Home > 部員日記 > 自己紹介

自己紹介

はじめまして1年の小山智之です。

自己紹介をしたいと思います。

出身校は大阪府立三国丘高校で、現在文科一類に所属しています。

柔道は高校から始め、現在初段です。

今回は柔道が僕に与えた影響について書きたいと思います。

中学時代までの僕は運動部や地元のスポーツチームに参加したことがなかったのですが、とにかく体力がなく運動が苦手でした。

それと同時に自分の意見を他人に伝えるのが苦手で、自分の考えを他人に十分に理解してもらえないことが多々ありました。

ところが柔道を始めてから体力が向上したのはもちろんですが、精神面にも変化が現れて自分に自信が出てきたのか自己主張が少しずつできるようになりました。

先生や先輩に対してもそれまでは「は、はい...」ぐらいの返事しかできなかったのが「はあぁい」と元気よく返事ができるようになりました。

そういった変化は今でも続いているようで、夏練前は先輩方がなぜあそこまでリア充のことを引き合いに出すのかよくわからなかったのですが今ではその気持ちがよくわかります。

このようにしてみんな柔道部に教化されていくのかと感心しました。

といった感じで柔道は心身両面において僕に大きな影響を与えています。

柔道がなければ今のこの僕は居なかったでしょう。

たまにもし僕が柔道をしていなかったらと想像することがありますが、多分今ほど充実した(リア柔な?)生活は送れていなかったでしょう。

本当に柔道には感謝です。

話は変わりますが今日の柔道部の活動について報告したいと思います。

今日は寝業研究会に出稽古に行き非常に有意義な稽古ができました。

練習後には黒川先輩にカンパを頂きました。

黒川先輩、ありがとうございます。

部員はファミリーレストランに向かい1週間の練習が終わった開放感の中たくさんご飯を食べました。

こういった楽しみがあるからこそ厳しい練習にも耐えられるのです。

カンパを下さる先輩方には感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。

以上で僕の初投稿を終わりたいと思います。

この後には他の1年のさらに面白い投稿が続くはずなのでそれが楽しみです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 自己紹介

メタ情報

Return to page top