で、寝技をやりたい人は寝技主体で柔道を組み立てています。立って良し寝て良しとはよく言ったもので、その通りです。
でも練習きついんじゃないの?って思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。普通です。慣れます。てか運動会のくせに「練習きつくないよー」とか言って新入生惑わすやつら何なの? 「今日もガチでテニスしてマジつれーわー」とか言ってる人たちよりはさすがに辛い練習をしているとは思いますが、経験者も、未経験者も、確実に強くなります!
そして、みんな柔道のことばっか考えてます。

こんな紹介でいいのかな…?
ぜひ柔道部に入って、一緒に強くなりましょう!
スポーツダメって人でも、マネージャーになってください!
詳しくは、新歓のテントやサークルオリで聞いてください。

七大戦、優勝しようぜ!

練習がなくなりました。

3年の清水です。

3月17日(土)の練習は、体調不良を訴える部員が多数出たため、中止といたします。

急な連絡で申し訳ありません。

なお、3月18日(日)の卒業生送別試合は予定通り行います。

勝浦合宿

初めまして。

1年の遠矢です。

ブログ初投稿になります。

2月20日~23日の4日間、千葉県の勝浦で合宿を行いました。

この合宿は覚悟していた以上にきつかったです。

初日は午後からスタートしてひたすら打ち込みをやった後に柏崎先生のご指導の下宿舎近くの神社でトレーニングをしました。

このトレーニングはかなりきつかったのですが実は女子の選手のメニューだと知った時は衝撃でした。

そしてやはり世界チャンピオンは違うなぁと感じた発想のトレーニングもありました。

2日目は午前中トレーニングをしました。

海中公園というところまで柏崎先生のご子息の先導で走った後、初日とは違う神社でトレーニングしました。

午後は柔道の練習をしました。

3日目は河野監督も合宿にいらっしゃり、午前は初日と同じ神社でトレーニングして少し道場で柔道をした後、午後は柔道の練習をしました。

そしてその後は柏崎先生、河野監督、2日目にお世話になった柏崎先生のご子息、部員の皆でバーベキューをしました。

天気が朝から曇りだったのですが何とか夜まで持ちこたえてくれました。

柏崎家の皆さんからたくさんの差し入れをいたただきました。

ありがとうございました。

そして最終日は朝からあいにくの雨でしたが、そんな天気など関係なく午前中は柏崎先生のご指導の下、トレーニングを行いました。

ランニングも終盤に差し掛かったころ初日と3日目にトレーングした神社の鳥居が目に飛び込んできてそのままトレーニングした時は絶望してしまいました。

その後宿舎に戻って雨でぬれた服を着替えた後そのまま道場にいって柔道をしました。

午後は1時間ほどトレーニングをして合宿終了となりました。

合宿はとてもきつかったですが、部員全員で乗り切ってきついながらも一体感があり、楽しく終わりました。

ランニングの途中、柏崎先生から勝浦に関することを色々と伺うことができました。

柏崎先生は非常に勝浦に精通しておられました。

勝浦は春鰹の漁獲量が1位であることや昔大津波が勝浦を襲った際に残った大木、勝浦では規模の大きいひな祭りが行われているのですがその由来や、ひな壇の配置の歴史(旧来の日本式から西欧の影響を受けた配置への変化)など知ることができました。

また朝市もランニングの途中で連れて行っていただきました。

他にも学んだことは山ほどありますが、長くなってしまうのでこの辺で止めておきます。

この合宿では柏崎先生のご指導を普段以上に長時間仰ぐことができ、また打込みなどの基本練習にまとまった時間を割けるといった点で非常に有意義なものになりました。

この合宿でお世話になった、柏崎先生、柏崎先生のご家族、日本武道館研修センターの方、そして寺田先輩本当にありがとうございました。

Home > Archives > 2012-03

メタ情報

Return to page top