Home > 部員日記 > 9人抜き

9人抜き

3年の清水です。

勝浦合宿を無事乗り切ることができました。

詳しくはまた後ほど書きますが、とりあえず「階段の見方が変わった」とだけ言っておきます。

柏崎先生および柏崎家の皆さん、研修センターの皆さん、大変お世話になりました。

どうもありがとうございました。

さて、合宿翌日の今日はというと、2年田村が大活躍でした。

「田村が現在7人抜き」というので、僕も当たりに行ったところ、あっけなく抑え込まれてしまいました。

8人抜きをなしとげた田村を止めるべく、エースの金田一(柔道で愛知県2位)が田村に挑んでいきました。

さすが金田一、抜群の運動神経を活かして、田村の猛攻を上手くかわしていきます。

しかし、最後は田村に抑え込まれてしまい、そのまま負けてしまいました。

他の人同様に、抑え込まれた金田一はぴくりとも動くことができませんでした。

以前、某後輩が「スーパーボールすくいでの集中力が活かされたらヤバいだろう」と言っていましたが、まさにその通りでした。

部内では現在、田村が暫定王者です。

指相撲に自信のある人は、田村と勝負してみてください。

さて、明日、明後日は東大の入試があります。

答案回収のときに、周りがよくできているように見えて不安に思うことがあるかもしれません。

でも、そんなのあまり気にしないでください。

本当にできてるかわかりませんし、できていたとしても、最終的に自分の点数が合格最低点を超えていれば合格であって、他人の点数なんてあんまり関係ないので気にしないでください。

不安に思ったときは、田村のドヤ顔を思い出してください(写真は夏祭りの会場で、ちびっ子にまじってスーパーボールすくいをやり終えた後の田村です)。

頭のよさそうな人に囲まれて試験を受けるのは、ちびっ子に囲まれてスーパーボールすくいをする(しかもカップ3杯分)のに比べたら大したことないと思います(笑)

終わった試験のことは気にしないで、最後の一教科、一問まで、一点でも多くとれるように、最後まで決して諦めずに頑張ってください。

ただし、それは試験中の話であって、試験前日はしっかりと寝ましょう。

それでは、受験生の皆さんが合格し、東大柔道部にてドヤ顔を浮かべられることを楽しみにしております。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 9人抜き

メタ情報

Return to page top